子育てママのお悩み解決メディア
牧場内のレストランでハイジ気分のランチタイム
2016.07.05 by 津田 未典 津田 未典

連載:働くママの子育てブログ 関西子連れダイアリーvol.8 牧場内のレストランでハイジ気分のランチタイム

豊かな自然に癒される、住宅街に佇む小さな牧場

IMG_2185

梅雨のじめじめが続くなか、久しぶりにお天気の良かった週末。せっかくだし!と、息子の同級生家族を誘ってランチに出かけてきました。

向かった先は、神戸市北区にある弓削牧場。こちらは、六甲山の北側・標高400mのところにある小さな牧場。チーズ作りを主とした酪農を営んでいます。牧場内では、60頭の牛たちが24時間完全放牧でのんびりと暮らしています。

併設のチーズハウス(レストラン)は、自家製のチーズやミルク、摘みたてのハーブを使った様々な料理が楽しめると食通の間でも評判! 神戸の市街地から車で30分ほどとアクセスも良く、家族連れやハイキング帰りのグループなどが多数訪れる、神戸の隠れた人気スポットなのです。

IMG_2133
IMG_2129
IMG_2110
牧場内のレストラン「チーズハウス ヤルゴイ」

到着後、早速お目当てのレストラン「チーズハウス ヤルゴイ」へ♪

週末のランチタイムということもあり、店内もテラスの席もほぼ満席! 自家製ピッツァやベーグルサンドなど、たくさんのメニューがあって迷いましたが、今回は名物のホエーシチューのセット[ホエーシチューと牧場のひと皿 2、200円]をオーダーすることに。

IMG_2094
IMG_2105
ホエーシチューとは、チーズ作りでできるホエー(乳清)と、完熟カマンベールをじっくりと煮込み、仕上げにハーブで香り付けをした弓削牧場のオリジナルメニュー。スープのようなさらりとした食感で、カマンベールのコクとホエーのほのかな酸味が混ざり合った新鮮な味わい。大粒の野菜がたっぷり入っていて、食べごたえも満点です。息子にはパンをお裾分け。
IMG_2101
IMG_2102
セットのお肉料理は、自家製コールドビーフと地鶏のハーブ焼きのいずれかを選ぶことができます(欲張りな我が家は、ひとつずつ頼んでシェアしました)。どちらのお料理にも名物の生チーズフロマージュフレがたっぷりと添えられていました。お肉と絡めて食べると格別の美味しさ!
IMG_2106
甘いものは別腹!ということで、デザートも追加オーダー♪ フロマージュ・シフォンケーキ(右)は、たっぷりのフロマージュフレとホエーを入れて焼き上げているそう。しっとりなめらかな食感がたまりません! クレーム・ダンジュ(左)は、やさしい口溶けが癖になりそう。ベリーのソースとの相性も抜群。

食後は、みんなで牧場内を散策。食事中の牛を見たり、山羊に草をあげてみたり、シロツメクサを摘んだりと、初めての経験尽くしで子どもたちも存分に楽しめた様子。不定期で子ども向けのワークショップなども開催されているようですよ。

IMG_2171
IMG_2195
あたりは一面のシロツメクサ! お友達と一緒に摘んだり、歩き回ったり、初めて見る景色に大興奮でした。
IMG_2181
2350
牧場内には牛や山羊が。なでてみようと試みるも、怖くて完全に腰が引けている息子…。

木々や畑の緑にハーブの心地よい香り、小鳥のさえずり……。田舎を訪れたような豊かな風景に、心も体もリフレッシュ出来ました。季節ごとに訪れて、美しい自然と美味しいごはんを満喫したいな、と思いました。

弓削牧場(ゆげぼくじょう)
神戸市北区山田町下谷上西丸山5-2
Tel.078-581-3220 (受付9:00 ~18:00)
営業時間11:00~17:00(土日祝〜18:00、15:00〜カフェタイム)
水曜定休(1、2月は火水曜)
http://www.yugefarm.com/

津田 未典

津田 未典ライター

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →