子育てママのお悩み解決メディア
献立? 偏食? どうしよう!幼児食、多彩に進化中【気になる!教育ニュース】

連載:気になる! 教育ニュース 献立? 偏食? どうしよう!幼児食、多彩に進化中【気になる!教育ニュース】

大学入試改革、プログラミング、英語教育……。教育の世界がなにやら騒がしい。このコーナーでは、最近気になった教育関連のニュースをピックアップして紹介します!

第43回 献立? 偏食? どうしよう! 幼児食、多彩に進化中

新型コロナで増えた、食事作りの負担

高校性と中学生の2人の息子は食べ盛り。いかにお腹を満たすか、ということが唯一にして最大の悩み、とも言えますが、幼かった頃は、息子たちの食に対する悩みは今より様々でした。食べるのに時間がかかる、食べる量が少ない、お菓子ばかり食べる、等々。

3月17日の読売新聞によると、ここのところ、このお悩み解決!「幼児食」のサービスがどんどんグレードアップしているそうなのです

背景として考えられるのは、新型コロナの流行。テレワークの普及で親の在宅時間が増えたり、緊急事態宣言によって子どもの幼稚園が休園となったり。親が料理する機会がグンと増えたことが要因ではないか、と見られています。

確かに、毎日の献立作りは悩みの種。献立提案アプリ「ミーニュー」が昨年7月に加えた機能、「おやこども献立」はこんな時の強い味方です。子どもの年齢を入力すると、大人も一緒に食べられる、主食、主菜、副菜からなるメニューを提案。その上、食材も子どもが食べやすいものをチョイス。食材の種類も、調理の工程数も少なく、時短にも配慮!

冷凍食品、上手に使って負担軽減

また、幼児食の通販も魅力的です。

例えば、日本食生活総研が昨年11月に創設した「ルーチェ」は主に2歳~6歳を対象とした冷凍おかずの通販ブランド。そのこだわりがすごい!

十分に考えられた味付けや栄養バランスはもちろん、プロのシェフが丁寧に手作りする味も自慢。豚肉のハンバーグにはおからパウダーやひじきを混ぜ込み、付け合わせに星型や動物型の人参まで入っています。お値段も200~300円台がほとんど。

また、幼児向け冷凍食品の開発、販売を行う「ホーミール」は、オンラインで子どもの食事や生活習慣の質問に答えると、栄養強化ポイントとおすすめメニューが分かる無料の「幼児食診断」を開始。これまでの利用者は16,000人にもなるそうです。さらに、管理栄養士がチャットで幼児食の悩み相談を行うサービスも実施。「栄養バランスが心配」「3食の献立をどう考えたら良いのか」といった声が非常に多く寄せられたそう。

「食事は楽しい!」が一番

「好き嫌い」や「偏食」は子育て中に必ずぶつかる悩みの1つかも。偏食がひどく、給食のない私立中学に進学した息子の友達がいましたが、まれな例ではないようです。

管理栄養士の太田百合子さんによると(NHK「すくすく子育て」より)、苦みやえぐみは2~3歳の子どもは本能的に拒絶する味。また初めて見たものに恐怖を感じる「新奇性恐怖」という性質があり、初めてのものも嫌うそう。子どもが食べやすい調理法や味付けにして、食べなくてもあまり気にせず、食卓に出し続けることが大切だそうです。

前述の、ひどい偏食の息子の友達は、中学になってから発達障害の診断を受け、それが偏食の原因にもなっているのでは、と言われたそうです。実際に、発達障害に起因する感覚過敏・鈍麻やこだわりの強さなどが偏食と関連があることも多いらしく、この場合、必ずしも「食のバランス」を無理に追いかける必要はないそうです。

我が家の長男は、食への興味が薄く食べるスピードが著しく遅い子どもでした。次男は果物をほとんど口にしません。子どもの食に対する悩みは、ときに親にとって非常に深刻で、どうにか食べさせよう、と頑張ってしまいがち。けれど、何より子どもにとって大切なのは、食事が楽しいものであることだ、と今になると実感します。

子どもの食の問題にぶち当たっても深刻に考え過ぎず、「今はこれでもよいや」と思うことは、親子双方に大切なエッセンスかもしれません。だとすれば、アプリでメニューを決めたり、冷凍食品や通販を上手に利用したりすることは、まさに「美味しい」選択ですね。

参照

3月17日・読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/life/kosodate/20210316-OYT8T50063/

AppliWorld・ミーニューが年齢で時短献立をAIで提案する「おやこども献立」開始
https://appli-world.jp/posts/16225

LUCE(ルーチェ)・ホームページ
https://luce-kids.com/user_data/about

homeal(ホーミール)・ホームページ
https://homeal.co.jp/

NHK・すくすく子育て
https://www.nhk.or.jp/sukusuku/p2019/789.html

日本教育学会・発達障害児における「食の困難・ニーズ」の実態と支援に関する研究https://www.jstage.jst.go.jp/article/taikaip/73/0/73_KJ00009601430/_pdf/-char/ja

中村 亮子

中村 亮子ライター

1971年東京都出身。中央大学法学部法律学科卒。転勤族と結婚し、全国を転々と旅するような生活を送る中、偶然の出会いに導かれ、フリーライターの道へ。家族は夫と息子が二人。趣味はピアノ

中村 亮子さんの記事一覧 →