子育てママのお悩み解決メディア
「はたらく車」はカッコいい! 3歳の息子が気づかせてくれた、おっちゃんたちの心意気。

連載:4回目の育児 - fourth time around 「はたらく車」はカッコいい! 3歳の息子が気づかせてくれた、おっちゃんたちの心意気。

子どもが4人もいるのに、わが家にはチャイルドシート付きの電動自転車がありません。なので、かぜおくんの保育園の行き帰りは、赤ちゃん時代はエルゴで抱っこ、それからベビーカーを経て今は基本、徒歩での通園になりました。

もれなく、はたらく車ブーム到来中のかぜおくんは、家から園に向かうまでの間、道ゆくバスやトラックに向かって「バイバーイ!」と元気よく手を振るのがお決まりのスタイルで、運転手さんが手を振りかえしてくれたら、もぉ~ご機嫌。むしろ、彼の中で振りかえしてくれることが当たり前になりつつあって、最近は振ってくれないと相手が振るまでしつこく追いかけるという……。もちろん、その隣にいるわたしは非常に気まずい思いをしますので、「みんなお仕事中だから、一回だけにしようね」と、さりげなく大人の事情というものを諭す日々です(笑)。

この日は運転手さん、かぜおに気づいて「バイバーイ!」と、なんとマイクで言ってくれました! よかったねぇ~。

さて先日、夫からこんな話をされました。

「保育園に行く途中にさ、道路の反対側にセメント工場があるの分かる? ブーワン(かぜお語でショベルカー)とかミキサー車とかタンクローリーとかたくさんいるところ。あそこを通りかかるたび、かぜおが一生懸命手を振るんだけど、最近それに気づいて、いつも手を振りかえしてくれるブーワン運転手のおっちゃんがいるんだよね」

その場所こそ知ってはいたけれど、そんなおっちゃんがいるなんて、とてもびっくりして、わたしも朝かぜおと保育園に行くときは意識的にその「おっちゃん」の姿を探すように。何回か経て、やっとその方らしき男性が特定できました。なんとその方、かぜおに気づいてわざわざ入り口付近まで来て、大きく手を振りかえしてくれたのでした。道の向こう側で、このご時世で顔はマスクで覆われているのに、その佇まいにやさしい笑顔しか想像できなかったのはなぜだろう。殺伐とした朝の出勤時間に、ふと柔らかな光がスポットライトのように差し込んだ気がしました。

それから、おっちゃんのことは毎朝のお決まりの話題に。「今日も大きく手を振ってくれて、かぜおがニッコニコだった」とか、「今日は姿が見えなくて、かぜおがめちゃくちゃ凹んでた」とか。そもそも、お話したこともない方の話題でこんなに盛り上がるだなんて、ちょっと不思議な感覚ですよね。

「トラックにブーワン!」カッコイイ車に遭遇すると、必ず立ち止まるかぜおくん。

そんな日が続いたある日のこと。今度は夕方の話です。

「ついに、おっちゃんと話せたんだよ!」

夫がかぜおを保育園に迎えに行き、所用あってセメント工場側をふたりでテクテク歩いてきたら、なんと、いつものおっちゃんとたまたま遭遇したのだそう。

「オレも、『あれ?もしや……』と思ったんだけど、向こうがかぜおに気づいて声かけてくれてさ。毎朝ありがとうございます、ってやっと言えたよ~」

ええーー!! それはよかったね! と私も鼻息荒く返したのですが、ふと、そう話す夫のとなりで、当の本人(かぜお)の顔が若干こわばっていることに気づき……。聞けば、おっちゃんが気を利かせてブーワンの近くまで案内してくれたのに、突然だったからびっくりしたのか「やだ~!」と泣きそうになった、とのことでした。ちいさい子、あるあるだね(笑)。

わが子との徒歩移動。途中いろんなことに足を止めるので、なかなか前に進まない。(笑)

ちなみに、そんなやり取りの中でおっちゃんは「この子が手を振ってくれることが毎朝の励みになっていて、本当にうれしいんです」と笑顔で言ってくれたそうで、その言葉にジーンと胸を熱くしていると、夫が付け加えるように一言。

「あとね、おっちゃんとか呼んでるけど、多分オレより若い人だったわ……」

な、なんと! 衝撃の事実です(笑)。完全に『おっちゃん』が浸透しちゃったけど、これからは『お兄さん』に変更だね。

子を産み、自分が親になると、わが子と一緒にいるからこそ気づけることってたくさんあります。道端にお花を見つけて目を輝かせたり、ちいさなダンゴムシに目をまあるくさせたり、子どもってちいさな感動を見つける天才だなぁと思うけれど、はたらく車に乗る人たちはそんな彼らの純粋さにそっと寄り添う、本物のヒーローなのだなぁと思いました。子どもたちに夢を与えつづけるお仕事って最高にカッコイイ! いつも笑顔で手を振りかえしてくれるバスの運転手さん、トラックの運転手さん、そしてブーワンのお兄さん、本当にありがとうございます。今日もかぜおは、みなさんとのコミュニケーションをたのしみに保育園に向かいます。

Asaco

Asacoモデル

モデル・4児の母。1978年静岡県浜松市生まれ。2018年5月に4人目を出産し現在、2男2女のママ(12歳、10歳、6歳、2歳)。モデルとして、ファッション&ママ雑誌や家族でCMに出演。夫婦でケータリング業「マフィオ」を展開、最近はキャンプ好きが高じてママキャンパーとしても活動。さらに、母目線でこどもにまつわるコラムを執筆したりと、子育てをしながら多方面で活躍中。instagram.com/hiratoko_asaco

Asacoさんの記事一覧 →