子育てママのお悩み解決メディア
ウォーキングではやせないって本当!?【EICOママのラクやせメソッド・7】
2020.10.08 by ダイエットコーチ EICO ダイエットコーチ EICO

連載:EICOママのラクやせメソッド ウォーキングではやせないって本当!?【EICOママのラクやせメソッド・7】

天高く馬肥ゆる秋の本番です。秋でも春でも気持ちのよい季節って、あっという間に過ぎてしまうから、大切に過ごしたいですよね。

最近はよく晴れた空の下、ウォーキングする人の姿をよく見かけるようになりました。ウォーキングは特別な道具が何も要らないし、ダイエットにはもってこい。手っ取り早くやせるなら、まず歩かなくちゃ。そう思っている人は、多いはず。でも実は、ウォーキングでやせるのって、結構大変なんです!

ダイエットコーチをしていると、ウォーキングでやせましたっていう人がいる一方、毎日1時間歩いているのにやせないっていう嘆きも耳にします。歩いているのにやせる人とやせない人、その違いは何だと思いますか? ズバリ、心拍数にあるんです。

いくら長時間歩いたところで、心拍数が安静時に比べてそれほど上がっていなければ脂肪燃焼には結びつきません。知人とすれ違ったとき、辛うじて挨拶はできるけれどおしゃべりは息が辛くてできない。それくらい心拍数が上がっていないと、脂肪燃焼にはつながらないんです。

心拍数が上がるウォーキングをするには、どうすればよいのか? まずは、スピードを上げてみましょう。家から駅までの間や、子供を園に預けてから家に戻るまでの間に、3人くらい人を追い越すつもりで早歩き。もちろん周辺の人口や時間帯によって追い越す人がいない場合もあるのですが、3人追い越すつもりで歩くと心に決めれば、自然とペースが上がります。「私は競歩選手」と自分に言い聞かせて、ひたすらシャカシャカ歩いてください。

それから、歩幅も大切です。横断歩道を歩くとき、白線だけを踏むようにして歩いてみましょう。それくらいの大股で歩くと、脚を大きく使うことになって心拍数が上がります。腕を大きく振るのも、心拍数を上げることにつながるからおすすめです。

それからよく靴についても質問を受けますが、一番よいのはスニーカーです。ない人は、歩きやすいペタンコ靴ならなんでもOK。足裏部分が薄くて衝撃がひどいようなら、クッション性のあるインソールを入れるといいですよ。

歩きやすい靴を履き、競歩選手のようなスピードで脚と腕を大きく動かしながら息が上がるくらい歩く。これなら1日30分くらい続けるだけで、確実にやせるはず。ぜひ試してみてください。

ダイエットコーチ EICO

ダイエットコーチ EICOダイエットコーチ

日本初のダイエットコーチとして、700人以上をそれぞれ10kg以上減量させた経歴を持つスペシャリスト。自身も1年で20kgのダイエットに成功した経験を持ち、2005年度準ミス日本を受賞。ダイエット著書は累計58万部を突破(2019年4月現在)。そのダイエット指導内容は、無理なく、リバウンドなしで自分史上最高のスタイルになれると熱い支持を得ている。2018年に出産し、一児の母。産後ダイエットで22kgのダイエットに成功。

ダイエットコーチ EICOさんの記事一覧 →