子育てママのお悩み解決メディア
障害児が生まれる予兆はある? 高齢出産は障害児の出生と関係あるかと聞かれ……

連載:発達障害児ママのドタバタ子育て奮闘記 障害児が生まれる予兆はある? 高齢出産は障害児の出生と関係あるかと聞かれ……

次女のアタはASD、いわゆる発達障害児。最初はその事実を受け入れられませんでしたが、そのうち、これって普通の子より個性が強すぎるだけなのかも、という心境に。こう言っては不謹慎ですが、障害児を育てるというのは、案外面白いのです。現在、夫は海外に単身赴任中。大学生の長女と私、そしてアタの3人のドタバタライフを書き綴っていきたいと思います。

第31回 障害児が生まれる予兆はある? 高齢出産は障害児の出生と関係あるかと聞かれ……

妊娠中の友人にメールで聞かれたことがありました。

「アタちゃんが生まれる前、何か変わったことあった? お姉ちゃんの時と違った?」

アタを生んだ時、私は36歳直前。2人目なので厳密には高齢出産とは言えませんが、1人目からだいぶ経っていたので似たようなモノだったかもしれません。

高齢出産だと障害児の出生率が高くなるという説もあり、初産の友人は不安になったのかもしれません。ちょっと複雑な思いでしたが、こんな感じの返信を書いたように思います。

アタが生まれる前のこと。出産時のこと

『〇〇さま 赤ちゃん、順調ですか? もうお腹を蹴ったりする? 私は前置胎盤気味だから安静にと言われ、安定期に入ってもあまり遊びに行けなくて残念でした。今のうちに旦那さんとゆっくり美味しいモノでも食べに行ってね!

アタの妊娠期間。トータルで考えると長女と色々違いはあるかな。まず、アタの時はつわりがほとんどなかった!長女の時は毎日吐いて体重が一気に7kg減。死ぬほど辛かったこと考えると、アタはとても親孝行でした。

お腹の中でグルグル動き「臍の緒が首に巻いてる」と言われたことも。焦ったけど、いつの間にか自分で戻して世話いらず。

安静のため飛行機に乗れず、中国での出産を決意したものの、ご存知の通り中国の出産は帝王切開が主流。誕生日が決められるし、陣痛の痛みも無い。

おまけに入院期間も最短で済むのでお金の節約になる、というわけです。

でも担当の女医さんは「帝王切開は母体への負担も大きいので、できれば自然分娩がいい。帝王切開なら後陣痛がないと思ってる人いるけど、そんなことないからね」という自然分娩推奨派の人でした。

前置胎盤もだんだん治ることが多いから、自然分娩予定でいきましょう! とノリノリ。体重管理も日本が正しいと言って、2倍食べろとは言われなかったよ(笑)。

長女の時は妊娠中期に突然出血して入院したけどアタの時はそれも無し。後期に入って胎盤の位置も治り、とても順調な妊娠期間でした。

なかなか陣痛が始まらず、結局帝王切開に

何の問題もなく予定日を迎えたものの、2日過ぎても陣痛が起きず、入院して陣痛促進剤を点滴。14階建ての病院を地下1階から屋上まで毎日何往復も昇降したけれど効果無し。

前置胎盤気味と言われて安静にし過ぎたか……。

結局10日過ぎても微弱陣痛しか起きず。羊水にも濁りが見られたので、細菌感染の心配から急遽帝王切開になりました。

その間、同室の妊婦さん達はサッサと退院して行き、言われたのが

「あんた入院代損したねえ」 え、心配するのそこ⁈

生まれたアタは、一瞬産声が上がらなかったけれど、足裏をピンピン弾かれたら真っ赤になってすぐに元気な泣き声を聞かせてくれました。

心底ホッとしました。

アタに発達障害があると指摘されたのは1歳半の時だけど、妊娠中に原因があったかは正直分からないです。ただ、知的遅れの原因になったかもと思うところはあります。

出産年齢が若干高かったこと、前置胎盤気味だったこと、臍の緒が首に巻いたこと、予定日が10日も遅れたこと、陣痛促進剤が怪しかったこと、羊水濁ったこと、産声がすぐに上がらなかったこと。疑えば全てが原因とも思えます。

でも避けようとしても避け切れないリスクもある。

遺伝的にアタの発達障害は私のせいかもと思ったこともあるけど、じゃあ先に分かってたら生まなかったかと聞かれると? その時じゃないから、それも何とも言えません。

ただ1つだけ確かなのは今、私はアタが側にいてくれて心から良かったと思ってるってこと。

それだけは何があっても変わらないですよ。    China 』

友人がどう思ったかはわかりませんが、その後無事生まれた赤ちゃんは、特に障害もなく元気に小学生やってるそうです。

色んなケースはありますが、総じて結果オーライ?

アタのいない生活なんて、もはや考えられない我が家ですから。

China

China2児の母。

特別支援学級に通う次女、マイペースな長女と、すったもんだの日々を送っています。 娘ラブの夫は単身赴任中。エッセイを通して、発達障害って案外いいね!と思ってもらえたら嬉しいです。

Chinaさんの記事一覧 →