子育てママのお悩み解決メディア
ザ・ゴールデン・ルール

連載:ボビーのよかよか子育て日記 ザ・ゴールデン・ルール

皆さん、こんにちは! 最近どうですか?

気付いたら、コロナ禍が一年以上続いていますが、精神的に疲れていませんか? こっちは大分、疲れがたまっていますよ〜(笑)。

特に第3波、そして第4波になりそうで、幼稚園も休園になったり、仕事もリモートになったりするから、娘も奥さんも自分もみんな一緒に家に居る時間が長い。

普段だったら、みんな外でそれぞれ過ごし、夕方になると家に集まって「今日一日どうだった?」のようなトークができる。外で思い切り遊んだり、働いたりして、その疲れを家やファミリータイムで癒したりすることができる。

けど常に一緒におると、矛盾ではありますが「家族に会いたいな」という感情が恋しくなりませんか? 英語のことわざで Absence makes the heart grow fonderというのがとても有名ですが、その意味は「会えない時間が愛情を育てる」。

一緒に居ることが当たり前になってしまうと、その一緒に居られることのありがたさ、大切さが忘れがちになる。
一緒に居れなくなった時、それに気づくということだよね。

家族の存在が当たり前になってしまうと、相手の行動で普段気にならない事が気になったりして、イライラしやすくなるし、離れたくなる時ありますよね。
娘たちもお互いの事に疲れて、二人で遊ぶ時の姉妹喧嘩の回数も多くなったし、仲良く過ごしている時間が短くなったような気がするばい。

親もイラっとする場面も多くなった・・・。なので、最近ものすごく意識して、実施しようとしているのが『ザ・ゴールデン・ルール』。
The Golden Ruleって、英語で言われて分からなくても、皆さんはおそらく聞いたことある教えだと思います。
多くの宗教、多くの哲学の基本となる存在で、このルールさえみんなが守れるなら世界が平和になるんじゃないか? と思うぐらい素晴らしいもの。

“Do unto others as you would have them do unto you.”
“Treat others the way you want them to treat you.”

要するに『他人から自分にしてもらいたいと思うような行為を人に対してせよ。』

これ、子供に説明しても、なかなか理解しづらい言い方だと思うので、このまま言うんじゃなくて、実際に最近トラブっているポイントで実施しようとしています。娘のぶつかり合い時に、問題を解決するためにはコミュニケーション力を高めて、話し方、言い方に気を付けようとする。

相手に叫んでしまったら、相手も叫び出すよ。

相手に優しく接したら、相手も優しい気持ちになるよ。

人を叩いたら、その人もやり返したくなる。

そして我が家で一番力入れようとしているのが〝Sharing”。

最近、自分の物を相手に貸すことや、一つの物を順番に使うのがちょっと苦手になってしまい、わがままになっているけど、そこもできるだけ、ゴールデン・ルール。

自分が何か欲しい時に、人の物を仲良く使いまわせなければ、今度は相手も貸す気にはならない。

アメリカでも日本でも、たまに言うよね。
『噛み付く子に噛みつかれる痛みを感じさせればいい』
昔から、こう思ってる人はいると思うけど、これはやり方としては あまりよくないとされていますよね。
アメリカも日本も前の世代では、叩いたり、体罰を使ったりする文化があったから、その文化の名残りが今の世代の人の考え方にも残ったりするでしょう。
あと、人間の本能的なところで、叩かれたら、叩き返したくなる気持ちが湧く人もいる。

ただ、これがゴール・デンルールではない。

子供をぜったいに痛めたくないし、傷つけたくない。
だから、自分が思うゴールデンルールの良さは「されたら、する」というようなメッセージではなく、「されたくない事をしない」ことがポイント。特に子供が大きくなると共に、怒りたくなる事が増えるような気がする。

怒った時に、きつい言葉を使ったり、イライラをぶつけたりすると、子供もそういう事をするようになるだろう。
なので、お父さんも常にゴールデン・ルールで、子供が悪い事をした時、自分が悪い時にどういう風に怒られたいのかを考えて、効果的でコミュニケーションがちゃんと成り立つように しようとしています。

ゴールデン・ルールを実施するのは、とてもとても大変やけど、こんだけ全世界で時代や場所に関係なく残っている言葉なので、きっといい教えなんだなと思います。

みんなはどう思う?

そいぎ、See you next time…


ボビー・ジュード

ボビー・ジュードタレント・料理家

1983年アメリカ生まれ。22歳で来日。日本語や日本文化、和食にハマり、福岡や佐賀を中心にレポーターやラジオDJ、モデル、役者として活動。特技の料理も生かして「ボビー’Sキッチン」のコーナーをサガテレビにて放送中。instagram.com/bobbyjudo

ボビー・ジュードさんの記事一覧 →