働くママのウェブマガジン

Column コミックエッセイ

親も真剣! 楽しくて美味しい、江戸手打ちそば教室【カツヤマケイコの絵日記】

2018.11.12

この連載は……
人気イラストレーターで3人のママのカツヤマケイコさんが、毎回子連れのおでかけをレポートします!

第36回 そば打ち体験

結婚を機に、京都から東京に移り住んではや13年。
いまだに関西弁バリバリですが、舌はすっかり江戸っ子のそれになったのか、東京のお蕎麦が大好き!!!

odekake36-01

こちらに来ていろんなお店のお蕎麦を食べたけど、中でも「一番」と言ってもいいほど美味しかったのが、小岩にある『江戸手打ちそば教室』で食べた自分が打ったお蕎麦であります…。

7年前に某女性誌の体験ルポのお仕事でお邪魔し、その時に本当に感動したのだが、以来、折りに触れ「あの時のお蕎麦…最高だったな…」と思い出していました。

体験時に先生が「子どもも体験できますよ。次はご家族でどうぞ」とおっしゃってくださったが、当時は長男が4歳、長女が1歳だったので、体験させるにはさすがにキビシい。
「数年後に来よう!」と思っていたのが、気づけば7年も経ってしまった。

odekake36-02

子ども達も大きくなって、蕎麦打ちもできそうだし、何よりもあの味を体験させてやりたい!ってことで申し込むことに。

odekake36-03

しかし、取材当時は80歳だった先生。
こんなことを言っては失礼だが
「もしかしたらもう教室は畳まれているのではないか…」と不安を感じつつネットで調べてみると、まだまだ現役でいらっしゃった! 御歳87歳!

というわけで10月の土曜日に家族全員で小岩まで出かける。
住宅地の中の一軒家、駅からはタクシーで移動。

odekake36-04

見覚えのある建物から、少し歳を重ねられた伊藤先生と奥様が出迎えてくれた。

odekake36-05

身支度を整えたら、まずは先生の「蕎麦レクチャー」が始まります。
今回は子どもがいるので飽きてはいけないと簡単バージョンで。

蕎麦の実の話から栄養価、二八蕎麦とは、十割蕎麦とは、更科とは、と子どもにも分かりやすく教えてくださる。

odekake36-06

その後、説明を聞きながら先生の蕎麦打ちを一通り見学。
87歳とは思えない力強さで練られる蕎麦粉は、あれよあれよという間に美しい蕎麦になるのでした。

odekake36-07

そうしていよいよ体験!
ダンナと駒子、柊太と京香、そして私と3チームに別れて作業に入る。

odekake36-08
odekake36-09
odekake36-10

楽しそうなのはいいんだけど…柊太のバンダナの巻き方…何!?

odekake36-11

私も私で、この中では唯一の経験者だし、より美しく、より美味しいお蕎麦を完成させたいという思いから、駒子の相手もそこそこに蕎麦打ちの集中するのであった。(おとなげのない両親でゴメンよ…)

さらっさらの粉だった蕎麦粉が練り込みを経てひとつの塊になり、それを綿棒で丁寧に延ばしていくことで布のようになる。
それを均一の細さで切っていけば完成!

odekake36-12

そうして出来上がるのがたったの6人前!
「手打ち蕎麦」をかかげているお店、ほんまかいな!!
…と疑いたくなるほど手間がかかります。

でもその甲斐あってできたお蕎麦は、先生の見事な茹で方によって芸術品のように仕上がるのでした。

odekake36-13

それぞれ太さの違うお蕎麦をみんなで食べ比べ。極太の柊太の麺もそれなりに美味しい。

odekake36-14

そうして最後に先生が打ったお蕎麦もいただけるのだが
これがほ・ん・と・う・に!!絶品!!!
ちなみに先生は定年後の68歳から自宅を改装してそば打ち教室を始められたそうな。
いくつになってもチャレンジするのを諦めない、そのバイタリティー見習いたい!

お蕎麦を打って食べるという体験、食育というほど大げさなものではないけど普段何気に食べているものがどんなものからできていてどんな風に作られているのか知る、いい機会ではないでしょうか。

…なんて意識は高くなくても、ただただ楽しいしただただ美味しいので、ご家族での体験、おすすめです~!

odekake36-15

カツヤマケイコ

阪急百貨店に5年勤務ののち、フリーのイラストレーターに。主に女性誌や実用書などで活躍。現在10歳(男)7歳(女)4歳(女)の3人の母親。飲み会が大好きだが、子どもが生まれてからは子どもをアテに家呑みの毎日…。主な著書に『ごんたイズムシリーズ『女2人の東京ワイルド酒場ツアー★』『まるごとわかる保育園』などがある。


こちらのお出かけも読んで!
「カワイイモンスターカフェ」も満喫! 長女とヒミツのおでかけ
「いい親」になった気分が味わえる……。多摩六都科学館
怖くて楽しい、穴場のレジャー施設!? 『さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト』
並んだ苦労は報われる!?『MOVE 生きものになれる展』
3歳の娘に「みちゃダメ!!」と言われたその先には……
子連れにぴったり。浅草「花やしき」の休日
旅先で買って、いちばん良かったものを発表! バルセロナの旅・その3
蚤の市にガウディ建築。息子とふたり、バルセロナの旅・その2
息子と2人、スペインのバルセロナへ。5泊6日の旅・その1
劇団四季の『アラジン』に行ってきました!
息子が命名、『看板文字集めバトル』に大人も夢中!
スカイツリーと銭湯の旅
キッザニアデビューしました!
遊びを作って大興奮!のプレーパーク
子連れでベトナム旅行・前編
子連れでベトナム旅行・後編
たまには「お母ちゃん」を独り占めさせてやりたくて

「カツヤマケイコの絵日記」一覧はこちらから