働くママのウェブマガジン

Column 子育ての悩みにプロがアドバイス

ママのためのカウンセリングルーム・67飛び出してきた子どもをよけて自転車で転倒。子どもの親に請求できる?【弁護士・宮地先生に聞きました】

2018.12.05

弁護士の宮地理子さんが、法律をめぐる相談に答えます!

ママのお悩みにプロがお答えする、Hanakoママの「カウンセリングーム」。

家族のことで、職場で、ご近所・ママ友とのことで。子育てしていると思わぬトラブルに直面することがあります。訴訟を起こす、というほどではないけれど、なんだかモヤモヤする、というとき、法律のことを知っておくと、うまく解決するためヒントが見つかるかもしれません。

「弁護士をもっと身近に」をモットーに活動され、子どもをめぐる問題などにも詳しい、宮地弁護士にうかがいます。

今回は、自転車に乗っているときに、飛び出してきた子どもをよけようとして転んでしまったというママのご相談です。


飛び出した子どもをよけて、乗っていた自転車ごと転んでしまいました。

自転車で保育園に迎えに行く途中、子どもが急に飛び出してきて、ぶつかりそうになったので、慌ててハンドルを切り、ガードレールにぶつかって転んでしまいました。

けがは大したことなく、手足に擦り傷と打撲くらいですみましたし、自転車も少しキズがついた程度なので、修理費用などはかかりませんでした。

結局病院にも行かずに済んだので、今回はよかったのですが、これがもし我が子を載せている時で、子どもごと転んで大きなけがになっていたり、自転車修理が必要になっていたとしたら、飛び出した子どもの親に言って請求することってできるのでしょうか。

その子のママはママ友とのおしゃべりに夢中になっていて、子どもをちゃんと見ていなかったのがそもそもの原因だと思ったのですが。

【子ども 男児3歳半 MELL(28歳)】

保育園の送迎や買い物など、日ごろから自転車を使うママは多いので、気になる内容ですね。

弁護士の宮地理子(みやち りこ)さんにうかがいました。