働くママのウェブマガジン

Column 子育ての悩みにプロがアドバイス

ママのためのカウンセリングルーム・69英会話スクールを中途解約。支払った授業料を一部返還してもらう方法が!【弁護士・宮地先生に聞きました】

2019.01.07

弁護士の宮地理子さんが、法律をめぐる相談に答えます!

ママのお悩みにプロがお答えする、Hanakoママの「カウンセリングーム」。

家族のことで、職場で、ご近所・ママ友とのことで。子育てしていると思わぬトラブルに直面することがあります。訴訟を起こす、というほどではないけれど、なんだかモヤモヤする、というとき、法律のことを知っておくと、うまく解決するためヒントが見つかるかもしれません。

「弁護士をもっと身近に」をモットーに活動され、子どもをめぐる問題などにも詳しい、宮地弁護士にうかがいます。

今回は、お子さんが英会話スクールになじめないので、払い込んだお金を返してもらいたい、というママからのご相談です。


英会話スクールになじめない娘。支払った授業料は返してもらえない?

3歳の娘を英会話教室に入れたのですが、ネイティブスピーカーの男性の先生が怖いといって毎回大泣きをして、授業に入れず、スタッフのかたと教室のすみで違う遊びをしています。

小さなスクールなので、ネイティブの先生は全部で二人、もう一人の先生は女性なので、そちらのクラスに変えたいのですが、彼女は小学生クラスの担当だから、無理だということ。

そもそもうちだけのわがままで、先生を変えることはできないと言われてしまいました。

ネイティブの先生がいる、という話をママ友に聞いて、それが魅力で入りましたが、まさかうちの子だけ合わない、なんて思わなくて困っています。

もうやめてしまおうかと思いますが、入会金(1万円)も授業料(半年分前払い 9000円×6か月)も返還はできないということ。これはもう仕方ないことなのでしょうか。

【子ども 女児3歳 キャリー(40歳)】

習い事には、入ってみたら子どもに合わなかったということもありそう。でも、何度か通ってしまったら、授業料の返還を求めるのは難しいのでしょうか。

弁護士の宮地理子(みやち りこ)さんにうかがいました。