子育てママのお悩み解決メディア
使うだけで吸引力のあるモチ肌に。ママにうれしい簡単保湿アイテム
2015.12.18 by 安田 光絵 安田 光絵

連載:キレイなママでいるために 働くママのLOVE & BEAUTY 使うだけで吸引力のあるモチ肌に。ママにうれしい簡単保湿アイテム

vol.2 ダンナもトリコ。しっとり肌で、色っぽ美妻に。

この時期、とっても気になる肌悩みが乾燥。忙しさにかまけてスキンケアを放っておくと、目や口の周りはカサカサ、シワっぽくなって、一気に老けた印象に。そして、ボディ。とくに、ひじやかかとなどのパーツは、断崖みたいにひび割れて、「もう、ダンナ以外(ママ友やどこかの男子)には見せられない」状態。いえいえ、一番大切なダンナさまに見せるなんて、もってのほかです!

肌が乾燥すると、自分的にもかゆみとか不快感で辛いだけでなく、シワやたるみなど、肌老化の原因に。ママになっても、女ですもの。やっぱりキレイって思われたい。
ダンナだけじゃなくって、他の誰かにも(♪)たとえ何も無くても、そういう意識にこそ「美」は宿るのです。

そもそも男性って本能的に、潤いのある、しっとりなめらかな肌に惹かれるそう。なぜなら、「肌がキレイ」=「ホルモンバランスが整っている」=「妊娠の可能性がある(子孫を残せる)」という方程式がDNAレベルでインプットされてるから。

ちゃんと、肌が水分で満たされていて、触りたくなるような柔らかさがあれば、それだけでも相手を心を掴んでおくことができるというワケ。極端に言えば、「思わず、手を伸ばしたくなる肌」が理想です。

といっても、育児してるとほんっとうに忙しいですよね。私自身、やんちゃすぎる男子2人と暮らしているので、分かります。スキンケアなんて、朝晩、たったの2分。ただ、優秀コスメのおかげで、肌診断では、「肌年齢マイナス10歳」をキープ中です。そこで、私が実際に使っている、使うだけで吸引力のある美肌をつくれるコスメを厳選してご紹介。

時短・簡単・効果的がテーマです。

ぜひ、実践して、ダンナさまに惚れ直してもらってください♪

働くママにうれしい「時短・簡単・効果的」な保湿アイテム

画像1

まず、基本の洗顔は、「ファイブケイ」のオリーブ石けん。人気のオーガニックオリーブオイル、キヨエをまるごと配合しています。洗うだけで、肌が保湿されて、使ってから確実に肌状態がアップしました。家族全員で愛用しています。

画像2

砂漠のような乾燥肌におすすめのスキンケアアイテムは、「ママ&キッズ」のローションとミルク。
無香料、無着色で、肌の刺激になるものはいっさい不使用。
これさえ使っていれば、しっとり肌をずーっとキープできるし、乾燥しすぎて何をつかっても痛い!というときに、置き換えるコスメとしてもおすすめ。
子供と一緒に使えるのも便利♩

ボディですが、色々試した中で、一番のお気に入りがコチラ。

画像3

ニベア花王」の、薬用エクストラリペア ボディミルクです。先月、ボディの乾燥がひどくて、かゆくて仕方なかったのですが、何を試しても良くならなかったのが、これを使って一気に回復しました。さすが、老舗です!

最後に、内側からのケア。
だいたい乾燥肌の人の話を効くと、食用の油が足りていません。肌も肌をつくる細胞膜も脂肪酸でできているので、良質の油を摂取することはマスト。

とくにおすすめが、ここ数年ブームが続いているココナッツオイル
代謝が上がって、肌のターンオーバーが整うので、肌荒れ改善やアンチエイジングに効果的。しかも、酸化しにくい点も安心。

私は、毎日コーヒーに大さじ1杯入れて、ミキサーで撹拌して飲んでいます。
私は、毎日コーヒーに大さじ1杯入れて、ミキサーで撹拌して飲んでいます。
こちらは、グラノーラとクコの実、チアシードをとココナッツオイルを混ぜて、型に入れて冷蔵庫で冷やしただけ。簡単・ヘルシースウィーツです。
こちらは、グラノーラとクコの実、チアシードをとココナッツオイルを混ぜて、型に入れて冷蔵庫で冷やしただけ。簡単・ヘルシースウィーツです。

ココナッツオイルがニガテな方は、ココナッツバターでも◎。

画像6

湯煎して溶かしたココナッツバターを型に入れて15分冷蔵庫に入れただけ。まるで、ホワイトチョコレートのような濃厚な味わいで、しかも、糖質はほとんど無し。ローカカオパウダーを混ぜれば、高級チョコレートにも負けない美味しさです。

画像7

私が愛用しているココナッツオイルとココナッツバターは、「アビオス」のもの。完全オーガニックで、厳選された素材を使用しています。クセがなくて食べやすく、何度リピートしたか分かりません。

ぜひ、試してみてくださいね♪

安田 光絵

安田 光絵美容・恋愛ライター

マタニティプランナー。 日本大学芸術学部映画学科卒業。大学在学中に学生ライターを始め、卒業と同時にフリーに。25歳〜27歳まで上海に留学し、中国茶や薬膳、東洋美容を学ぶ。31歳で結婚、32歳で長男、34歳で次男を出産。産後は、雑誌やウェブ、書籍での執筆活動ほか、安産、婚活セミナーの講師を行う。最新の栄養学を生かした、子供のための料理レシピも好評。

安田 光絵さんの記事一覧 →