子育てママのお悩み解決メディア
連載:気になる!教育ニュース

連載:気になる! 教育ニュース 連載:気になる!教育ニュース

【気になる!教育ニュース】コロナ禍で急増した子どもの睡眠障害

大学入試改革、プログラミング、英語教育……。教育の世界がなにやら騒がしい。このコーナーでは、最近気になった教育関連のニュースをピックアップして紹介します!

第66回 「眠育」で子どもたちの生活リズムを改善。コロナ禍で急増した子どもの睡眠障害とは?

コロナ禍、うまく眠れない子どもが増加

「健康を守るために、毎日7~8時間しっかり寝る、同じ時間に寝て起きる、というリズムを刻んでほしい」

11月10日の読売新聞は、中学校でのそんな指導の様子を紹介しています。

舞台は大阪府堺市立三原台中学校。指導を受けている1年生の女子生徒は平日の就寝時間が午前0時以降、休日はさらに遅く、起床も遅くなりがち。コロナ禍、1人で部屋で過ごす時間が増えていた、といいます。

堺市教育委員会が昨年12月、実施した調査によれば、コロナ禍での生活で、小中学生の睡眠時間が減少していることが明らかになった、と11月5日の読売新聞が報じています。学年が上がるほどに、減少幅は大きくなったそう。「巣ごもり生活」でスマホの利用時間が増えたことなどが要因、と分析しています。

東京都東村山市の多摩北部医療センター。子どもの睡眠障害専門の外来を受診した子どもはコロナ以前の2倍近くになっているそうです。小保内俊雅医師はNHKのインタビューに対し、「コロナ禍で生活リズムが乱れたまま、立て直すことができていない」と指摘。私の周囲でもコロナ休校をきっかけに睡眠が乱れてしまった、という声を聞くことがあり、その訴えはやはり切実です。

睡眠の状態を記録し、見える化

では、乱れた生活リズム、睡眠時間を立て直すにはどうすればよいのでしょうか?

実は、前述の堺市の三原台中学校区では、コロナ以前の平成27年度から「眠育」が始まりました。きっかけは、この地区における不登校率が全国平均の2倍近くあったこと。

具体的には、校区の小中学生全員に睡眠の大切さを説明する「みんいく」ハンドブックを配り、年3回、授業を実施。また「睡眠表」を記録することで、自分の睡眠の質や量を把握、検討。必要であれば、親も交えた面談も実施。すると、3年間で不登校率は約37%も減少! その成果から、眠育は堺市全体に広がったのです。

堺市で作成、配布している「みんいく」ハンドブックは小学校低学年、高学年、中学校の3冊に分かれています。低学年向けのハンドブックには、なんで寝るの? という素朴な疑問から、上手に寝るコツ、夜更かし習慣に対する注意などを記載。 高学年では、ゲームやスマホの睡眠への影響について、中学校ではよい睡眠をとるための具体的な生活の仕方について指導が行われます。

また、昨年からは眠育のAIアプリを導入。就寝、起床時間、夜の目覚め回数など、8項目をタブレットなどに入力すれば、AIが改善点を助言してくれるのです。子ども本人は、自分の生活リズムに問題がある、と気づかないことも多く、睡眠の状態を「見える化」することで就寝と起床の時間が規則的になる効果があるそう。家庭でも参考にできますね。

質の良い眠りが子どもを健やかに育てる

「みんいく」ハンドブックを監修した熊本大学名誉教授の三池輝久さん。NHKのインタビューに対する、「子どもたちが学校社会から離れざるを得ない状況には睡眠リズムの問題があり、朝起きられないのが大きな原因。睡眠障害は慢性の睡眠不足から始まります。学校に行きたいけど、なぜか起きられない、という状況の中で、子ども自身の思考も混乱して勉強が手につかなくなっている」との回答には説得力を感じました。

三池さんが理事長を務める「日本眠育推進協議会」のHPを見ると、「そうだったのかー!」と思うことがたくさん。それによると、質の良い眠りのポイントは以下の3つ。

・夜の眠りは夜7時から朝7時までの間

・睡眠時間は夜中に目覚めることなく、9~11時間(平均10時間程)確保できること

・入眠時刻と起床時刻がほぼ一定で、毎日前後30分(1時間)程度のばらつきに抑えられること

2週間の睡眠時間を記録する「睡眠ログ」もダウンロードできますよ。

冒頭でご紹介した三原台中学校では、眠育を通じて、コロナの影響で、いわば「言い様のない不安」を抱える子どもが増えていることがわかるそうです。

もしも、お子さんの生活リズムの乱れでお悩みなら、一緒に毎日の睡眠の状態を記録してみてはどうでしょう? 解決のきっかけが見えてくるかもしれません。

参照

11月10日・読売新聞

https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/renaissance/20211109-OYT8T50110/

11月5日・読売新聞

https://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20211104-OYTNT50108/

11月10日・NHK NEWS おはよう日本

https://www.nhk.jp/p/ohayou/ts/QLP4RZ8ZY3/blog/bl/pzvl7wDPqn/bp/pKQwB26yn7/

堺市教育委員会・「みんいく」のすすめ

https://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/kyoiku/gakko/suishin/oyasodachi/73650520191028101845114.files/minnikunosusme.pdf

2014年10月1日・NHKハートネット

https://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/3200/198996.html

日本眠育推進協議会

https://www.min-iku-suishin.org/importance-of-miniku/

中村亮子(なかむら・りょうこ)

中村 亮子

中村 亮子ライター

1971年東京都出身。中央大学法学部法律学科卒。転勤族と結婚し、全国を転々と旅するような生活を送る中、偶然の出会いに導かれ、フリーライターの道へ。家族は夫と息子が二人。趣味はピアノ

中村 亮子さんの記事一覧 →