子育てママのお悩み解決メディア
「寒いからお風呂はイヤ!」という子どもに。保育士からのアドバイス

連載:子育ての悩みにプロがアドバイス ママのためのカウンセリングルーム・44 「寒いからお風呂はイヤ!」という子どもに。保育士からのアドバイス

湯気、足湯、オイル。できるところから取り入れて

441

冬になるとお風呂に入りたがらないお子さん、結構いるんです。

ヒーターを設置したりなど、様々な努力をしても、なかなか「入りたい」とはならず、悩んでいるお母さんが多いです。

冬場は、汗をかくこともさほど無いので、入らなくても良い日があってもいいと思うのですが、毎日というわけにもいかないし、お母さんは困ってしまいますね。

実際に、子どもは暑さよりも寒さに弱い子が多いもの。お風呂に入る前の冷えた身体に温かいシャワーや湯船のお湯が急に触れたときに、身体がしびれるように感じることを怖がるお子さんもいます。

私がまずおすすめするのは、お子さんが入る少し前に、シャワーのお湯を出しっぱなしにして浴室を湯気で温めておくことです。

もったいないと感じるのであれば、シャワーを湯船に向かって入れると良いかもしれません。

また、しびれに対して恐怖を抱くのであれば、洗面器にお湯を張って、足湯をさせてから入浴するのも一つの手です。

お風呂をあがったときも体を冷やさないようにすると、さらにお風呂を嫌がらなくなると思います。

入浴後の濡れた身体を冷めにくくするには、ベビーオイルがおすすめ。私も、身体を冷やさないために、入浴後、身体を拭く前にオイルを塗っています。不思議と身体に熱が篭り、冷めにくくなるんですよね。

オイルの場合、クリームを塗るよりも保湿効果が実感できるし、乾燥肌を防ぐこともできます

そして、これも私が実際にしていることなんですが、入浴後にすぐ就寝できるように、布団乾燥機で布団を暖めているところにパジャマを忍ばせています。(ホットカーペットの上に置いておくのも良いかもしれませんね)

お風呂上がりに温かいパジャマ。これは気持ちがいいですよ。

この気持ちよさを体験することも、お風呂嫌いを克服する一つの方法になるかもしれません。

今年の冬は特に冷えるので、寒さが苦手なお子さんにはつらいと思いますが、ぜひアドバイスを参考にして、お風呂の時間を快適に過ごしてくださいね。

kawanishi_keito

河西景翔(かわにし けいと)さん・子育てアドバイザー
小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。
現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。
http://s.ameblo.jp/chloe69/
「ほいくらいふ」でも連載スタート!

浴室を温めたり、オイルを塗ってみたり。ママのできる範囲でぜひ試してみてください。

子育てのこと、夫婦のこと、仕事の両立のこと。悩んだり、迷ったりしたときは、ぜひ「Hanakoママ 働くママのカウンセリングルーム」に声をお寄せください!

こちらも読んで!
2歳相手に本気でイラつき、手をあげたくなることも
下の子に絵本の読み聞かせをすると、お兄ちゃんがジャマして困ります
ママの虫嫌いのせい? 小さな羽虫にもおびえる息子が心配です
トイレを怖がる3歳の息子。保育士からオムツ外しのアドバイス
3歳の娘と遊ぶのが苦痛。家事を言い訳に逃げています
ひらがなは、小学生になるまで書けなくてもいい?
生後間もない赤ちゃんを預けることに罪悪感があります
2歳の息子との食事の時間が、憂鬱でたまりません
急に飛び出す子どもに、保育士は何と言い聞かせてる?
うちの子、発達に問題あり? 「療育」に通うことが不安です
おっぱいをさわる5歳の娘。いつまでも赤ちゃんみたいでイラッとします
もう3歳なんだから……と言われて。涙がとまりませんでした

これまでのお悩み一覧


あなたの悩みに星山麻木さん、河西景翔さんが答えます!
投稿はこちらから
※すべての方の投稿にお答えするものではありません。
※記事として掲載する場合は、編集部から直接ご連絡をさせていただき、さらに詳しくうかがう場合があります。
※お答えいただく先生は編集部が選定します。
※こちらに投稿いただいた内容は、Hanakoママの「お悩み相談室」以外で使用することはありません。

photo by Adobe Stock
宮地 理子

宮地 理子弁護士

中央大学法科大学院修了。2010年11月から3年半、沖縄県の石垣島にある八重山ひまわり基金法律事務所で所長弁護士を務める。現在は東京四谷の弁護士法人アルタイル法律事務所で医療事件、家事事件、子どもをめぐる問題などに取り組んでいる。「弁護士をもっと身近に」解決しにくいトラブルやお悩みは、お近くの法律相談センターへご相談ください。soudan-yoyaku.jp

宮地 理子さんの記事一覧 →