子育てママのお悩み解決メディア
パパと一緒に! 遊びながら体幹をしなやかにする、簡単エクササイズ

連載:サン シー ゴー パパと一緒に! 遊びながら体幹をしなやかにする、簡単エクササイズ

楽しく遊びながら、しなやかな体幹で元気なカラダに!

最近注目されている「体幹トレーニング」。なぜ大事なの? 理学療法士の吉田直紀さんに聞きました。

「体幹とは、頭、手足を除いた胴体の部分のこと。体幹は体の中心であり、体のすべての動きは体幹が出発点になっています。体幹がこちこちに固まっていたらスムーズに手足の動きと連携できません。だから体幹を鍛えるというよりは、しなやかにしておくことが大事。スマホやゲームを長時間するなど、体を動かす機会が少ない今の子どもは体幹が固まりがちです」

体幹の基本動作は、のばす、そる、まるめる、ねじるの4つ。

「特別なトレーニングをしなくても、ケンケンパー、なわとび、鬼ごっこなど、外遊びの中にしなやかな体幹を作る要素はすべて入っているのです」

3〜8歳はその後の運動能力を左右するプレゴールデンエイジでもあるので、外遊びで積極的に体を動かしたほうがよさそう。

とはいえ、都心には外遊びできる広い場所がない…。そんな人のために、家の中でもできる、ちょっとした運動遊びも聞いてみました。「ポイントは、親もいっしょに遊ぶこと。親と遊ぶほうが楽しいと思えば子どもはスマホやビデオゲームから離れますよ」

しなやかな体幹がなぜいいの?

345-1

理由1 手足の運動がスムーズにできるようになる
理由2 バランス感覚がよくなる
理由3 あらゆる運動能力のベースができる
理由4 ケガをしにくくなる
理由5 集中力もアップ

パパと挑戦!体幹をしなやかにする簡単エクササイズ

のばす、そる、まるめる、ねじるの動きが自然にできる!

1.ごろごろレース【使う動き:そる ねじる】

345-3

両手をのばして、胴体の動きだけでごろごろ転がろう。

2.くるりんぱ【使う動き:まるめる ねじる】

345-4
(写真右から)しっかり手を持って……、くるっ!

パパの手につかまって鉄棒の逆上がりのように回ってみよう!

3.パパにぶーらぶら【使う動き:のばす ねじる】

345-5
ううう重い~!! パパがんばれ!

パパにぶら下がってゆらゆらしたり体をひねったりしてみよう。

ハイハイレース【使う動き:まるめる】

345-2
パパには負けないぞ!

ハイハイでどっちが速いかパパと競争しよう!

[ チャレンジした親子 ]栗原直道さん 多嬉くん(5歳)
運動大好き親子です! 多嬉くんは下に2 歳、3 歳の妹がいるお兄ちゃん。スポーツマンのパパに似て、野球やサッカーなど運動が大好き。運動会ではかけっこで1位に!
[ 教えてくれた人 ]吉田直紀さん 
小さいうちから正しい体の使い方を知れば病院いらずの人生になると信じ、体の重要性を伝える理学療法士。0 歳と4 歳児のパパ。
 写真〇戸井田夏子 編集・文〇石井栄子
(Hanakoママ65号より)
石井 栄子

石井 栄子ライター

3児のママとライターを両立してン十年。『Hanakoママ』では3歳〜5歳向けの「3・4・5」を担当。ようやく子どもたちの手が離れ、趣味に飲み会にと羽を伸ばし中。今ハマっているのはオンライン英会話。もう英語で話しかけられても怖くない!のがささやかな自慢!Photo by Natsuko Toida

石井 栄子さんの記事一覧 →