働くママのウェブマガジン

Column サン シー ゴー

3・4・5 歳向けザリガニの撮影、舞台裏レポート

2017.08.30

今月の345のテーマは「ザリガニのつかまえ方」。

D7A8312_r

晴天に恵まれ、素敵なちびっこモデルさんたちのおかげでとてもいいページができたと思っておりますが、このページができるまでには、ハラハラドキドキがありました。今回はそんな裏話をちょこっとしたいと思います。

書くこと以外が大半、のライターのお仕事

ライターの仕事=原稿を書くことと思っている方も多いと思いますが、実はそれだけではありません。

書く前に、企画を考えるところから始まります。企画が決まったら、具体的には何を載せるか、そのためにどこに、あるいは誰に取材するかを考えます。取材先が決まったら、アポイントを取り、アポイントが取れたら取材をして、ようやく原稿を書く作業に入るのです。

実は、書く以前の作業=企画からアポイントを取るまでに最も時間がかかります。ライターといいつつ、書く作業は全体の20%くらいだったりして!?

しかも、アポイントを取るのがなかなか難しい。適任者が見つからなかったり、見つかってもスケジュールが合わなくて断られたり。締め切りだけがじりじりと迫っていき、不安と焦りで、私の小さな脳みそはプチパニック。このときの心労に比べたら、原稿を書く作業なんて楽勝。楽しいくらいです(そもそも書くのが好きでライターをしていますしね……)。

で、今回のザリガニ企画がまさに、不安と焦りのパニックを乗り越えてできた記事なのです。

不安いっぱいのままの見きり発進だったけど

本当はこの月の企画、別のテーマで進めていたのです。ところが取材先が決まらない。いろいろ調べても、そのテーマに取り組んでいる団体なり人物に到達できない。加えて、4日後にはフィリピン出張を控えていて、渡航前にどうしてもあらかた記事を仕上げていかないと、締め切りに間に合わない!!

これはテーマ自体を変えるしかない。

季節は夏。345歳の子が興味を持つネタって何かないかな? そういえば去年の今頃って、虫取りをテーマにやったっけ。生き物系、前に夏祭りでゲットした金魚の飼い方もやったよな~、夏祭りといえばゼニガメもあり? あ、そうだザリガニ釣りにしよう!!! 

さっそく編集長に相談。

「いいんじゃない? でも撮影はどうするの?」

あ、そうですよね、ザリガニの捕まえ方、とかいって、イラストで説明してもしょうがないですよね、やっぱり実際に子どもたちに体験してもらわないとね……。

でも、どこで? 今からモデルさん、カメラマンさんを探せるの? あ~、困った……! と、そこで思いついたのが、いつもお世話になっている元気な女子カメラマンの夏子ちゃん。

田舎暮らしをしている夏子ちゃんの近所なら、ザリガニが捕れる川があるはず! 近所の子どもたちが家によく遊びに来ると言っていたから、多分モデルさんもその中から見つかるはず! しかも写真は、彼女が撮ればいいわけだし。いろいろな心配事が、ワンストップで解決ではないですか!!

フィリピンへ発つのは日曜日だから土曜日には取材をしたい。夏子ちゃんのスケジュールは? 台風は大丈夫? 子どもたちは協力してくれる? そして、ザリガニはちゃんと採れるの!?

不安いっぱいのままの見きり発進だったのですが、奇跡は起こりました。

ザリガニ取材の当日は?

その日は台風もそれ、朝から快晴。
夏子ちゃんの近所の子どもたちが3人集まってくれ、ザリガニ捕りたい!というパパも参加してくれて、素敵な写真の数々を撮ることができたのでした。

D7A8300_r
D7A8216_r
D7A8353_r

当日の撮影がすんなりできたのは、夏子ちゃんの周到な準備のおかげ。前日にロケハンをして、撮影スポットを見つけてくれていただけでなく、万一ザリガニが捕れなかったときにそなえて、近所のザリガニ捕り名人のおじさんに、撮影用ザリガニを捕まえてもらっていたのでした(結局これは使わないですみました。子どもたちの夢を壊したくなかったので、よかった!)。

最後に、子どもたちが手に手に捕まえたザリガニを持って記念撮影。これをメインカットにしたかったのですが、途中でせっかく捕まえたザリガニが逃げてしまったり、3人の笑顔のタイミングが合わなかったり。

そうこうするうちに、子どもたちが飽きて、別の遊びを始めてしまったり。そんなこんなで仕上がった写真は本記事でぜひご覧くださいね!

その日のうちになんとか原稿を書いて、翌朝はフィリピン出張へGO。その取材裏話もまた何かの機会に!

※本記事はこちらで読めます!

mm-profile-ishiieiko

石井 栄子(いしい・えいこ)

3児のママとライターを両立してン十年。『Hanakoママ』では3歳〜5歳向けの「3・4・5」を担当。ようやく子どもたちの手が離れ、趣味に飲み会にと羽を伸ばし中。今ハマっているのはオンライン英会話。もう英語で話しかけられても怖くない!のがささやかな自慢!

写真〇戸井田夏子