働くママのウェブマガジン

Column キレイなママでいるために

働くママのLOVE & BEAUTYUV対策は塗るだけじゃない! この夏、注目したい”飲む日焼け止め”3選

2019.06.21

2人の男の子ママで、美容・恋愛ライターの安田光絵さんによる連載。日々の取材のなかで出会った、ママにおすすめの美容ネタや、忙しい毎日のなかで実践している美と健康、そして夫婦仲良く、の秘訣を綴ります!

vol.42 キレイなママでいるための必需品!今年の夏、注目したいUVケアサプリ3選

2年ほど前から日本で発売され、ここ最近、定着してきた日焼け止めサプリメント。
通称、“飲む日焼け止め”、“日傘サプリ”と呼ばれています。

これは、ハーブ抽出由来の成分やビタミンC、ルテイン、リコピンなどの抗酸化作用によって、日焼けによるダメージを防ぐというしくみ。
日焼け止めだと塗れる場所が限られてしまうし、子どもと過ごしてドタバタしていると、つい塗り方も適当になってしまう…。
その分サプリだと、全身に働きかけてくれるため、多少塗り残しがあっても安心
さらに、日焼け止めが塗れない、目や頭皮のUVケアを叶えてくれます

これ、本当に便利で私自身、発売と同時に愛用。紫外線が気になる5月から10月までの期間は毎日服用していますが、飲むのと飲まないのでは違うと実感しています。
日焼けしても赤くなりにくいし、夏が終わっても肌のくすみやシミが出来にくい気が。
周りでは、飲んでいると疲れにくくなったり、夏バテになりにくいと言う人もいました。
これは私の推測ですが、抗酸化作用のおかげで、疲労が軽減されているのだと思います。

紫外線が強い時期は、毎日飲むのが理想ですが、公園やプール、アウトドアなど長時間、日光に当たるときだけの使用でもOK。ただし、サプリだけに頼らず、日焼け止め、帽子、サングラスなど外からの紫外線対策の併用も忘れずに。

年々、成分の種類も増え、進化しているUVケアサプリですが、今年、私がオススメのものを3つご紹介します。
ぜひ活用して、日光を怖がらずに子どもと思いっきり外遊びしましょう!

メロン抽出成分配合。
水なしで飲めるのも便利!

通常のメロンと比べると3~4倍腐りにくく、約7倍の抗酸化作用をもつ、南フランスのヴォークルシアン種のメロン抽出成分を配合。さらに、美肌をつくるビタミン類やポリフェノールを含有するバラの花びらエキスほか、不足しがちな亜鉛やアンチエイジングを助けるセレンをプラス。水なしで飲めるチュアブルで、携帯にも便利。また、味もラムネみたいに美味しいので楽しく続けられるのも利点。

ドクターメロンR 60粒入り 12500円/ロマラン
https://drmelon-r.com/

1粒で24時間UVブロック!
医師が推奨するサプリ

グレープフルーツ由来のシトラス、ローズマリー由来のハーブなどの植物成分を、エビデンスに基づきブレンド。紫外線による活性酸素を除去し、日焼けによるシミ、そばかすを防止。さらに、ビタミンC、D、冷えを解消する葛花抽出物、肌を保湿するプロテオグリカンなどの美容成分が、日々のキレイをサポート。朝、1粒飲めば1日効果が持続するという点も、忙しいママにピッタリ! 

Uvlock 30カプセル 6500円/クロスクリニック銀座
https://www.cross-clinic.com/

UVから肌を守りつつ
透明感にもアプローチ

マヤの時代から使われていたと言われる、シダ抽出成分「ファーンブロック」が主成分。優れた紫外線防止効果、抗酸化作用で、強い日差しからプロテクトしてくれる。また、紫外線による炎症で色素沈着を起こしやすい日本人の肌に合わせて、美肌効果のあるハトムギエキスやビタミンB6、ビタミンB2を配合。12日分(1日2粒)からと少量の販売もあり、手軽に試せるのも嬉しい。

ヘリオホワイト 24粒入り 2400円/ロート製薬
https://jp.rohto.com/heliowhite/

安田 光絵(やすだ・みつえ)

美容・恋愛ライター。マタニティプランナー。 日本大学芸術学部映画学科卒業。大学在学中に学生ライターを始め、卒業と同時にフリーに。25歳〜27歳まで上海に留学し、中国茶や薬膳、東洋美容を学ぶ。31歳で結婚、32歳で長男、34歳で次男を出産。産後は、雑誌やウェブ、書籍での執筆活動ほか、安産、婚活セミナーの講師を行う。最新の栄養学を生かした、子供のための料理レシピも好評。


こちらも読んで!
あなたのケアはサロン派?自宅派? ピーリングケアで赤ちゃん肌に若返る!
冬の乾燥やストレス、アンチエイジング対策。サプリに頼るなら迷わずこれ!
夏の毛孔開き問題を解消するにはクレンジングの見直しから!

「働くママのLOVE & BEAUTY」これまでの連載一覧