働くママのウェブマガジン

Column サン シー ゴー

3・4・5 歳向けだらだら食いにSTOP。きちんと食べる子にする3つのポイント

2016.02.29

遊び食べ、だらだら食い、どうやめさせる?

仕事から帰って必死で作ったごはん、子どもがちゃんと食べてくれなかったり、大量に残したりしたら、だれだってイライラするもの。遊び食べやだらだら食いをやめさせるにはどうしたらいいのか、料理研究家の上田淳子先生に聞きました。

まずは食事に集中できる環境づくりから。

345_32_1
まずは食卓を楽しい場所にすることから。なかなか食べない子には、「食べてくれるとうれしいな」「ご飯さんが食べてほしがっているよ」と声をかけてみるなど、叱らない声がけを。

「時計の針がここからここまでは食事の時間、と決め、『いただきます』で、食事モードにスイッチオン。時間になったら『ごちそうさま』で、パチンとスイッチオフ。時間内に食べられなくて、あとでお腹がすいたと言っても毅然とNO。これを家族のルールにしてみて。食事中はテレビもオフに。終わったら見ようね、と言えば時間内に食べようとがんばる子どもも」

好きなTV番組がある日は、終わってから食事開始にしてもOK。毎日何時からときっちり決めない方がママにもラク。

「食事時間が楽しいことも大事なポイント。食卓ではなるべく叱らないで。忙しくてごはん作りに疲れたときは、納豆ごはん+プチトマト、玉子かけごはん+キュウリ味噌、のような超簡単メニューでもOK。1週間で栄養の帳尻が合えばいいのです」。
ママが食事を楽しむことが、何より大切かも!

きちんと食べる子にする3つのポイント

POINT1・食事タイムを決める

345_32_2

「時計の針がここからここまでね」など時間を決めて守らせましょう。何ごとも時間を意識して行動できる習慣づけにもなります。

POINT2・食事モードにスイッチオン!

345_32_3

「いただきます」に始まり「ごちそうさま」で終わりましょう。あとで欲しがっても食べさせないこと。この時間しか食べられないとわからせて。

POINT3・食事が楽しい時間であること!

345_32_4

ママがイライラしていては、食事も楽しくありません。疲れたときの超簡単料理のレパートリーを持っておくと、気持ちにも余裕が。

[ 教えてくれた人 ]上田淳子さん
フランスの三ツ星レストラン「アルページュ」などで修業を積んだ後、自宅で西洋料理とワインの教室を主催。親子で楽しめる料理教室や、子どもの「食」を大切にする活動も。著書『子どもと一緒にお料理しましょ!』(文化出版局)など。
イラスト◯別府麻衣 取材・文◯石井栄子
(Hanakoママ32号より)