子育てママのお悩み解決メディア
2回目の出産を終えて、復帰しました!【EICOママのらくやせメソッド・23】

連載:EICOママのラクやせメソッド 2回目の出産を終えて、復帰しました!【EICOママのらくやせメソッド・23】

ご無沙汰しております! みなさん、お元気ですか? 2回目の出産を終えて、Hanakoママwebの連載を再開することになりました、ダイエットコーチEICOです。これからまた、どうぞよろしくお願いします。

私はこの5月に、第二子となる男の子を出産しました。切迫早産になりかけて寝たきりになり、予定よりだいぶ早いお産になりましたが母子ともに元気です。産前産後の入院中は、コロナの影響で上の子に1週間くらい会えず不安でしたが、パパが頑張ってくれて寂しい思いをせずに済んだようです。我が家では第二子出産が近づくにつれ、上の子のお世話をパパ主導で行うようにしました。ママがいるのはむしろ珍しい、くらいにしておいたのが功を奏したようです。パパに感謝!

今はコロナ禍の影響で、お産にあたって不安なことだらけ。実家を頼れない人もいるだろうし、妊婦さん同士でお話できる機会も減っています。お医者さんにかかる回数まで減っているんですよね。私も、出産後は3日で退院しなくてはいけませんでした。

そんな中、地域のケアにとても助けられたのでその経験をお話しますね。私が住んでいるのは世田谷区なのですが、世田谷区には朝昼晩のご飯が出て24時間助産師さんが常駐してくれているという産後ケアセンターがあります。お産を終えたママはそこに1週間くらい泊まってお世話をしてもらい、体をしっかり休めることができるんです。もちろん定員がありますからタイミングよく利用できるケースは稀ですし、赤ちゃんが産後5日目・6日目の先天性代謝異常検査などを終えるまで入ることはできません。私も一旦自宅で過ごし、空きが出たところでお世話になることができました。でもこのシステムの存在はとてもありがたかったです。

産後ケアセンターがない地域でも、行政や民間で行っている「産後ドゥーラ」さんなら比較的どこでも利用できると思います。出産前後の家事や育児を手伝ってくれる頼もしい味方で、行政によっては助成金も出るみたいです。ほかには、助産師さんなどが電話やLINEで相談を受けてくれる窓口もあったりします。ひとりで心細いママさんにとって、話し相手になってくれる人がいるというのは、とても嬉しいこと。辛い思いをしている人がいるなら、地元で受けられるサポートを調べて、利用してもらいたいと思います。

色々と大変な時期ですが、助けてくれる人の手を借りながら、ハッピーなプレママライフ&ママライフを送りたいですね。

ダイエットコーチ EICO

ダイエットコーチ EICOダイエットコーチ

日本初のダイエットコーチとして、700人以上をそれぞれ10kg以上減量させた経歴を持つスペシャリスト。自身も1年で20kgのダイエットに成功した経験を持ち、2005年度準ミス日本を受賞。ダイエット著書は累計58万部を突破(2019年4月現在)。そのダイエット指導内容は、無理なく、リバウンドなしで自分史上最高のスタイルになれると熱い支持を得ている。2018年に出産し、一児の母。産後ダイエットで22kgのダイエットに成功。

ダイエットコーチ EICOさんの記事一覧 →