働くママのウェブマガジン

Column 子育ての悩みにプロがアドバイス

ママのためのカウンセリングルーム・86夫が一切家事や子育てに協力してくれない!どう対処するのが良い?【弁護士・宮地先生に聞きました】

2019.07.03

夫が家事や子育てに一切協力してくれないとのご相談をいただきました。

初めてのお子さんがまだ小さく,育児のご不安,ご負担はとても大きいですよね。
ご夫婦の間の家事,育児の分担は,お子さんの年齢・人数,就いている仕事の内容,共働きかどうか等によって,ご夫婦ごとに様々なバリエーションがあるものでしょう。

みやママさんは,配偶者の方と一度話し合いの機会をもたれたということですが,その時には,配偶者の方に家事や子育てに協力する意思が全く見られなかったのですね。
話し合いは,2人きりでなさったのでしょうか。当事者のみで話し合いをすると,真剣に向き合って話し合うことをしなかったり,感情的になって冷静に話し合いができなかったりするものです。このような場合は,第三者に立ち会ってもらい,再度話し合ってみるのがよろしいでしょう。
双方のご両親に立ち会ってもらうという方法もありますが,みやママさんのご両親は遠方にお住まいなのですよね。例えば,みやママさん夫婦の共通の友人であるご夫婦に相談し,話し合いの場に立ち会ってもらうのはいかがでしょうか。ご夫婦に立ち会ってもらうのは,夫側の立場,妻側の立場それぞれの視点で話を聞いてもらい,助言をしてもらうためです。仲人をしてくださったご夫婦にお願いするのもよろしいかもしれません。

また,家庭裁判所の夫婦関係調整調停を利用して,円満な夫婦関係を回復する方向で話し合いをするという方法もあります。調停では,第三者である調停委員が夫婦別にそれぞれから話を聞いて,夫婦関係悪化の原因や双方の問題点を整理し,改善点を探しながら助言をしてくれます。要所では裁判官が法律的な視点から助言をして,円満な夫婦関係を回復することを目指します。
調停は,夫婦が同居していても申立することができます。相手方の住所地を管轄する家庭裁判所に調停の申立をして,毎回2~3時間,約1か月に1度のペースで調停期日が行われ,話合いをしていきます。

それでは,このような話し合いがうまくいかず,別居する場の注意点について,お答えします。

1つ目は,お子さんについてです。お子さんについては,お父さん,お母さんが共同で親権を持っています。
みやママさんのように,お子さんが1歳でお母さんが監護してきた場合,別居の際には,みやママさんがお子さんを連れてご自宅を出られるのでしょう。その際,みやママさんが無断でお子さんを連れ去ったといわれることのように,配偶者の方に,みやママさんがお子さんを連れていくこと,行き先を伝え,別居先でも連絡が取れるようにしておく必要があります。
離婚をする場合,未成年のお子さんの親権者をお父さんにするかお母さんにするか,決めなくてはいけません。親権者を決めるにあたり,実際にお子さんを監護しているのがどちらかというのが重要な要素の一つになります。離婚をするときに,自分が親権者になろうと思う場合は,お子さんと離れてはいけないということです。
2つ目は,離婚の財産分与に向けた準備です。離婚をする場合,夫婦が協力して築いた財産を清算・分配する財産分与を行います。財産分与の前提として,夫婦はお互いの財産を開示することになりますが,開示された財産が全てかどうか検証するため,配偶者の持っている財産についての情報を得ておくことが役に立ちます。配偶者が,どこの銀行の口座をもっているのか,株,投資信託等をもっているのか,加入している生命保険,終身保険の内容等の情報を収集しておきましょう。
3つ目は,別居の際の持ち物についてです。別居する時は,一時的なものですぐに帰宅するつもりだったけれど,一旦別居したら,関係性がこじれてしまい,なかなか自宅に戻れなくなってしまったというケースも多いです。
個人の貴重品類,例えば身分証明書(運転免許証,健康保険証等),実印,ご本人の預金通帳と銀行印,年金手帳等,加入している保険の保険証券や,お子さんの健診に必要な母子健康手帳等は,持っていくようにしましょう。

miyachisensei

宮地理子(みやち りこ)さん・弁護士
中央大学法科大学院修了。2010年11月から3年半、沖縄県の石垣島にある八重山ひまわり基金法律事務所で所長弁護士を務める。現在は東京四谷の弁護士法人アルタイル法律事務所で医療事件、家事事件、子どもをめぐる問題などに取り組んでいる。
「弁護士をもっと身近に」
解決しにくいトラブルやお悩みは、お近くの法律相談センターへご相談ください。
https://www.soudan-yoyaku.jp/

当事者同士での話し合いだけでなく第三者を入れてみる、また別居についてもどういった点に気をつけるべきかとても参考になりました。

「Hanakoママ 働くママのカウンセリングルーム」では、みなさまのお悩みを募集しています。宮地さんへの法律の相談はこちらから投稿してください。これまで同様、子育てのこと、夫婦のこと、仕事の両立のお悩みも募集中です!



飛び出してきた子どもをよけて自転車で転倒。子どもの親に請求できる?
家事育児をしてくれない、は離婚の理由になりますか?
パートやアルバイトでも有休はもらえるの?
「我が子の写真をSNSにアップしないで!」とママ友に伝えるには?
マンションの下の階から「音がうるさい」と苦情が。どうしたらいい?
子どもが友だちの家で、電化製品を壊した! 弁償の金額はどう考える?
つわりがひどくて出勤できない。そんなママを守る「母健連絡カード」って?
隣人がベランダで喫煙。関係を悪化させずに、やめてもらうにはどうしたら?
友達の家でケガをして顔に傷跡が。お見舞金を求めるべき?
離婚を考えています。弁護士にお願いする場合の手順や金額が知りたいです
待機児童になって「仕事を辞めてもらうしかない」と職場で言われています

これまでのお悩み一覧



あなたの悩みに弁護士の宮地理子さんが答えます!
お悩み投稿はこちらから
※すべての方の投稿にお答えするものではありません。
※記事として掲載する場合は、編集部から直接ご連絡をさせていただき、さらに詳しくうかがう場合があります。
※お答えいただく先生は編集部が選定します。
※こちらに投稿いただいた内容は、Hanakoママの「お悩み相談室」以外で使用することはありません。
photo by Adobe Stock