子育てママのお悩み解決メディア
つわりがひどくて出勤できない。そんなママを守る「母健連絡カード」って?【弁護士・宮地先生に聞きました】

連載:子育ての悩みにプロがアドバイス ママのためのカウンセリングルーム・55 つわりがひどくて出勤できない。そんなママを守る「母健連絡カード」って?【弁護士・宮地先生に聞きました】

妊娠中の女性の健康は守られています。母健連絡カードなどを利用してみて

53

妊娠中つわりがつらいときに仕事を休めるような制度がないかというご質問をいただきました。

労働基準法や男女雇用機会均等法には、妊娠中の女性が健康を守りながら働くことができるようにするための制度が定められています。

男女雇用機会均等法には、妊娠中及び出産後の女性労働者が、健康診査等を受け、医師等から指導を受けた場合に、その指導を守ることができるように、事業主は、勤務時間の変更や勤務の軽減等の母性健康管理の措置を講じなければならないことが定められています。

YUKOさんは、まず、妊婦健診を受けるための時間は確保できていますか。事業主である会社は、女性労働者が妊産婦のための保健指導または健康診査を受診するために必要な時間を確保することができるようにしなければいけないことが、男女雇用機会均等法第12条で定められています。

妊婦健診時、主治医にご自身の健康状態をお話しする際、つわりがつらいことを伝えてください。主治医は、つわりの症状のひどさに応じて、休憩の回数を増やすように指導したり、勤務時間を短縮するように指導したりします。

つわりが重症になった妊娠悪阻の場合は、休業したり入院したりするように指導をします。その他、ラッシュアワーの混雑を避けて通勤できるようにする通勤緩和といった措置が必要という指導もあります。

女性労働者が健康診査に基づく指導事項を守ることができるように、勤務時間の変更、勤務の軽減等の必要な措置を講じることは、男女雇用機会均等法第13条第1項で定められた会社の義務です。

YUKOさんのお勤めの会社には、つわりで会社を休める制度はないということですが、会社は、法律上、医師の指導事項を守ることができるように必要な措置を講じなければいけないことを知っておきましょう。

「母性健康管理指導事項連絡カード」(母健連絡カード)をご存じですか。これは、医師の女性労働者への指導の内容を、的確に事業主に伝達するためのカードです。

利用の仕方は、健康診査等を受診したときに、主治医に必要事項を記入してもらい、事業主に提出して、母健連絡カードの記載内容に応じた措置を申し出るというものです。事業主は、母健連絡カードの記載内容に応じ、適切な措置を講じる義務があります。

母健連絡カードの書式は、厚生労働省のホームページ等からダウンロードして取得できます。

母健連絡カードは、妊娠中のみならず、出産後の回復が思わしくない場合も利用できることを知っておくと良いです。お勤めの会社に必要な措置を申請する際、利用してみてくださいね。

厚生労働省/母性健康管理指導事項連絡カードの活用方法について
https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/seido/josei/hourei/20000401-25-1.htm

miyachisensei

宮地理子(みやち りこ)さん・弁護士
中央大学法科大学院修了。2010年11月から3年半、沖縄県の石垣島にある八重山ひまわり基金法律事務所で所長弁護士を務める。現在は東京四谷の弁護士法人アルタイル法律事務所で医療事件、家事事件、子どもをめぐる問題などに取り組んでいる。
「弁護士をもっと身近に」
解決しにくいトラブルやお悩みは、お近くの法律相談センターへご相談ください。
https://www.soudan-yoyaku.jp/

母健連絡カードの利用などで、つわりがつらくても、仕事を続けられる方法がありそうですね。

「Hanakoママ 働くママのカウンセリングルーム」では、みなさまのお悩みを募集しています。宮地さんへの法律の相談はこちらから投稿してください。これまで同様、子育てのこと、夫婦のこと、仕事の両立のお悩みも募集中です!

これまでのお悩み一覧



あなたの悩みに弁護士の宮地理子さんが答えます!
お悩み投稿はこちらから
※すべての方の投稿にお答えするものではありません。
※記事として掲載する場合は、編集部から直接ご連絡をさせていただき、さらに詳しくうかがう場合があります。
※お答えいただく先生は編集部が選定します。
※こちらに投稿いただいた内容は、Hanakoママの「お悩み相談室」以外で使用することはありません。
photo by Adobe Stock
宮地 理子

宮地 理子弁護士

中央大学法科大学院修了。2010年11月から3年半、沖縄県の石垣島にある八重山ひまわり基金法律事務所で所長弁護士を務める。現在は東京四谷の弁護士法人アルタイル法律事務所で医療事件、家事事件、子どもをめぐる問題などに取り組んでいる。「弁護士をもっと身近に」解決しにくいトラブルやお悩みは、お近くの法律相談センターへご相談ください。soudan-yoyaku.jp

宮地 理子さんの記事一覧 →