子育てママのお悩み解決メディア
ASDっ子のアンガーマネジメント

連載:発達障害児ママのドタバタ子育て奮闘記 ASDっ子のアンガーマネジメント

公立中学校に通う次女のアタはASD、いわゆる発達障害児。最初はその事実を受け入れられませんでしたが、そのうち、これって普通の子より個性が強すぎるだけなのかも、という心境に。こう言っては不謹慎ですが、障害児を育てるというのは、案外面白いのです。現在、夫は海外に単身赴任中。大学生の長女と私、そしてアタの3人のドタバタライフを書き綴ります。

第37回 さらば常識! マニュアル通りにはいかないASDっ子のアンガーマネジメント

「上手くできれば寿命も延びて年収2倍に!」

なんて説もあるアンガーマネジメント。 
え〜、怒りを抑えるだけでほんとにそんな効果が? と思いつつ、ちょっと試してみようかなって気にもなりますよね(笑)。

「怒りを上手にコントロールする」

これASDっ子、特に自閉傾向が強いタイプには超難問です。言葉も遅かったアタは、毎日カンシャクを起こして泣き叫んでいる子でした。公園に遊びに行って、「そろそろ帰るよ〜」と何度声がけしても無視。置いてくふりをしても、他の子みたいに慌てて追いかけてくることはありません。

逃げ回るのを捕まえて自転車に乗せようものなら、体をエビ反りにして
「うぎゃぁぁぁぁ!」
ビチビチ暴れるのを必死で抱え、自転車を押して逃げるように立ち去る日々でした。公園中の視線を浴びて、穴があったら入りたい!

「親の躾が悪い」と思われてるんじゃないか。
気になって人前でわざと叱ってみたり、そんな自分を自己嫌悪したり。とにかく公園は他の子との差を意識させられて、いつの間にか足も遠のいてました。

今思えば、雰囲気読むのが苦手なASDっ子に、何でこのくらい分かんないの? と求める方が無理。アタにしてみれば、やることなすことダメダメ言われて腹も立ったはずです。

私の「常識」を押し付けるだけじゃ悪循環。

周りの目を気にし過ぎて、結局アタに無理強いしてました。あの頃のアタには「ごめんね」、自分には「気楽にやろうよ〜」って言ってやりたいです。

ASDっ子の本気。カッコいい中学生になりたい!

そんなアタも中学生。自分のカンシャクが「格好悪い」と気付きました。おお、ついにやる気に!
床に転がって泣くことは無くなったものの、思い通りにいかないと大声出したり、地団駄踏んだり、鉛筆を投げたり。

でも、後で涙ながらに「私が悪い! バカバカ!」って言いながら頭叩いて後悔してるアタ。社会のルールが分かってきたからこそ、それを守れない自分が悔しいんです。

障害児にだって感情があります。聞いて分かってることも多いです。でも、それをうまく表現できません。
学校の個人面談でも言われました。
「勉強面は熱心に取り組んで感心します。ただ生活面では、自分の気持ちを優先させようとしてしまう時があり、注意されるとカンシャクを起こしてます」

自己流アンガーマネジメントのススメ

・深呼吸をゆっくり6秒間。
・「こうあるべき」と思うのをやめる。
・しょうがないと割り切る。

一般的なアンガーマネジメントの方法。深呼吸はともかく、これ、アタにどう説明したものやら?
そこで、まずアタがどんな時にイライラするのか、書き出してみました。

①自分がやってることに口出しされる。制限時間内に終わらず、やめさせられる。
 ↓
②気に入らなくてカッとなる。態度が悪くなる。
 ↓
③態度を注意される。
 ↓
④気持ちを抑えられない自分に余計イライラ。

「私が悪い!」叫びながらトイレ篭り。自分で頭を叩く。爪を割る。壁を蹴る……。
怒りが怒りを呼んで、どんどん抑えられなくなっちゃうわけです。周りに注意されると余計にヒートアップして逆効果。となると、大事なのは「自分でできた」感ですよね。

本人と一緒に、具体的な対策考えてみました。
・始める前に「大丈夫」と自分に言い聞かせる。
・イライラしたらグーパーグーパーしながら深呼吸。「まぁ、いっか!」と言ってみる。
・母はアタが落ち着くまで黙って見守る。上手くいったら、たくさん褒める!

アタの場合、自力で感情コントロールできた時に褒めて褒めて、成功体験を積み重ねるのが成功の鍵かなと思います。

真面目で全てに全力投球、こだわりの強いASDっ子。適当という言葉がありません。

「ま〜なんとかなるよ」
いつかアタに言わせてみたい一言です。

さて、アタ式アンガーマネジメントの効果やいかに?

「結局、ママが黙ってられるかにかかってるんじゃないの?」側で見てた長女がサラッと一言。

実はこれ、母のアンガーマネジメントでもあるのかもしれません……。

China

China2児の母。

特別支援学級に通う次女、マイペースな長女と、すったもんだの日々を送っています。 娘ラブの夫は単身赴任中。エッセイを通して、発達障害って案外いいね!と思ってもらえたら嬉しいです。

Chinaさんの記事一覧 →