働くママのウェブマガジン

Column 働くママの子育てブログ

バタ子ママの“コーチング子育て”子ども自身に考えて行動してもらう「相談」の子育て

2016.12.21

vol.24 「相談」できるのは、子どもとの信頼関係があるからこそ!

3歳を目前に控え、日に日に語彙力が増している娘。
会話をするのが楽しくてしょうがないのですが、私はより、マザーズコーチングを意識しつつ、真摯な対応を心掛けています。

娘の成長とともに、強く意識していきたいポイントも変わっていくのだなぁと感じていますが、ベースのメソッドを意識しておくと応用が効くから、強い気持でいられます♪

最近以前よりも意識しているのが、
相談をたくさんすること』。
これって、簡単なようで、意外と難しい方も多いのでは!?
決しておしゃべりができる子にだけやれば良いものではないんですよ。

信頼関係が成り立っているからこそ可能なのが相談なんです。
それによって縦の関係ではなくて、“横の関係”になれるんですよね。
それはちゃーんと子供にも伝わるのか、相談されたときの娘は、少しハニカミながらにたーっと笑って、良い顔をするんです。

相談をしつつ楽しめることを・・・と思って最近積極的にしているのが、
お料理を一緒に作る機会を増やすこと!

色々危なくてひやひやすることばかりなんですが、食べ物のありがたさとか、作る工程に時間がかかること、そうして自分の目の前に出てきていることなどを、自然と学び取ってほしいなぁという意図もあり。

先日も、娘と二人で、オーガニックカフェで開催されていたお料理教室に飛び入りで参加してきました!
作りたい!と言ったのはもちろん娘。
(食べたかっただけかもしれませんが。。。笑)

米粉を使ったマフィンの上にほうれん草をまぶしたクリームを乗せたクリスマスツリー型のケーキ作りでした。
クリームを作るためにブレンダーを使って混ぜるシーンでのこと・・・

娘「やりたいよー」(しばらくやろうとしてみて)
「できないよぉ」(さじを投げようとする)
私「どうしたらできるようになるか一緒に考えてみよっか?」
娘「うん。こうかなぁ。こうなのかなぁ。・・・いやだー、できないー」
私「じゃあ、ボールの端っこを持ってみる?ママが先にやってみるね。」
娘「うん。(最初は仕方なさそうにボールを持つ)」
私「こうやってやれば混ざるんだねぇ。やってみる?」
娘「うん。こうかなぁ。こうかなぁ。」
私「一緒に考えながらやってみたらうまく混ざったね!」
娘「うん!(ニコッ)」

今回は成功したけれど、途中から「やらない!」と言われても、決して目くじらは立てません。
それも尊重すべき、娘の気持ち。
無理矢理させるのではなくて、やりたくなる方向に気持ちを持っていくのが、マザーズコーチング流なんです。

結果的にはこんな感じで完成~!!!

少々混ぜる時間が足りなくてゆるーくなってしまったけれど、そんなことよりも、自分で達成したことにより娘が自信を持ってくれたことが私にとっても嬉しかったです。

親がなんでも決めてしまうのではなくて、自分で考える機会を提供して、自分で決めた答えにより起こった事柄を受け入れていく。

そんなことも、日々の生活の中でひとつずつ感じ取ってくれたら嬉しいです。

大澤 美保(おおさわ・みほ)

親子で使えるオーガニックコスメのPR。AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー。育休中にマザーズコーチングの資格を取り、ティーチャーとして活動。ブログ「バタ子、ママになる」、Instagramアカウント:mihoosawaでも情報更新中。

ブログ「バタ子、ママになる」 instagram.com/mihoosawa/