働くママのウェブマガジン

Column キレイなママでいるために

働くママのLOVE & BEAUTYバレなければ浮気はアリ!? セクシー男優しみけんさんに聞く、夫婦生活の秘訣【しみけんさんインタビュー・前編】

2017.10.31

2人の男の子ママで、美容・恋愛ライターの安田光絵さんによる連載。日々の取材のなかで出会った、ママにおすすめの美容ネタや、忙しい毎日のなかで実践している美と健康、そして夫婦仲良く、の秘訣を綴ります!

しみけんさんスペシャルインタビュー Vol.1
女性は自分を成長させてくれる存在

みなさん、しみけんさんをご存知でしょうか。

日本で今、トップの人気を誇るセクシー男優であり、テレビや書籍の執筆でも大活躍されています。

そんなしみけんさんと、先日お食事をご一緒させて頂く機会がありお話をしてみたら、ものすごく知識が豊富で面白い! 

特に恋愛や男女関係について独自の視点を持ち、それが通常では考えられない数の女性と心身ともに接した経験からの意見なので、かなり参考になるのです。

これは、Hanakoママ世代が持つ、もやもやとした悩みを解決するヒントになるかも! と早速対談取材を依頼。快くお引き受けいただき、「大人の恋愛アドバイザー」としてイロイロと語っていただきました。

母であり、女としての生き方に、新たな希望の光が差し込んでくるはずです。

IMG_9470

安田 まず、女性経験約1万人というしみけんさんにとって、女性とはどんな存在かお聞きしたいです。

しみけん 女性は僕にとって「いろんなことを教えてくれる人生の先生」です。僕が人として成長を感じるのは、だいたいが失恋をしたときなんです。別れたときに「何がいけなかったか」を考えていくと、もっと相手の気持ちを考えるべきだったと自己中心的だった自分に気付かされます。また、自分の人生の主人公が、自分ではなく周りのみんなであるべきなんだなと教わりました。

安田 確かに、失恋は辛い分、自分を成長させてくれる気がします。「失恋した、悲しい」で終わらせるのではなく、その原因を追求して反省することが大事ですね。

しみけん 僕は1度結婚して離婚しているのですが、結婚生活において奥さんにいろんなことを勝手に期待していたんです。帰宅して掃除をしていなかったり食器を洗っていなかったりすると「えっ、なんで?」と思ったり。でも、別れてから考えてみるとそれは「やってくれるだろう」と、勝手に相手に期待していたんですね。期待すると、裏切られた時にそれが怒りになる。だったら、家事も気づいた方がやればいい。「信用はするけど、期待はしない」という意識に変わったんです。

安田 期待しちゃいけないと思いながら、「なんでやってくれないの?」って、ついイライラしちゃいますね。ほら、最近イクメンも多いじゃないですか。子どもの送り迎えしてお風呂掃除、ゴミ出しして週末は子ども連れて公園で遊んできてくれる。うちは、夫が亭主関白なのと仕事が忙しくて家事は全くノータッチなので、そういうダンナさんが羨ましくて…。

しみけん 人は人。うちはうち。比べたらキリがないので、人と比べないことです。まず、自分のパートナーの生き方を理解し、尊重することが大切です。

安田 そうですね。私はつい人と比べがちなのでそこは反省点の一つです。

バレなければ、浮気もアリ?

安田 それにしても、夫婦になって、とくに子どもが生まれると恋愛関係ではなくなってしまうのはなぜでしょう。

しみけん 有名な話ではありますが、同じ相手と一緒にいたら、2年ほどで快感ホルモンであるドーパミンなどが出なくなるので、恋愛の頃のドキドキがなくなるのは当たり前のこと。とくに、男は種をバラまくという本能がDNAに組み込まれているので、ずっと同じ相手といることの方が不自然なんです。なので、恋愛と結婚、体の繋がりは切り離して考えるべきなんです。

安田 とはいえ結婚してしまったし、基本的には同じ人と一生添い遂げることになっていますよね。

しみけん 結婚制度はここ120年くらいの浅い歴史しかありません。そもそもなぜ結婚するかというと、単に、その方が子どもを成人するまで育てやすいからという理由です。でも、種をバラまくDNAは約20万年かけて、人類が絶滅しないように組み込まれたもの。20万年VS120年ですよ!

安田 そう考えると確かに不自然ではあります。ということは、浮気も必然のような気がしてしまいますが…。

しみけん DNAをバラまくと言っても、人には理性があるので必ずしも浮気するとは限りませんけどね(笑)。ただ、相手も自分も、一人の人とだけ、というのが自然というわけではないです。今のパートナーと関係が落ち着いた後で、別の相手の体を求めるのは仕方のないこと。逆に、一人の人とずっとできる方が変態です。僕は、男女ともに絶対にバレなければ浮気もアリだと思います。隠し通す覚悟があれば、の話ですが。

安田 特に女性は気持ちまで、相手に寄り添ってしまいがちですね。やはり、浮気はかなりハードルが高いのが事実。理想は、今のパートナーと仲良くい続けることですが、実際、夜の夫婦生活もなくて、という悩みは多いです。

しみけん その相談はよく受けますが、アドバイスして改善したのは約500組中4組ですね。その4組が成功した共通点は、とことん二人で話し合うことでした。それも、怒りながら話すのではなく「悲しい」「寂しい」など、怒りを抑えて話すことが秘訣です。

安田 何事に関しても、怒らず相手に気持ちを伝えることが話し合いでは重要ですね。

しみけん 夫婦関係がない人は、だいたい喧嘩の仕方に原因があったりします。怒る喧嘩をするカップルは体の繋がりがなくなりやすいですね。

安田 一人の人とずっとできる人の方が変態と聞くと、夫婦関係がなくても安心な気にもなりますけどね(笑)。

しみけん とにかく見直すべきところは世間体を気にしたり、人と比べだすこと。僕も、長く一緒にいる女性とは夜の生活は疎遠になることが多いですが、それでも心と心が繋がっていればいいのではないのでしょうか。夫婦関係は、必ずしも体の関係が全てではないので。

安田 勇気が出るお話、ありがとうございます! 次は、女性の美への考えをお聞きしたいと思います。

【後編に続く】

shimiken2

しみけん

大人の恋愛アドバイザー。セクシー男優。1979年、千葉県生まれ。男優歴19年。出演作品9000本以上。日本のAV業界におけるトップ男優で、海外でも高い注目を浴びている。趣味はクイズ、読書、ブレイクダンス、ドライブ、筋トレなど。複数の雑誌で連載を持ち、テレビ出演などマルチに活躍。著書に、「光り輝くクズでありたい」(扶桑社BOOKS)など。

安田 光絵(やすだ・みつえ)

美容・恋愛ライター。マタニティプランナー。 日本大学芸術学部映画学科卒業。大学在学中に学生ライターを始め、卒業と同時にフリーに。25歳〜27歳まで上海に留学し、中国茶や薬膳、東洋美容を学ぶ。31歳で結婚、32歳で長男、34歳で次男を出産。産後は、雑誌やウェブ、書籍での執筆活動ほか、安産、婚活セミナーの講師を行う。最新の栄養学を生かした、子供のための料理レシピも好評。


こちらも読んで!
母、妻としての顔を持つ、世界的プリンシパルの生き方【中村祥子さんインタビュー・前編】
産後の体型は?肌トラブルは? 世界的プリンシパルの美の秘訣【中村祥子さんインタビュー・後編】
「これってプレ更年期?」婦人科の先生に聞く、不調の原因

「働くママのLOVE & BEAUTY」これまでの連載一覧