子育てママのお悩み解決メディア
親子一緒に楽しめる、博物館の木工ワークショップ
2017.03.24 by 津田 未典 津田 未典

連載:働くママの子育てブログ 関西子連れダイアリーvol.15 親子一緒に楽しめる、博物館の木工ワークショップ

この連載は……
神戸生まれ・西宮暮らしのライター・下川あづ紗さんが2015年生まれの息子さんと一緒におでかけ。ママ目線で「これは使える!」という関西のおすすめ子連れスポットをご紹介します!

粘土に工作、大人向けの家具作りまで。豊富なプログラムに目移り必至!

「神戸の博物館で面白い子ども向けプログラムをやっているよ」との情報を聞きつけて、早速遊びに行ってきました。

00
001

今回訪れたのは神戸・新神戸にある「竹中大工道具館」。

日本で唯一の大工道具の博物館として1984年に神戸市中山手に開館。2014年10月、新神戸駅前の緑豊かな地にお引っ越ししました。 高さ7メートルを超える「唐招提寺金堂組物」の実物大模型や、数寄屋の繊細な仕事が見えるスケルトン茶室など、職人の技術が詰め込まれた特別な模型・展示品がずらり。実際に手に取れる道具などもあり、建築・DIY好きにはたまらない場所と言えそうです。

さらに「宮大工がいる博物館」といったユニークな点を活かし、木工室では子どもから大人まで楽しめるワークショッププログラムがたくさん用意されているとのこと。これは行くしかない!

08
09

息子が体験したのは地下2階の木工室で開催中の「ちょこっと木工」。こちらは、気軽に木工を楽しむためのプログラム。おはしやスプーン、えんぴつ立てなど、約10種類の工作キットの中から、好きなものを選んで作ることができます。2歳前の息子にできるものは…と選んで、今回はひのきねんど(材料費:200円)にチャレンジすることに。

01
12種類の木工キットを用意。幼児でも作れるのは「ひのきねんど」「こま」「六甲山の木のたまご」の3種類です。
02
ひのきねんどの材料はこちら。粉末状の粘土と水を混ぜると粘土生地が出来上がります。
03
04

完成した粘土をみんなでこねこね。さて、なにを作りましょう? 息子以上にお父さんが楽しそうです(笑)

05
06

粘土と組み合わせて使えるおがくずや松ぼっくり、ビーズ、型抜きなども用意されていました。型抜きなら小さな子どもでもできそうですね! 

07

20分ほどかけてなんとか3つ完成!(いびつなのはご愛敬)。ねずみの耳(松ぼっくりの破片)と目は、息子が一緒に付けてくれました。1週間ほどで完全に乾くそうです。

完成品を見て、息子もちょっぴり満足げ。私たちも童心に返って熱中してしまいました(笑)。

粘土を触るなんていつ以来でしょう? 久しぶりに触ると楽しいな、もっと作りたい!と、俄然やる気スイッチオンに。その足で文具店に走ったのでした。

こちらの木工室では、包丁研ぎや椅子作りなど、大人向けのプログラムもたくさん行っています。

個人的には、包丁研ぎと、板材を使った引き出し作りのレッスンが非常に気になっています。また来たいな!

※人気イベントのため、午前中早めの来館がおすすめ。平日開催の「水曜木工」もあります。
http://www.dougukan.jp/event/wed-mokkou

【竹中大工道具館】
住所:兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1
TEL:078-242-0216
開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、 年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上200円
駐車場:6台(普通車5台、障がい者用1台) 無料
http://dougukan.jp

ちょこっと木工
開催日:土日祝日10:00~12:00、13:00〜16:00の間の好きな時間(15:30最終受付)
参加費:100円~1,500円(キットごとに値段が異なる)
申し込み:不要(当日先着順)
※中学生以下の子どもは必ず保護者同伴。
※館内イベント等で開催しない日もあるので、事前にウェブで確認を。


これまでのお出かけはこちらから
海が目の前!のリゾートレストランでセレブ気分な子連れランチ【CORAL KITCHEN at cove】
カピバラもカンガルーも目の前に。全天候型テーマパーク【神戸どうぶつ王国】
週末が特におすすめ。大学構内の芝生広場【関西学院大学・西宮上ケ原キャンパス】
海を間近に望む公園で、子どもも一緒に楽しめる青空マーケット【EIN OPEN DEPARTMENT Vol.12】
昔ながらの遊園地もあり。パンダとコアラに会える動物園【王子動物園】
牧場内のレストランでハイジ気分のランチタイム【弓削牧場】
「神戸のおいしいもの」がずらりと並ぶ。ファーマーズマーケット【EAT LOCAL KOBE Farmers Market2016 春】
子どもOKのイタリアンでナポリピッツァ三昧【大衆イタリア食堂 アレグロ芦屋店】
大人も子どもも楽しめる“植物の楽園”【the Farm UNIVERSAL】
北欧家具が並ぶカフェで、憧れの子連れランチデビュー【北の椅子と】
ベビーと一緒にマンガカフェ!?【ママとbabyのマンガCafe タマんち】


「関西子連れダイアリー」連載一覧

津田 未典

津田 未典ライター

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →