子育てママのお悩み解決メディア
ちいさな弟を巻いて、3人でお出かけ大作戦

連載:4回目の育児 - fourth time around ちいさな弟を巻いて、3人でお出かけ大作戦

まだまだ寒さが残る毎日ですね~。冬じゃなければ休日は大抵キャンプしたり、公園に出かけたり、かぞくで外あそびを楽しむのですが、最近は寒さにひるんで家に籠りがちなわたくし。

でも、実のところ篭りたいのは私だけで、子どもたちは寒さに関係なくいつだって外て遊びたいんですよね。休日のたび「今日どこ行くー?」「なにするー?」「公園行こうよ~」とプレッシャーをかけられて、「ヒィー…」とひたすら悲鳴をあげております。子どもたちって、なんで寒くても元気なんだろ…。

とはいえ、わが家には、まだまだお昼寝が必要な2歳児のかぜおくんがおります。実は、彼のお昼寝タイムを確保しようとすることで、出かけるタイミングを逃してしまうケースが多々あるんです。

うちは基本、休日はみんな朝起きるのが遅いので、出かけるとしたらお昼ごはんを済ませた後になるんですが、そうなるとちょうど、出かけたい時間がお昼寝タイムとバッティングしちゃうんですよね。スヤスヤときもちよさそうに眠るかぜおくんをわざわざ起こすのもかわいそうで、思わず「もう今日は出かけなくて良くない?」と口走ってしまったら最後、もちろん上3人からは大ブーイングです。「ママひどい!」「つまんないー!」と散々クレームを言われて呆気なく一日が終わってしまう、なんてことも度々あります。

そんな経験を踏まえ、彼らも学習しました。「だったら子どもたちだけで出かければいいじゃん!」と。中1、小5、小1なので、まぁ近所であれば出歩いても大丈夫かなぁと試しに行かせてみたら、「めちゃくちゃたのしかったー!」と目をキラキラさせて帰ってきました。ま、たしかに、親ナシできょうだいだけで出かけるって、だいぶワクワクしますよね。

さて、味をしめた彼らは、先日もまた、きょうだいでお出かけがしたいと言ってきました。12月生まれのざいざい(小5)と、1月生まれのりねん(中1)が、おたがいのプレゼントをお年玉で買ってあげたいと言うのです。なかなかかわいらしい企画なので「いいよー!」と快諾したものの、ここで懸念すべき点がひとつ… 「2歳児かぜおくんをどう巻くか」 上3人で出かけるなんて彼が認識した日には「かぜもいきたい~~~」と号泣し出すのは目に見えているわけです。

それはそれでめんどくさいことになりそうだなぁと思っていたら、なんと、彼らは意外な作戦に出たのでした。おひるごはんを食べ終わってしばらくすると

「かぜ~、そろそろお昼寝するよ~」

さりげな~く、すいちゃんが弟を寝室へと誘いこんでいるではありませんか(笑)。パッとのぞくと、すでにベッドにはざいざいが横になっていて「二人体制で寝かしつけする気満々じゃん!」と、心の中で大笑い! かぜおくんは言われるがままちょっと興味津々に寝室へ入ってゆき、まずは第一段階クリアです。そしたらね、綿密に計画されたその作戦の”続き”に笑っちゃった。ふと、寝室からかすかになにか聞こえる気がして耳を澄ましてみると…。

オルゴール調の、子守唄みたいのを流していたのです! しかも、音の正体はキッズ携帯の着信音!

お昼寝には子守唄、そのベタな発想がおかしくておかしくて、これまた吹き出しそうになるのを必死に堪える母(笑)。むしろ「そんなんで寝るのかー?!」と半信半疑で見守っていると、程なくしてすいちゃんとざいざいが忍び足でリビングに戻ってきました。

「かぜおくん、寝たよ」

もちろん、めーっちゃドヤ顔(笑)。その表情がまたたまらなくて、母はとにかく笑いを堪えるばかりでした。しかし、普段かぜおくんのお世話といえば長女りねんのイメージが大きかったけれど、キミらもなかなかやるわね。これから寝かしつけは、すいちゃん+ざいざいチームにも頼れちゃうってことね〜、わーい!

そんなこんなで、めでたく3人だけの時間をゲットした彼らは、近所の商店街までうれしそうに出かけて行きました。途中、りねんからLINEがきて「ふたりがめっちゃお腹すいたーっていうから、ちょっと寄り道するね~」というメッセージとともに、明らかにマクドナルドの店内に居る写真が送られきて「ちゃっかりしてるなぁ~」と思いましたが、とにかく楽しそうでほのぼのしたのでした。

さて、帰宅して話を聞くと、100均でおたがいのプレゼントを買い、その後マックでお茶したそうです。「マックでなに食べたの?」と尋ねると、「ハンバーガー単品と、ざいざいはメロンソーダ、りねんはアイス、すいちゃんはアップルパイを食べたよ」とのこと。「それ、セットの方が安いんじゃないの?」と言ったら、どっちがお得か検証して、敢えて単品で攻めたそうです。

「しかもね、ざいざいとすいちゃんに、ちゃんと自分でオーダーさせたんだよ~」と社会勉強もさせていた姉。いいじゃんいいじゃん。家族でスペシャルな遠出するより、こういう日常のさりげないお出かけこそ、ずっとキミたちの心に残るのかもしれないね。

Asaco

Asacoモデル

モデル・4児の母。1978年静岡県浜松市生まれ。2018年5月に4人目を出産し現在、2男2女のママ(12歳、10歳、6歳、2歳)。モデルとして、ファッション&ママ雑誌や家族でCMに出演。夫婦でケータリング業「マフィオ」を展開、最近はキャンプ好きが高じてママキャンパーとしても活動。さらに、母目線でこどもにまつわるコラムを執筆したりと、子育てをしながら多方面で活躍中。instagram.com/hiratoko_asaco

Asacoさんの記事一覧 →