子育てママのお悩み解決メディア
2歳の娘のイヤイヤがひどく、カッとなって叩いてしまうことがあります……
2018.09.13 by 宮地 理子 宮地 理子

連載:子育ての悩みにプロがアドバイス ママのためのカウンセリングルーム・57 2歳の娘のイヤイヤがひどく、カッとなって叩いてしまうことがあります……

家事の手を抜いたり、誰かを頼ったりして、頑張らないことが大切

crying baby girl at home

お母さんお一人で子育て頑張っているんですね。

2歳児は、イヤイヤ期や反抗期と言われる成長の真っ最中。今までは、お母さん自身がお子さんのことをコントロールができていたのに、急に思い通りにいかなくなる。いかなくなるから物事がうまく進まない……その繰り返しに加えて、お仕事もしているし、手助けもない……とてもつらい状態ですよね。

まずは、お母さんのその状況は本当に大変だということ。そんな自分をどうかいたわってあげてください。

そのうえで言えることは、イヤイヤ期はずっと続くわけではないということ。そんなこと言われても、じゃあいつまで?と思うかもしれませんね。半年以上その状態が続くことはほとんどありません。

それでも、いまが耐えられず、現状を改善したい、ということであれば、「SOS」の信号を出しましょう。

例えば、朝、保育園に到着して、ぐずって動いてくれなくなったとしますね、そんな時は、保育士に任せてしまって良いのです。私の育て方が……と悲観的になる方もいますが、イヤイヤ期は、お母さんの育て方ではなく、成長の過程です。ですから、プロに任せてしまいましょう。保育士も、頼ってもらったほうが良いと思っています。実際に私自身もそうでした。

そして、食事の撒き散らしが気になるということ。仕事から帰ってきて、料理を作って、巻き散らかされて……「何が気に入らないの!!」そんな気持ちですよね。でしたら、そんなに料理も頑張る必要はありません。撒き散らさないで食べられるようなメニュー、たとえば、おにぎりやソーセージ、スティックパンなどを持たせてみるとか、あらかじめ、床を汚されてもいいように新聞紙などを敷いてしまうとか。見た目は悪くても、片付けがラクなほうを選んでいいと思います。

とにかく、イヤイヤ期は頑張らないことです。頑張ることでお互いに疲れてしまい、思い通りにさせたくて、手が出てしまうんだと思います。しかし、手が出ることはお互いにとってマイナスしか生みません。手を上げた後、叩いた部分の痛みは消えますが、心の痛みは消えないはずです。お子さんもそうです。叩かれた痛みは消えても、心には傷となり、その痛みは消化されず蓄積されていきます。

手を上げそうになったら、先ずは大声を出すか、息を3秒でも良いので止めてみてください。

お子さんが、イヤイヤで泣いている時は、お母さんも気持ちが高ぶっている状態だと思います。そんな時は、呼吸を整えましょう。「大きく吸って、大きく吐く」、当たり前のことですが、イライラしているときこそこの当たり前のことができなかったりもします。

私も、新人の時に、2歳を担任していて、同じような壁にぶつかったことがあります。しかし、呼吸を整えるだけで、冷静になり接し方が本当に変わってきます。「子どものためにやっているのに!」と無理して頑張っていた気持ちが、「子どものために?本当に?自分のためにじゃないのか?」そんな風に考え方が変わってくるんですよね。

そして、力いっぱい抵抗している子どもに対して、なんとかしなきゃと焦る気持ちがなくなり「これから大きくなるために一生懸命、抵抗して自分で育とうとしているんだな。」と余裕を持った気持ちに変化してきました。

2歳児は、「自らの力で自立しよう!」そう思う成長期なのです。大人に必要なのは「受け止める」こと。受け止めきれなければ、先程もお話したように、プロにおまかせしても良いですし、家事などは手を抜いても良いんです。お母さんは、なんでも1人で頑張らなければ、と考えてしまいがちですが、「頑張る」ことはやめましょう。

お父さんを巻きこむために、お子さんがイヤイヤと始まった時は、動画を撮影して、お子さんの育ちを共有しても良いかもしれませんね。動画撮影をすると、ファインダー越しにわが子を見ることになるので、ママが少し冷静になれる、という効果もあるようです。

kawanishi_keito

河西景翔(かわにし けいと)さん・子育てアドバイザー
小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。
現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

http://s.ameblo.jp/chloe69/
「ほいくらいふ」でも連載中!

保育園と上手に連携できるとよいですね。つらくなったときは、またこちらのコーナーにもお悩みをお送りください。

子育てのこと、夫婦のこと、仕事の両立のこと。悩んだり、迷ったりしたときは、このページ下から、ぜひ「Hanakoママ 働くママのカウンセリングルーム」に投稿してください!

河西さんの新連載、「教えて、ケイト先生!」が始まりました!
こちらも読んで!
早く寝かせたいのに。どうしても22時を過ぎてしまいます
2歳相手に本気でイラつき、手をあげたくなることも
下の子に絵本の読み聞かせをすると、お兄ちゃんがジャマして困ります
ママの虫嫌いのせい? 小さな羽虫にもおびえる息子が心配です
トイレを怖がる3歳の息子。保育士からオムツ外しのアドバイス
3歳の娘と遊ぶのが苦痛。家事を言い訳に逃げています
ひらがなは、小学生になるまで書けなくてもいい?
生後間もない赤ちゃんを預けることに罪悪感があります
2歳の息子との食事の時間が、憂鬱でたまりません
急に飛び出す子どもに、保育士は何と言い聞かせてる?
うちの子、発達に問題あり? 「療育」に通うことが不安です
おっぱいをさわる5歳の娘。いつまでも赤ちゃんみたいでイラッとします
もう3歳なんだから……と言われて。涙がとまりませんでした

これまでのお悩み一覧


あなたの悩みに星山麻木さん、河西景翔さんが答えます!
お悩み投稿はこちらから
※すべての方の投稿にお答えするものではありません。
※記事として掲載する場合は、編集部から直接ご連絡をさせていただき、さらに詳しくうかがう場合があります。
※お答えいただく先生は編集部が選定します。
※こちらに投稿いただいた内容は、Hanakoママの「お悩み相談室」以外で使用することはありません。

photo by Adobe Stock

宮地 理子

宮地 理子弁護士

中央大学法科大学院修了。2010年11月から3年半、沖縄県の石垣島にある八重山ひまわり基金法律事務所で所長弁護士を務める。現在は東京四谷の弁護士法人アルタイル法律事務所で医療事件、家事事件、子どもをめぐる問題などに取り組んでいる。「弁護士をもっと身近に」解決しにくいトラブルやお悩みは、お近くの法律相談センターへご相談ください。soudan-yoyaku.jp

宮地 理子さんの記事一覧 →