働くママのウェブマガジン

Column コミックエッセイ

旅先で買って、いちばん良かったものを発表! バルセロナの旅・その3【カツヤマケイコの絵日記】

2017.10.18

この連載は……
人気イラストレーターで3人のママのカツヤマケイコさんが、毎回子連れのおでかけをレポートします!

第24回 バルセロナの旅・3

odekake24-tittle

ずいぶんと間があいてしまいました…。

言い訳ではないんですが、先月中旬から長女の京香(7)が『蜂窩織炎』で入院。10日足らずで退院できたのですが、その10日後にまた同じ症状で再入院するという…

1ヶ月ほど落ち着かない状態で、お仕事の各方面には本当にご迷惑をおかけしました。

今は退院もしてすっかり元気でございます。

さてさて、息子と二人のバルセロナ旅行記第三弾ですが、7月末の話、かなり記憶が曖昧に…(オイ)。

旅行の写真を見ながら記憶を絞り出したいと思います。

odekake24-01

3日目も前日に引き続きガウディ作品を見学。

まずは『カサ・ミラ』へ。

reodekake24-02

※外観撮ってないので中に展示されてた模型をば…

『カサ・ミラ』は集合住宅だけど建設当時、あまりに奇抜なデザインと高い家賃(当時の一般的な月給の10倍)から入居者がなかなか見つからず、「3世代に渡って値上げしない」という契約条件があるため、今でも家賃は15万円だそうな…。

世界遺産のガウディの建築に月15万で暮らせるなんて、めっちゃくちゃ羨ましくないですか!!

現在は4世帯が住んでいるそうです…。いいなぁ…。

そして次は歩いて行ける距離にある『カサ・バトリョ』へ。
 

reodekake24-03

ガウディ建築、私たち大人は「かっこいい!」「素敵!」なんつって、乏しいボキャブラリーを並べて興奮気味ですが、子ども達は果たして楽しいのか?2軒も連続でまわって大丈夫なのか?とお思いでしょう…。

しかし子ども達は人生初のイヤホンガイドが相当気に入ったらしく、あちこち歩いては説明に聞き入っている、(どこまで理解してるかは謎だけど)

odekake24-04

しかしさすがに疲れたらしく、会長たちと解散した後、息子はホテルで眠ってしまいました。

夕飯に叩き起こしたが眠気が勝ってほぼ食べてくれず…。せっかく美味しいレストラン見つけたのに!

翌日は『サンタ・エウラリア大聖堂』の見学から始まり旧市街地を散策の予定。

reodekake24-05

待ち合わせ場所に会長の息子、ぽうちゃん(5)がキックボードに乗ってやってきた。

当然、柊太も乗りたがりますわな。

この日も結構歩く予定だったので、それではと息子に買ってやることにした。

調べるとちょうど近くに大型スポーツ店があったのでさっそく買いに行く。

odekake24-06

子ども用が半額くらいだったので激しくオススメしたが、「大きい方がいい!」と言って譲らず…。

仕方なく大人用を買ってやったが、これが大正解であった。

odekake24-07
reodekake24-08

子連れの移動は時間がかかるがこれだとスイスイ。むしろ大人が追いつけず…。

旧市街地ではお店をまわり、その後海岸まで出て、ハーバーにあるレストランで昼食(ちなみにここでスペインへ来て初めてパエリヤを食べる)

海岸を散歩し、その後また買い物をする予定だったが…

odekake24-09

高いところへは登らずにはおられないし、海があれば入らずにはおられない、それが男子!!!

reodekake24-10
reodekake24-11

買い物は諦めて、ホテルに戻りました。

そうして翌日は最終日。この日も朝からアンティークマーケット巡り。

市内の蚤の市を一カ所行った後、電車を乗り継ぎ、校外の『サンクガット』へ。

これまでない規模のアンティークマーケットが常設であり、週末に盛り上がるとのこと。

しかしこの日は土曜日であったが半分ほど閉まっていた。

odekake24-12

それでもちょこちょこと買い物をし夕方、再び市内へ。

odekake24-13

最後の観光は『カタルーニャ音楽堂』。

ここは世界遺産でありながら、コンサートホールとして現役で使われているのだ。

reodekake24-14

ミニコンサートがセットになったツアーで内部をひとまわり。

彫刻も、タイルモザイクの装飾もとにかくすばらしいのだが、ガウディと同じ時代を生きたばかりに、日本ではあまり知られていない建築家「リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー」。

「名前だけでも覚えて帰ってください!」と言われても、そこが難易度高過ぎる…。

reodekake24-15

内部も余すところなく美しいよ。

そんなこんなで後半かなり駆け足でしたが、旅も無事終了。

何度も言いますが最初で最後かもしれない息子との二人旅。

息子の頼もしい面も見られて、本当にいい思い出になりました。

ちなみに息子が一番心に残った旅の思い出はというと…

odekake24-16

世界遺産よりも小売店のお兄ちゃんとのやりとりという…。

まぁ旅の思いでなんて、そんなものなのかもしれませんね。

また機会があれば二人で旅行に行きたいなぁ…。

odekake24-17

カツヤマケイコ

阪急百貨店に5年勤務ののち、フリーのイラストレーターに。主に女性誌や実用書などで活躍。現在8歳(男)5歳(女)1歳(女)の3人の母親。飲み会が大好きだが、子どもが生まれてからは子どもをアテに家呑みの毎日…。主な著書に『ごんたイズムシリーズ『女2人の東京ワイルド酒場ツアー★』『まるごとわかる保育園』などがある。

こちらのお出かけも読んで!
蚤の市にガウディ建築。息子とふたり、バルセロナの旅・その2
息子と2人、スペインのバルセロナへ。5泊6日の旅・その1
劇団四季の『アラジン』に行ってきました!
息子が命名、『看板文字集めバトル』に大人も夢中!
スカイツリーと銭湯の旅
キッザニアデビューしました!
遊びを作って大興奮!のプレーパーク
子連れでベトナム旅行・前編
子連れでベトナム旅行・後編
たまには「お母ちゃん」を独り占めさせてやりたくて

「カツヤマケイコの絵日記」一覧はこちらから