子育てママのお悩み解決メディア
夫とのケンカやゴタゴタを乗り越えて、気づいたこと【SHIHOさんインタビュー・前編】

連載:キレイなママでいるために 働くママのLOVE & BEAUTY 夫とのケンカやゴタゴタを乗り越えて、気づいたこと【SHIHOさんインタビュー・前編】

夫婦はもともと他人。だから、コミュニケーションを取ることが重要

安田 ご主人とは今でも仲良しですか?

SHIHO
じつは、子どもが2~3歳のころに、私も育児疲れでイライラしていたせいか、ケンカが増えたんです。でも、そのときに爆発したおかげか、今は平穏(笑)。その時は、「私たち、大丈夫!?」って思ってたけど、その経験があったから、今はお互い家族を優先して考えるようになって、いい関係です。

安田 ときにはケンカすることも必要ですよね。夫婦ふたりで出かけたりはしますか?

SHIHO 子どもがお友達の家にお泊まりにいくことがあるので、そういうときに食事に行ったりします。最近だと、3ヶ月前かな。頻繁に行くのはムリだけど、たまに2人きりになると、付き合っていた頃の気持ちを思い出す機会になるので、こういう時間もできるだけ作らなくちゃ、と思います。

安田 素敵ですね。フランスだと、シッターさんに預けて夫婦2人で出かけるのは当たり前みたいですが、日本だとまだまだ敷居が高いですよね。仲良しでいるためには、大事なことかもしれません。

SHIHO 子どもは血がつながっているけれど、夫婦はもともと他人なので、意識して思い合ったりリスペクトしないとダメなんだと最近感じます。それから、仕事していると、なんでも自分で決めてしまいがちだけど、ときには意識して、主人に頼ることも必要かなって。

安田 分かります。うちも、子どもの習い事から家電の購入など、何も相談しないで私が一家の大黒柱みたいに勝手に決めてる…。反省です。

SHIHO 友達には色々話すのに、気づいたら主人とは話してなかった、みたいなことってやっぱりある。子どもが生まれてからラブラブ感が無くなった、という人は多いと思うけれど、愛情は、2人で育てていくもの。これも、ケンカやゴタゴタがあって、今になって気づいたものなんですけどね。

安田
 私も、ちゃんとダンナさんと話すようにしようと思います! 紆余曲折を経て、夫婦の絆ができていくのかもしれませんね。

インタビューは後半に続きます。次回は、SHIHOさんが新刊で紹介している、美と健康を保つ秘訣などを伺いますのでお楽しみに!

SHIHOさん直伝。時短でおしゃれに見えるメイク術【SHIHOさんインタビュー・後編】

SHIHOさんの新刊。40歳になったいま、美と健康のためにSHIHOさんが続けていることを紹介しています。『SELFCARE セルフケア 今すぐ始められる40のアンチエイジング法』(SHIHO・著 幻冬舎)
安田 光絵

安田 光絵美容・恋愛ライター

マタニティプランナー。 日本大学芸術学部映画学科卒業。大学在学中に学生ライターを始め、卒業と同時にフリーに。25歳〜27歳まで上海に留学し、中国茶や薬膳、東洋美容を学ぶ。31歳で結婚、32歳で長男、34歳で次男を出産。産後は、雑誌やウェブ、書籍での執筆活動ほか、安産、婚活セミナーの講師を行う。最新の栄養学を生かした、子供のための料理レシピも好評。

安田 光絵さんの記事一覧 →