子育てママのお悩み解決メディア
「ミキティの育児365日」vol.18 働くことについて

連載:ミキティの育児365日 「ミキティの育児365日」vol.18 働くことについて

この連載は……
ミキティこと藤本美貴さんと3人の子どもたち(たまにパパも?)との育児日記です。芸能界の仕事をしながら、家事と子育てに奮闘する毎日を思ったままに書き綴っていただきます! 今回は「ママとして働くこと」についてです。


妊娠後、「お仕事が…」とは悩まなかった理由

結婚を視野にいれたお付き合いをしていると、パートナーと話題になるのが「子どもをどうするか」ということ。私たち夫婦は「子どもは欲しいよね」「お互い兄弟がいるから、2人以上いるといいね」と話していました。夫は結婚後、「早く子どもが欲しい!」と言っていたのだけど、独身時代コソコソと付き合っていた私たち。(笑) 一定期間は付き合っている時に出来なかったことや、子どもがいるとハードルが高くなるようなことを満喫しようと決めて過ごしました。

そして、結婚3年目に長男を出産。妊娠が分かった時は、それはもちろん嬉しかったです。仕事については、性格的にあまり悩まないタイプだから「どうなるのかな・・・」と不安には感じませんでした。というのも、赤ちゃんを授かったら産む以外の選択肢はないから。せっかく「なりたい!」と努力して入った芸能界、妊娠しても、出産しても、いただけるお仕事を頑張るしかありません。そんな中、今も働けているのは、仕事をくださる方がいて、夫や近くに住む母、子どもたち家族全員の協力があってのこと。本当にありがたいなと感じています。

とはいえ、子どもが生まれた後も働くためには、保育園について色々調べたり、入園の申請してそれに受かって、日々の細かなスケジュールを調整し、送り迎えして、病気の時は育児の代わりを見つけて・・・と数えきれないくらい本当に多くのハードルがあります。

ミキティの子ども ミキティ 藤本美貴

毎日を乗りきるコツ

ただ、ママ友と話していて感じますが、総じて皆さん、悩みすぎ!(いや、私が悩まなすぎなのかも) もちろん、その気持ちも分かります。「悩まないタイプです~」と言いつつ、特に一人目の子育ての時は、本当に寝なくて大変でした。でも、その時ふと思ったんです。昔の人は、この状況でおむつを洗っていたんだよねって。お湯なんて出なかったんだよねって。そう思うと、現代ってまだマシじゃんって。SNSを見ていると隣の芝は青く見えるかもしれませんが、人はみんな性格も環境も違うから、そもそも比べられないのではないのかなって思います。

あと、悩んでいても、実は自分の中で答えが決まっていることって多くありませんか? 例えば、仕事と家庭の両立が難しい、仕事が大変・・・じゃあ仕事を辞めるの? と考えてみてください。答えが出ていませんか。辞めたくないですよね。ちょっとだけ視点を変えてみると、悩むより、やりたいことに対して解決策を見つけた方がいいと気づきます。そうすると、これまで悩んでいたことがクリアになることもありますよ!

仕事を長いキャリアで考えると、子どもに手がかかるのは一瞬のこと。寝なくて困り果てていた長男は、今ではすぐ寝るようになりました。まだまだ子どもらしくかわいいところもあるけれど、妹たちの面倒を見てくれる頼もしいお兄ちゃん。長女も家事を手伝ってくれたり、妹のお世話をしてくれます。家族の協力がありながらも、仕事をして家事をして毎日ヘトヘトです。多くのママたちもきっとそうだし、私より頑張っている方が大勢いると思います。それを分かったうえで、毎日、「今日も仕事に掃除、洗濯、料理、寝かしつけをして私って本当にスゴイ! 私ってエライ!」って自分のこと褒めています。

皆さんも、もっともっと自分を褒めてくださいね! これも、毎日を乗りきるコツのひとつです。

藤本美貴

藤本美貴タレント

1985年生まれ。北海道出身。アイドルグループ、モーニング娘。のOGメンバー。2009年、お笑い芸人「品川庄司」の庄司智春さんと結婚。2012年に長男、2015年に長女、2020年に次女を出産し、現在3児のママ。 You Tube「ハロー!ミキティチャンネル」も好評。youtube.com/channel/uc0bswbn-6xuz_zirzwvj27w

藤本美貴さんの記事一覧 →