子育てママのお悩み解決メディア
ひらがな学習のきっかけにも! ママもホロリのサンタさんへのお礼状
2016.01.12 by 津田 未典 津田 未典

連載:働くママの子育てブログ 育て! クリエイティビティ! ひらがな学習のきっかけにも! ママもホロリのサンタさんへのお礼状

vol.4 怒涛の年末を乗り切った親にもうれしい! 子どもからの手紙

DSC_9592

クリスマス会、そしてクリスマス当日のプレゼントの用意が終わって喜ぶ顔を見たと思ったら、もう年内あと何日? いろいろ積み残したまま帰省、そして年を越す。あぁ、今年も!
私が一年、心の中で最もつぶやいていた言葉は「あー間に合わない!」と、「あー間に合った!」でした。そしてもう新しい年が始まりました!

保育園に通う息子のキキは、クリスマスにたくさんのプレゼントをもらいます。うらやましいぞ! と思うぐらいたくさんです。普段おもちゃなどを買うことはほぼないので、お誕生日とクリスマスは結構豪華です。12月に入ってちょこちょことあげたいなーと思うものを、絵本、アメ、ペン、靴下、それぞれ小さいプレゼントにラッピングします。メインのほしいものは、日常のつぶやきに聞き耳を立てながら推測します。
プレゼントを考えるのが楽しいし、プレゼントしたいものをあげたいので、リクエストをかくサンタさんへの手紙制度はありません。

こまごましたものも、すべてツリーの下に結集
こまごましたものも、すべてツリーの下に結集

サンタさんへは年明けごろに手紙をかきます。サンタさんへお礼状です。クリスマスあとの冬休み期間、ひとしきりプレゼントを楽しんだら、かき始めます。

初めての時は「サンタさんにありがとうの手紙かこうね」と言って、サンタさんが喜んでくれそうなことを一緒に考えました。ちぎった紙を画用紙にたくさん貼り付けてできた!と言っていた年、解読不明のにょろにょろだった年も、なぜかゾウを描いていた年もありました。まぁ、それもよし。もう少し大きくなってからは、クリスマスにもらったものの絵(らしき絵)をかいたり、すこし文字に興味が出てきたときには、“サンタさんにもらった”ひらがなボードを使いました。

サンタさんからのプレゼントを使って
サンタさんからのプレゼントを使って

「ありがとう」の気持ちを伝えることから始める、ひらがなの練習

文字の練習、こんなスタートはどうでしょう?紙にお手本の文字を書いてあげるほうが簡単だけど、ボードを使うとちょっとゲームみたいで楽しい様子。まずは、たくさんある文字の中から、言いたい、伝えたい言葉の最初の文字を探します。無理すると飽きるので、最初は「あ」「り」「が」「と」「う」で十分。集めたら、「あ・り・が・と・う!」と声に出して言いながら並べます。最初はこれだけでも一生懸命で、おでこがしっとり! 頑張っているんですね。そしていよいよ、カードに書き写します。「ありがとう」。

「文字を探す」で1回、「文字を並べる」で2回、最後は「書き写す」で3回、平仮名を読み書きすることになります。サンタさんにお礼を言う、という目的があるので、ただの練習よりもやりがいがあるみたいです。

tuda

最近は、書きたい文章も少し書けるようになって、もらったプレゼントの中で、どれがうれしかったかを絵や文章に書いて、テーブルの上に置いています。夜、テーブルに置いて寝ると、朝には手紙がなくなっていて「さんたさんとりにきたんだねー」と納得している様子。
読んでみると、「え?アメが一番うれしかったのかい・・・」みたいな時もありますが、後日の感想を聞けるのは、いろいろ考えて準備して、当日寝落ちせずにプレゼントを並べた親のお楽しみ。なかなかうれしい手紙です!

津田 未典

津田 未典ライター

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →