子育てママのお悩み解決メディア
海を間近に望む公園で、子どもも一緒に楽しめる青空マーケット
2016.10.19 by 津田 未典 津田 未典

連載:働くママの子育てブログ 関西子連れダイアリーvol.10 海を間近に望む公園で、子どもも一緒に楽しめる青空マーケット

カフェ、スイーツ、雑貨、ワークショップ……。気になるお店がたくさん!

03

気持ちのよい秋晴れの日曜日、前々から気になっていたイベントが近くで開催されると聞いて、家族で遊びに行ってきました。

「EIN OPEN DEPARTMENT(アインオープンデパートメント)」は、神戸・栄町にある人気雑貨店『EIN SHOP』が主催する大型青空マーケットイベント。

今回で11回目を迎え、回数を重ねるごとに出店数も来場者数もぐんぐん増加中。生鮮食品や日常使いの雑貨など、「普段の暮らし」にスポットを当てたショップが集結すると、神戸っ子のみならず関西住まいのお洒落さんたち注目のイベントなんです。

09
14
今回の会場は西宮市にある鳴尾浜臨海公園。ゆったりとした芝生の会場、目の前に広がる海とパームヤシ……当日の暖かな気候も相まって、まるで海外のマーケットを訪れたような気分!

会場にはおしゃれな子供服やハンドメイド雑貨、フルーツや野菜などの生鮮食品、バリエーション豊かなフードキッチンカーなど、100以上のショップが並ぶ充実のラインナップ。

どのお店もディスプレイがおしゃれで、思わず目移りしてしまいます。
また、飲食やお買いものだけでなく体験型のワークショップがたくさん開催されているのがこのマーケットのうれしいところ。ピクルスやシロップを作ったり、コーヒーのハンドドリップのコツを学んだり、さらにぬり絵や泥団子作りといった子ども向けワークショップも多数開講されていました。これなら家族みんなで楽しめそうですね。

01
08
ワークショップだけでこんなにたくさん! 泥だんごワークショップのブースは子どもたちで常に満員状態でした。
05
07
おしゃれなキッチンカーのカフェやヌードルショップ、パン屋さんなど、20軒ほどのお店が出店していました。わたしはスパイスの香りに釣られてカレー専門店でチキンマサラを購入。美味しかった!
10
16
物販スペースでは、野菜と子どものおやつ用のドライフルーツを購入。イチゴやいちじく、キウイなど、バリエーションも豊富でした。
13
17
ミュージシャンによるライブ。芝生の広場だったので子どもも裸足であちこち駆け回っていました。自由に走れるって素晴らしい!

ごはんにお買いもの、芝生でゴロゴロ……と、一日中楽しめたこちらのイベント。
次回は11月下旬に神戸市西区の神戸ワイナリーで開催予定だそう(情報は下記参照)。秋の紅葉ドライブのついでに、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

EIN OPEN DEPARTMENT Vol.12
日付:2016年11/25(金)、26(土)、27(日)
時間:10:00〜16:00
場所:神戸ワイナリー(農業公園)
神戸市西区押部谷町高和1557-1
ショッピングチケット:400円 (前売り300円、中学生以下不要)
駐車場:無料
http://www.einshop.jp/special/einopendepartment/

津田 未典

津田 未典ライター

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →