子育てママのお悩み解決メディア

Column 働くママの子育てブログ

ママだから撮れる、子ども写真背景がキラキラと玉のように光る写真は、こう撮る!

2016.11.06

ただぼかすだけじゃつまらない。きらきら玉ぼけ写真のつくりかた

こんにちは。こどもたち3人の運動会が終わり、イベント写真もひと段落。

ふーっと周りを見渡せば、すっかり秋のいろどりがきれいな時期になってきました。カメラを持って、子どもと一緒にふらっとお散歩も楽しい季節ですね。

さてさて。お久しぶりのコラム。今までは、被写体(こども)メインのコラムを書いてきましたが、今回は、ちょっと趣向を変えて、「背景」を意識した写真の撮りかたをご紹介してみようと思います。

一眼レフで写真を撮ると、背景をきれいにぼかした写真を簡単に撮ることができて、ちょっと嬉しいですよね。

でも、ただぼかすだけじゃつまらない。

今までよりほんの少しだけ、設定とシチュエーションを選ぶだけで、魔法をかけたように、ふんわりきらきらの玉ぼけ(丸ぼけ)写真を撮ることができるのです。

たとえば、この写真。

dsc_2297_r

あるお天気の良い日に、少し離れたところからズームして、のんこを撮影したら、後ろにほんわりまるいひかりがたくさん出現♪

これが「玉ぼけ」です。

この玉ぼけは、偶然できるものではなく、4つのポイントを意識することで、自然に現れる、素敵な背景なのです。

今回から2回にわたって、この「玉ぼけ」の魔法をご紹介したいと思います。

津田 未典

津田 未典 (つだ・みのり)

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →
津田 未典さんの記事一覧 →