働くママのウェブマガジン

Column キレイなママでいるために

働くママのLOVE & BEAUTY正しく塗れてる? 美容ライター厳選! 2018年版日焼け止め5選

2018.05.09

2人の男の子ママで、美容・恋愛ライターの安田光絵さんによる連載。日々の取材のなかで出会った、ママにおすすめの美容ネタや、忙しい毎日のなかで実践している美と健康、そして夫婦仲良く、の秘訣を綴ります!

vol.37 紫外線からブルーライトまで、日焼け止めでしっかり対策を!

夏本番に向かって、日差しがどんどん強くなってきました。

紫外線は、乾燥、毛穴の開き、シミ、シワ、たるみ……、あらゆる肌老化の原因に。
最近では、UV-A、UV-Bの他に、肌の奥深くまで入り込む近赤外線やスマホやPCに含まれるブルーライトの影響も問題視されていて、日常的にそれらの光からディフェンスすることが、生涯の美肌を守るための秘訣になります。

そこで、大切なのがいかに日焼け止めを味方につけるか。つけ方やタイミングを間違ってしまっては、効力を発揮できないので注意が必要です。

まず、真皮まで届きシワの原因となるUV-Aは、窓ガラスもすり抜けて部屋に降り注いできます。
朝起きて顔を洗ったら、すぐに日焼け止めをつけることを習慣にしましょう。
また、窓のそばに長時間滞在しない、などの工夫も必要です。

最近では、近赤外線やブルーライトもカットする日焼け止めも多く発売されているので、デスクワークをする前にしっかりつけておくのも手。
そして、ぜひ徹底したいのが日焼け止めの塗り直し。
汗や皮脂で落ちてしまったら、日焼け止め本来の機能を発揮できなくなります。長時間、野外にいる場合は、面倒でも2、3時間おきに塗り直しましょう。
つける量も、意外と少ない人が多いので「ちょっとつけすぎかな?」と思うくらいがちょうどいいと思ってください。

ぜひ、白肌を守りながら楽しい夏を過ごしてくださいね!

紫外線を防ぎながら透明肌へ

IMG_1072

夏の大きな肌悩みのひとつがくすみ、シミ、ソバカス。つけている間に、配合のビタミンC誘導体が美白に働きかけてくれるのが、こちらの日焼け止め。スッキリ、さらりとした爽やかなテクスチャーで、重さを全く感じないのも心地よさのポイント。

ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス SPF50+・PA++++(医薬部外品) 50ml 3800円/ポーラ

https://www.pola.co.jp/brand/whitissimo/

近赤外線&ブルーライトもカット

IMG_1080

オーガニックの優しさはそのままに、紫外線だけでなく、肌に悪影響を与える近赤外線とブルーライトもカットする日焼け止め。保湿成分をたっぷり配合し、まるで乳液をつけた後のように肌がしっとり。メイクのノリも格段にアップします!

ナチュラグラッセ UVプロテクションベースSPF50+・PA++++ 30ml 3200円/ネイチャーズウェイ

https://www.naturaglace.jp/

海や山、長時間の外遊びに最適!

IMG_0938

私が旅行やプール、公園で長い時間遊ぶときに毎年愛用しているのが、アリィーの日焼け止め。汗や水に強いだけでなく、バッグや摩擦などの擦れに強い「フリクションプルーフ」処方。みずみずしいジェルタイプで、暑い気候でも快適に使えます。

アリィー エクストラUV ジェル SPF50+・PA++++ 90g 2100円 (編集部調べ)

http://www.kanebo-cosmetics.jp/allie/

虫が嫌いなハーブをブレンド

IMG_1071

食べ物由来成分を主原料にした、赤ちゃんでも使える日焼け止め。虫が苦手なハーブ、ユーカリ葉油やティーツリー葉油など独自のハーブをブレンドし、夏の外敵から肌を守ってくれる。すぐに伸びるテクスチャーで、子供もイヤがらずにつけてくれます。

スキンピースファミリー UVジェル SPF35・PA+++ 80g 880円/グラフィコ

http://www.skinpeace.jp

飲む日焼け止めで隙なくケア

IMG_1073

紫外線対策として、塗る日焼け止めと併用したいのが“飲む日焼け止め”。こちらは、強い日差しから守る植物由来の成分を配合。1日の始まりに1袋飲むことで、紫外線を24時間ガード。目や頭皮などの紫外線ケアにも!

UVディフェンス プロ 20袋入り 7200円/シンプリス

https://www.simplisse.jp

安田 光絵(やすだ・みつえ)

美容・恋愛ライター。マタニティプランナー。 日本大学芸術学部映画学科卒業。大学在学中に学生ライターを始め、卒業と同時にフリーに。25歳〜27歳まで上海に留学し、中国茶や薬膳、東洋美容を学ぶ。31歳で結婚、32歳で長男、34歳で次男を出産。産後は、雑誌やウェブ、書籍での執筆活動ほか、安産、婚活セミナーの講師を行う。最新の栄養学を生かした、子供のための料理レシピも好評。



こちらも読んで!
食べたらむしろキレイになる!? 罪悪感ゼロのチョコレート5選
もっちりしっとりフェイスに! 美容ライター厳選、今期のベストクリーム3選
食欲を抑えられない人に! 美容ライター愛用の冬太り解消アイテム4選

「働くママのLOVE & BEAUTY」これまでの連載一覧