働くママのウェブマガジン

Column コミックエッセイ

3歳の娘に「みちゃダメ!!」と言われたその先には……【カツヤマケイコの絵日記】

2018.01.09

この連載は……
人気イラストレーターで3人のママのカツヤマケイコさんが、毎回子連れのおでかけをレポートします!

第26回 年末年始は関西に帰省

title

新年あけましておめでとうございます。
2015年に始まったこのおでかけコラムも3年目突入です。

今年はなるべく間を空けず更新したいと思いますので、皆様、よろしくおねがいいたします。

さて皆さん、年末年始はどう過ごされたでしょうか。

うちはダンナの実家が大阪、私の実家が京都なので、毎年、年末には関西へ移動し実家で年を越します。

今年は息子の塾の冬期講習が29日まであるためダンナと息子は30日に移動、私は娘二人を連れて一足早く27日に移動する予定

……だったのだが!

2日前に次女の駒子(3)が発熱!!!!
インフルエンザなら帰省の予定は白紙になってしまう!!!

祈る思いで病院へ行ったところ、陰性でした。
熱も奇跡的に前日には下がり、無事新幹線で一路関西へ。

12月、帰省するにも旅行へ行くにもウイルスとの戦い、当日までドキドキですよね~。

odekake26-02

しかし安心したのも束の間、実家に着いた翌日には再び発熱。
そのせいで大阪に移動できず、今回はダンナの実家には行けなかったのでした…。

odekake26-03

それにしてもこの歳になると義父は入院、いつもお正月には顔を合わせていた叔母さんも入院、祖母は私がわかる時もあれば、誰かがわからない日もある。

母は耳が遠くなっているし、父は小さな段差で派手に転んでしまうなど、つい数年前までは、あたり前に元気でいてくれた人たちの老いを目の当たりにすることになり、なんともいえず寂しい。

ほんの数年前までは、ただただ楽しいだけの帰省、お正月だったのに。

odekake26-04

おそらく両親に会えるのも数えられるほどの回数なんだろうなと考えると、もっと親孝行してやりたいな、と思う。日常に戻るとすぐ忘れちゃうんだけど。

そんな中でも嬉しいことは、昨年2月に弟夫婦のところに生まれた姪っ子ちゃんのことでしょうか…。

自分と血のつながりがある、でも自分が生んだのではない小さな命は、私にとっては初めての存在で、可愛いのはもちろんだけど、なんか不思議な感じ…。

世の叔母というのは皆こんな気持ちになるのかな。

odekake26-08

なかなか日が合わず、実家での再会はできなかったけど
帰りの新幹線に合わせて弟のお嫁さんが姪っ子と共に駅まで来てくれた。

さぁ、そこで駒子ですよ…。
数日前から「○○ちゃん(姪っ子の名)くる?」と質問してきては、「来ちゃダメ!!!」「抱っこしちゃダメ!!!」と牽制。

odekake26-05

保育園の駒子と同じクラスのお友達は、下の子が生まれてどんどん「お兄さん」「お姉さん」になるなか
駒子は「永遠の末っ子」ポジションを信じて疑っておらず、自分より歳下の存在はすべからく嫉妬の対象なのだ。

それを「自分を愛してやまないはずの母(つまり私)」が抱っこするなんて、とても受け入れられないご様子。

odekake26-06

姪っ子ちゃんが来る直前の駒子。(待ち合わせのカフェにて)

odekake26-07

完全にふてくされている。

お嫁さんもこの駒子を見たくて、来てくれているところもあり、出迎える態度としては、これはこれでアリなんだけどね。

もちろんその後、抱っこするのも阻止!

odekake26-09
odekake26-10
odekake26-11

「赤子大好き妖怪」の私、充分に愛でることもできず、不完全燃焼であったが、あまりに駒子が騒ぐので諦めましたよ…。

もう少し大きくなったら、従姉妹のお姉ちゃんとして、大人な振る舞いをしてくれるだろうか…。

odekake26-12

なんだかんだで仕事も忘れ、ゆっくり過ごした年末年始。

3日には、これまた冬期講習の始まる息子とダンナが一足先に東京へ戻りました。
(私と娘は翌4日の夜に東京へ)

なんですが!!!!

ダンナが「宅急便で送っておいて」と実家に残していったスーツケースの中に自宅の鍵を入れっぱなしにしていたらしくマンションに入れず…。

翌日の夜に私たちが東京に戻るまで寒空の下、息子と二人過ごすことになるのでした…。(あ、夜はちゃんとビジネスホテルに泊まってますよ!)

息子には、とばっちりもいいところ。

re-odekake26-13

新年からこんなことで、今年一年も思いやられますわ…。

カツヤマケイコ

阪急百貨店に5年勤務ののち、フリーのイラストレーターに。主に女性誌や実用書などで活躍。現在10歳(男)7歳(女)4歳(女)の3人の母親。飲み会が大好きだが、子どもが生まれてからは子どもをアテに家呑みの毎日…。主な著書に『ごんたイズムシリーズ『女2人の東京ワイルド酒場ツアー★』『まるごとわかる保育園』などがある。

こちらのお出かけも読んで!
旅先で買って、いちばん良かったものを発表! バルセロナの旅・その3
蚤の市にガウディ建築。息子とふたり、バルセロナの旅・その2
息子と2人、スペインのバルセロナへ。5泊6日の旅・その1
劇団四季の『アラジン』に行ってきました!
息子が命名、『看板文字集めバトル』に大人も夢中!
スカイツリーと銭湯の旅
キッザニアデビューしました!
遊びを作って大興奮!のプレーパーク
子連れでベトナム旅行・前編
子連れでベトナム旅行・後編
たまには「お母ちゃん」を独り占めさせてやりたくて

「カツヤマケイコの絵日記」一覧はこちらから