子育てママのお悩み解決メディア
2021年、子供への開けましてEメール

連載:ボビーのよかよか子育て日記 2021年、子供への開けましてEメール

Happy New Year! あけましておめでとうございます! 新しい新年をどう迎えましたか?

我が家では毎年奥さんの実家に帰り、じいちゃんばあちゃんと親戚の皆と過ごすのですが、今年はコロナの影響で里帰りせんどこうとなった。
年越し蕎麦やおせち料理、お雑煮など、日本の年末年始のいろんな習慣全てが実家任せだった。
やっけん、今年初めて、我が家の新年を迎えるにはどうしようかな? と考えた。

「和食の好き嫌いがほとんど無く、何でも食べる!」とよく言う自分ですが、正直、おせち料理にあまり興味がない。全然テンションが上がらんのよ。なので、今年は自分なりに和洋折衷でおせち料理作ってみようかなと想像してみたり、大晦日は家族一緒に映画を見る習慣を始めようとか、何が楽しいのかなと色々考えました。

『アメリカのお正月の伝統的な事をしたら?』と思われるかもしれないけど、
アメリカのNew Yearと言えば、実は大した習慣があまりなかばい。12月31日のニューイヤーズイブにカウントダウンパーティーをし、みんなでシャンパンを飲んで、カウントダウン番組を見たりして、元日は大体二日酔いで静かに過ごすのが一般的。里帰りをしたり、親戚が集まる風習はないです。

なので、今年のお正月はちょっといいお肉と蟹を買って、家族だけのホームパーティーを開いてみた。
(家族だけのホームパーティーって、普通の食事とそんなに変わらないけど 笑)
家族で過ごすいい時間だったけど…、去年の色んなイベントや行事と同じく、いつもと違ってなんだか寂しい感じがします。

本当に2021年はコロナが終息するといいなと思っています。とにかく、できるだけ普通の一年を過ごせるよう、祈っております。

さて、今回のメインのトピックスなんですが、今年からパパである私に新習慣ができました!

それが、将来の子供たちにEメールを送る事!

実は、奥さんのアイディアで子供が生まれてすぐ、子供用のメールアカウントを作った。そこに子供への感情、メッセージ、子供の面白いエピソードや、その時期の写真を送るようにしていました。その頃の好きな色、好きな食べ物、お気に入りのぬいぐるみや番組を記録したりして、子供が成人になったら、全部見せたら、その頃を振り返って見るのは嬉しいのかなと思った。

楽しい内容のメールがほとんどですが、自分の書いたメールを読み直すと、メッセージ性のあるものもちょこちょこ書いている。 
例えば、自分が若い頃はなんとなく『大人になったら、大丈夫』とか、『大人の方が楽だ』という感覚だったな。とてもありがたいことに、自分の親が安定した環境と生活を作ってくれて、それで自分はその安定感が当たり前に思ってしまってた。親は安定させるためにどんだけ裏で苦労してたのか、全く知らなかった。
それがあって、父親、母親にものすごく感謝しています。ただ大人になって「楽だろう」という期待があまりにも外れてて…、大人の大変さも前持ってちょっとでも知っておき、心の準備をしたかったなと思う時もある(笑)。

そういう話はもちろん5歳の娘とはできないけど、一緒に過ごしながら伝えたいことが思いついた時、それをメールに書いている。二十歳になって、親の気持ち、子育ての気持ちなどもいろいろ伝わるといいなと思います。

あと、4年前に私の父親が亡くなった時、娘たちは一度しか会ってなくて、祖父の記憶は絶対に残らないだろうと思い、どんなおじいさんだったのか、知って欲しいことなどを書き、一緒に写っている写真もメールに添付して送りました。そういった形で私の父の思い出と記憶を残せたことは自分自身にとって、とてもよかったです。

ま、この「将来の娘にメールを」という習慣は元々あったんですが、最近気づいたのが、娘が大きくなればなるほど、書かなくなった事! なぜかというと、多分直接伝えることが多くなったからじゃないかな?
振り返ってみれば、1歳、2歳の歳、何回もメールしているのに、4、5歳になると年に2、3回ぐらいになってしまっている! 将来の娘との連絡不足に気付き、今年からは必ずお正月に書こうと決めた。

今年の二人の成長ぶり:自転車と縄跳びができるようになって、マラソン大会で上位だったとか。一緒に書いた絵本の写真も入れよう!
最近、みんなでめっちゃ笑った事は、あみに『あみのおもちゃ、お父さんが片付けてるよ!』と怒り気味に言ったら、あみが『パパ、お利口さんだね』ととても優しい声で褒めてくれた(笑)。
家族で蟹を食べている写真とか、あと、コロナで子供にもたくさん我慢してもらって、たくさん乗り越えてもらって、家族としてよー頑張ってきたな。一緒におれることに感謝を伝えたい。

やっぱり、子供が大きくなるとコミュニケーションの取り方が色々増えると思うけど、この習慣を大事にしていきたいなと思う。

みんなは子供に昨年のことをメールにまとめると、どんなことを書く?

そいぎ、See you next time…

ボビー・ジュード

ボビー・ジュードタレント・料理家

1983年アメリカ生まれ。22歳で来日。日本語や日本文化、和食にハマり、福岡や佐賀を中心にレポーターやラジオDJ、モデル、役者として活動。特技の料理も生かして「ボビー’Sキッチン」のコーナーをサガテレビにて放送中。instagram.com/bobbyjudo

ボビー・ジュードさんの記事一覧 →