働くママのウェブマガジン

Column 子育ての悩みにプロがアドバイス

ママのためのカウンセリングルーム・91七五三の撮影準備での火傷トラブル!慰謝料は請求できる?【弁護士・宮地先生に聞きました】

2019.08.07

撮影スタジオで,娘さんが火傷を負ってしまったことについて,ご相談をいただきました。

娘さんの足の上にコテが落ちてしまったとのこと,痛くて怖い思いをされたことでしょう。

今回,コテを娘さんの足の上に落とすというヘアスタッフの方のミスによって,娘さんが火傷を負ってしまったので,娘さん(親権者であるなくるママさん)が,ヘアスタッフを使っている撮影スタジオに対し,損害賠償を求めることができます。
そして請求する内容として,病院代,薬代などの実費に加えて,病院に通院した時の交通費,そして,娘さんの精神的な苦痛に対する慰謝料などを請求することができます。

慰謝料をいくら請求できるのかということについて,お話をしていきます。
慰謝料の算定については,通院期間が長いほど金額が上がるというのが基本的な考え方です。
幸いなことに,今回,娘さんの負った火傷の程度は比較的軽かったようですね。とはいえ,火傷が治った状態になるまで,1~2週間程度かかったのではないかと思います。娘さんは,火傷を負った日以降も,病院に通院されたでしょうか。
交通事故について,弁護士が損害賠償請求をするときに使用する基準(損害賠償額算定基準「赤い本」)によると,1か月間通院した場合の慰謝料は28万円となります。
これを参考に,たとえば,2週間の通院をしたということであれば14万円,1週間の通院をしたということであれば7万円を目安に,慰謝料請求するのがよろしいでしょう。

なくるママさんは,当日,娘さんが落ち着かない様子だったので,娘さん側の原因もあるのではないかとお考えなのですね。
確かに,娘さんが予期できないような動き,たとえば突然手を振り上げたことで,コテのコードが引っかかってコテが娘さんの足の上に落ちてしまったといった場合は,コテが落ちたことについて,娘さんの側にも相当の責任があるといえます。
このような場合,過失相殺として,娘さん側の過失の割合に応じて損害賠償金の額を減額することになります。
しかし,当日,娘さんは体を横に揺らすなど落ち着かない様子ではあったようですが,ヘアスタッフの方は特段やりづらそうな感じはなかったということです。娘さんが落ち着かない様子であったことが,コテを落とした原因になったとはいえないのではないでしょうか。
特に過失相殺のことは考慮せず,医療費,通院交通費などの実費に加え,通院期間を目安に,慰謝料10万円前後を請求してはいかがでしょうか。

とはいえ,この撮影スタジオに,今後も撮影を依頼するかもしれないのに慰謝料を請求しにくいといった事情もあるかもしれませんし,事故後のお店側の対応によって,請求するかどうかを決めるということもおありでしょう。
実際に請求してみたところ,撮影スタジオ側が慰謝料の支払いに応じず,交渉がうまくいかない場合も想定できます。そのような場合,裁判手続で請求することになるのですが,裁判に要する時間や費用、回収見込みなど,検討しないといけませんね。
ですので、撮影スタジオに請求する場合の具体的な方法や内容については,ぜひ弁護士に相談してみてくださいね。

今回は,幸いにも娘さんにやけどの跡が残らなさそうということで良かったのですが,もし火傷の跡が残ってしまった場合,後遺障害となることがあります。
後遺障害となった場合には,後遺障害についての慰謝料や逸失利益(後遺症により労働能力が低下して,将来得られるはずであったのに得られなくなった利益)についても請求することになります。
足の膝関節より下に,てのひら大の大きさで,火傷が治った後の黒褐色変色や色素脱失による白斑といった醜い跡が残ってしまった場合には,後遺障害として認められます。先程の基準によると,この場合の慰謝料は75万円とされています(後遺障害第14級の5)。

火傷の跡ととともに,娘さんの痛くて怖かった思いが消えてなくなり,別の日の七五三の撮影が楽しい思い出になると良いですね。

miyachisensei

宮地理子(みやち りこ)さん・弁護士
中央大学法科大学院修了。2010年11月から3年半、沖縄県の石垣島にある八重山ひまわり基金法律事務所で所長弁護士を務める。現在は東京四谷の弁護士法人アルタイル法律事務所で医療事件、家事事件、子どもをめぐる問題などに取り組んでいる。
「弁護士をもっと身近に」
解決しにくいトラブルやお悩みは、お近くの法律相談センターへご相談ください。
https://www.soudan-yoyaku.jp/

慰謝料が取れること、またどれくらいもらえるのかの具体的な金額も大変参考になりますね。

「Hanakoママ 働くママのカウンセリングルーム」では、みなさまのお悩みを募集しています。宮地さんへの法律の相談はこちらから投稿してください。これまで同様、子育てのこと、夫婦のこと、仕事の両立のお悩みも募集中です!



飛び出してきた子どもをよけて自転車で転倒。子どもの親に請求できる?
家事育児をしてくれない、は離婚の理由になりますか?
パートやアルバイトでも有休はもらえるの?
「我が子の写真をSNSにアップしないで!」とママ友に伝えるには?
マンションの下の階から「音がうるさい」と苦情が。どうしたらいい?
子どもが友だちの家で、電化製品を壊した! 弁償の金額はどう考える?
つわりがひどくて出勤できない。そんなママを守る「母健連絡カード」って?
隣人がベランダで喫煙。関係を悪化させずに、やめてもらうにはどうしたら?
友達の家でケガをして顔に傷跡が。お見舞金を求めるべき?
離婚を考えています。弁護士にお願いする場合の手順や金額が知りたいです
待機児童になって「仕事を辞めてもらうしかない」と職場で言われています

これまでのお悩み一覧



あなたの悩みに弁護士の宮地理子さんが答えます!
お悩み投稿はこちらから
※すべての方の投稿にお答えするものではありません。
※記事として掲載する場合は、編集部から直接ご連絡をさせていただき、さらに詳しくうかがう場合があります。
※お答えいただく先生は編集部が選定します。
※こちらに投稿いただいた内容は、Hanakoママの「お悩み相談室」以外で使用することはありません。
photo by Adobe Stock