働くママのウェブマガジン

Column 4回目の育児 -fourth time around-

我が子たちのおかげで好きが増えた!家族でハマった「大相撲&野球観戦」【asacoの「4回目の育児 -fourth time around-」】

2019.07.09

この連載は……
モデルとして雑誌やCMに出演するいっぽう、子ども服ブランド「kitutuki」のディレクターとしても活躍中の asacoさんの連載。実は5月に4人目のお子さんを出産したばかりのasacoさん。4人目育児ってどんな感じ? 家族の関係は変化した? 家事やお仕事は? などなど、にぎやかな家族の日常を綴ります。


vol.23 「土俵と鯉に恋をして」

昔から、私と政治くんの共通の趣味といえば、缶ビール片手にあてもなく街を散策したり、風情ある呑み屋でお酒を交わしたり。非常に地味〜なこと(要するにお酒)で日々ハッピーに過ごしていましたが、まさかその後、我が子たちに新たな”楽しみ”を与えてもらえる日が来るだなんて、思ってもいませんでした。

遡ること5〜6年前。まだ長女りねんと息子のざいざいが2人姉弟だった頃、たまたま私の実家に帰省したことがありました。当時、我が家にはテレビがなくて、実家に帰ると子どもたちは決まって大きなテレビ画面に興味津々だったのですが、りねんはいわゆる幼児向け番組を見たがったのに対し、ざいざいが釘付けになったのが、全く想定外の「大相撲」!上半身裸で、巨漢、そして見たこともないあの髪型が衝撃だったのでしょうか。小さなざいざいが真剣な眼差しで力士たちの姿を追ったのをきっかけに、いつしか家族みんなが大相撲の魅力にどっぷりハマることになったのです。今では国技館で開催される場所(1月、5月、9月)は必ず、大相撲観戦へ出かけるほどに。

asaco23-1
こちら、4年前の2人。こんなにちっこい頃からお相撲が大好きでした。

子連れで大相撲観戦?それって、結構大変そう、、と思われる方もいるかもしれませんが、そうでもありません。むしろ、力士が赤ちゃんを抱っこして撮影するイベントを日本相撲協会が企画するくらいで、会場全体が”子どもウエルカム”な空気感にあふれています。ちなみに、昔から力士に抱っこされた子は無病息災、健康に元気に育つと言われていて、先述した撮影会はすごく人気だそう!私は抽選に当たる気がしないので、大相撲観戦に行った時に出待ちして、ちゃっかり我が子たちを抱っこしてもらってますけど(笑)

それから、事前にチケット予約するのがハードル高そう、しかも結構チケット代高そうだし……というお悩みにも必殺技が。国技館のいっちばん上の席ぐるりと約350席分が当日券で売り出されていて、思いついたらその日に観ることができるのです。そして、これがまた安い!大人2200円、子ども200円と破格設定。ただ一つ、、、非常に競争率が高く、朝めちゃくちゃ早起きすること必須です。ここ最近はずっと相撲人気が続いていて、我が家だと朝5時台に起きないと間に合わないこともありますが、それでも「行きたい!」と言って、子どもたち自ら起きてくるのだから大したもんです。(起きれなくて「今日やめとく?」と弱音を吐くのはだいたい政治くん)

asaco23-4

最上列の席で多少の見づらさはあるけれど、生だからこそのあの迫力は感動もの。パチンと力士がぶつかり合う音や会場の熱気にぐんぐんテンションが高まっていきます。相撲歴5年以上になるざいざいは、年々大相撲に詳しくなって、今では幕内、十両では飽き足らず、幕下上位の力士まで詳細に情報をインプットするほどに。力士を入り待ちしていると、はるか遠くからやって来るお相撲さんのシルエットを見ただけで「◯◯!」と名前を誰よりも早く言い当てるので、毎度周りの大人たちにギョっとされています(笑)。

asaco23-3
力士たちを入り待ちする3人。女子チームはにっこりカメラ目線ですが、ざいざいはこちらに目もくれず、真剣そのものです。笑

さて、そしてここ数年でもう一つ、家族みんなの「好き」が増えました。それは、広島東洋カープ。野球です。そのきっかけは、我が家と家族のように親しくしてくださっている友人のひとり、スナオクワハラのデザイナーである桑原さんの存在に尽きます。広島出身、以前ブランドでカープ公認グッズを手がけたこともあるという生粋のカープファン。彼がある日我が家に遊びにきてくれた時、なぜだかyoutubeでカープの応援歌を流しながら部屋に入って来たことがあって(笑)子どもたちがその歌に衝撃を受け耳コピしたところから、カープへの道が開かれました。スポーツと言えば大相撲一辺倒だったざいざいも、今ではカープにかなりの情熱を費やし、自ら投球やバッティングの練習に励むほどに。そして、こちらもまたインプットされてゆく情報量が半端なく、カープだけに留まらず、他球団の選手たちの詳細までかなり熟知しているのです。

いやしかし、学校のお勉強はこうはいかないのだけど、好きなことに対する子どもの吸収力ってすごいなぁって、いつも本当に驚かされます。

asaco23-5

さて、今シーズンも既に神宮球場に観戦に行って(もちろん桑原さんと)ざいざいだけでなく、りねんもスイちゃんも、選手たちそれぞれの応援歌を完璧にマスターして、力いっぱい応援していました。非常に際どい試合運びだったけれど、結果1点差を守りきり勝利!ヤッター!

相撲と違って、野球は周りのファンたちと一体になって応援するので、見ず知らずの人たちでも試合が進むうちに「カープ」という共通項だけでめちゃくちゃ仲良くなれちゃうのがまた面白いところ。今シーズン、まだまだたくさん野球観戦にも出かけたいなぁと思います。

asaco23-6

きっと子どもたちが居なかったら、いまだに飲み歩きだけを楽しみに暮らしていたであろう私と政治くん。家族ができて、新しい「大好き」が増えた今がとっても幸せです。そして、数年後はまた、かぜおくん発信で違った楽しみが見つかるのかな?!我が子たちのおかげで、夫婦だけでは決して見つけられなかった、たくさんの刺激をもらっている毎日です。

ちなみに、大相撲観戦もカープ観戦も、どちらも「お酒を飲みながら楽しめる」ということはあしからず。。。気づかなかったことにしてください……

asaco23-8
profasaco

asaco(アサコ)

モデル・kitutukiディレクター。1978年静岡県浜松市生まれ。現在、2男2女のママ(11歳、9歳、5歳、0歳)。モデルとして、ファッション&ママ雑誌や家族でCMに多数出演。また、第一子の出産を機にママ向けワークショップの開催や、子ども服ブランド「kitutuki」のディレクターとして活動。さらに、夫とケータリング「マフィオ」を展開するなど、子育てをしながら多方面で活動中。現在は、2018年5月出産の第四子の子育てに奮闘中。

Instagram : hiratoko_asaco

この連載を最初から読む