子育てママのお悩み解決メディア
フラワーバレンタイン、フラワーエビデー

連載:ボビーのよかよか子育て日記 フラワーバレンタイン、フラワーエビデー

皆さん、今年のバレンタイン、どうやった?

我が家では毎年アメリカ式のバレンタインを実施しています。アメリカ式のバレンタインって、ご存知ですか? 日本のバレンタインとは色々違う。

アメリカのバレンタインはまず、女性から男性へという決まりがなく、
性別問わず、愛する人にプレゼントを渡したり、好きな人に告白したり、
そしてカップルがプレゼントを交換する形で行われる。

日本のように男性がお返しするホワイトデーがないけど、アメリカのバレンタインを祝うカップルの場合は、どちらかというと男性にかかる期待の方が大きい。
(以上、あくまでもボビー個人の意見) 

バレンタインデーの人気プレゼントと言えば、
やはりチョコレート、そしてお花、ジュエリーなど。

あと、日本人のイメージする ロマンチックなクリスマスデートですが、アメリカ人はそれ、バレンタインデーにやるばい。

人に渡すチョコレートは手作りよりも、市販のものがずっと多いと思うし、日本で流行っている義理チョコ、友チョコ、自分チョコなどの色んなカテゴリーがない。ま、アメリカ人はバレンタイン関係なく、普段からチョコの消費が多いから、特別なネーミングがなくてもいいやん。(笑)

我が家のバレンタインの過ごし方ですが、気付いたら自分のアメリカに居た子供の頃と同じ。自分の父と母はプレゼントを交換したり、たまに二人だけのデートに出かけてたりして、そして親から子供へのプレゼントも必ずあった。

なので、今年も娘二人にバレンタインのチョコレートとカードを用意して、お花も買おうと思ったところ、たまたま仕事で日本の花業界が今年から力を入れ始めた『フラワーバレンタイン』という取り組みの取材に行ってきた。ちょうどタイミングよく、子供たちにプレゼントする分、自分でアレンジして素敵なブーケをゲットしました!

それも良かったけど、取材ができて、アメリカではずっと定番であるバレンタインの花束を日本でも送ろうという新しい習慣、是非とも定着してほしいなと思った。

っていうか、バレンタインに限らず、アメリカやヨロッパで普段からお花をプレゼントする文化が強く根付いているなと改めて思った。日本にいる外国人として、やはり日本の伝統的な生花のが印象的で、みんな、普段から花を飾っているんじゃないかなと思ったけど、やっている人はやっているだろうけど、花をよく買って帰る人、そんなに多くないのかも…。

奥さんが非常に花好きというのと、自分は花束を理由なくても買うことに抵抗がないから、昔から家に花がよく飾っている。子供たちも華やかな食卓やリビングが好きで、お花を見ると、飾りたくなる。

今となって、お母さんの誕生日やバレンタイン、子供が自ら「お母さんの花買いに行こう!」というようになった。一緒にお花を選んだり、一緒に生けたり、そしてお母さんがアレンジし直したりするのが家族全員の楽しみになった。一番いいのは、花を飾ると家がなお明るくなる。

今年のバレンタインはもう過ぎてしまったけど、家にお花をプレゼントする習慣が今までなかったら、これをきっかけに新しい習慣を取り入れて見るのはどう?

そいぎ、See you next time…

ボビー・ジュード

ボビー・ジュードタレント・料理家

1983年アメリカ生まれ。22歳で来日。日本語や日本文化、和食にハマり、福岡や佐賀を中心にレポーターやラジオDJ、モデル、役者として活動。特技の料理も生かして「ボビー’Sキッチン」のコーナーをサガテレビにて放送中。instagram.com/bobbyjudo

ボビー・ジュードさんの記事一覧 →