働くママのウェブマガジン

Column はじめてママと居心地のいい住まいづくり

【Houzz 加藤の居心地のいい住まいづくり・1】どのような生活を送りたいかによって、家のかたちは変わる。「住まいづくり」は「自分探し」

2019.05.27

Vol. 1 – 「住まいづくり」は「自分探し」

はじめての妊娠が発覚したのはちょうど1年ほど前。とにかくわからないことだらけなのが、はじめての妊娠なのですね。いろんな雑誌や書籍を手に取り、気になることがあるとその都度ネットで検索をしていました。けれど、実際に妊娠中は、自分の体や気持ちの変化(そして、産休に入る準備で、追加の仕事も発生!)についていくのが精一杯で、じっくり情報収集することすら難しい日々が続きました。

Lauren Andersen © 2018 Houzz

Lauren Andersen © 2018 Houzz

何よりも情報の少なさに驚いたのが、住まいやインテリアのこと。

誰もが妊娠を機に住環境のことを考えるはずです。海外では、ライフスタイルや生活の中で変化があると、家をリフォームや模様替えする人が多くいます。例えば、子供が巣立った際には、子ども部屋を書斎や趣味の部屋にする親は少なくありません。私も幼少期、米国に住んでいた頃、私がひとりでお風呂に入れる年齢になったタイミングで、両親は自宅のバスルームを日本のお風呂(洗い場とバスタブが別々にある)にリフォームしました。これは、日本のライフスタイルを米国でも続けたいという両親の意思の表しでもあり、おかげで私も米国にいながら日本のお風呂が大好きな子供でした。

Stephanie Schetter © 2015 Houzz

Stephanie Schetter © 2015 Houzz

なので、家族がひとり増えて、自分たちの生活も激変するのこのタイミングで、これから産まれる赤ちゃんのために家を見直すことは、ある意味とても自然なことだと思います。

私たち夫婦は、まず引っ越しを考えました。妊娠の場合、出産予定日という期日があり、更に妊娠初期・後期は体調も不安定なため、実際引っ越せる期間は意外と短いです。そのため、私たちはまず安定期に入った妊娠中期中に引っ越せるように期日を設けました。ところが、探しに探し回ったあげく、「これ!」という引っ越し先が見つからず、、、結局引っ越しは断念し、住んでいた家の模様替えをすることになりました。

「住まいづくり」は「自分探し」なのだと思います。その人が自分自身、そして家族とどのような生活を送りたいかによって、家のかたちは変わる。例えば、料理好きな家族は、きっとキッチンを家族で共有できる広いスペースにするでしょう。ソファの置き方ひとつで、部屋の動線が変わり、家族との関わり方も変わるものです。

Lauren Andersen © 2017 Houzz

Lauren Andersen © 2017 Houzz

今回、夫とふたりで「自分探し」をしました。家に何を残して、何を処分するか、という議論が、家でどういう時間を過ごしたいか、自分たちにとって大事なものは何か、という話に発展していきます。たくさん考えて、たくさん話し合いました。その結果、多くのものは「今」の自分たちには必要ないものだということに気付かされたのです。

夫は高校時代からバンドをしており、多くの機材がありました。「今」の夫にはすべての機材は必要なく、週末に時間があると手にとるギターだけを残すことにしました。私は、たくさんの洋服から「今」の自分のスタイル(昔はピンヒールとスカートが多かったけれど、最近はスニーカーとバックパックばかり!)を見つけ出し、残りは処分しました。

この「断捨離」の儀式を行うことによって、「今」の自分たちにとって、これから産まれてくる子供が必然的に優先となっていったのです。夫婦としてもお互いのことをより理解する貴重な機会となりました。

Rikki Snyder © 2012 Houzz

Rikki Snyder © 2012 Houzz

とはいえ、断捨離はそこで終わらず、むしろはじまりでした。この続きはまた次回!

 

Houzzとは
Houzz(ハウズ)は、世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームで、家づくりに必要なすべての情報をウェブサイトやアプリで提供しています。部屋の模様替えから、リフォーム、リノベーション、注文住宅など住まいに関するあらゆることについて、世界中の「住む人」と「住まいの専門家」をつないでいます。家づくりに関する膨大なデータベース、活気あるコミュニティ、そして革新的なテクノロジーにより、簡単におしゃれな事例写真を見つけたり、アイデアやアドバイスを得たり、理想の住まいをカタチにできる専門家を探して依頼することができます。
https://www.houzz.jp
加藤愛子

[プロフィール] 加藤愛子

Houzz Japan 株式会社
代表取締役 兼 アジア統括ディレクター
幼少期を米国で過ごす。シカゴ大学経済学部を卒業後、米国投資銀行のロンドンと東京オフィスに勤務。2011年にINSEADでMBAを取得後、化粧品のサブスクリプションサービスの代表取締役に就任し、日本法人を創業。初年度の黒字化に成功する。その後、ニューヨークを拠点にベンチャー企業の海外展開に関するコンサルティングを行う。2014年11月より現職。