子育てママのお悩み解決メディア

Column 働くママの子育てブログ

関西子連れダイアリーvol.16珍しい木のおもちゃがたくさん! 親子で楽しめるおもちゃ広場

2017.06.04

この連載は……
神戸生まれ・西宮暮らしのライター・下川あづ紗さんが2015年生まれの息子さんと一緒におでかけ。ママ目線で「これは使える!」という関西のおすすめ子連れスポットをご紹介します!

外国製の積み木に汽車、ボードゲーム……。多種多様のおもちゃに思わず目移り。

外国製の木のおもちゃで遊べる広場がオープンしたらしいとの情報をゲットし、さっそく息子とともにお邪魔しました。

昨年夏にオープンした「おもちゃひろば~Toys’ Campus~」は、夙川駅から徒歩2分ほどのマンションの1室にあります。建物は階段のみですが、1階にベビーカーを置くスペースがあり、鍵をかけて保管することができるようです。

IMG_7246

入店後、山のような、そして魅力的なおもちゃの数々に親子そろってお口あんぐり。電車セットに、おままごとセット、積み木に楽器、ピタゴラスイッチ風の装置……。

見たことのない、面白そうなおもちゃばかり!! 息子も目をキラキラさせながらおもちゃに駆け寄ります。

IMG_7182
取扱っているおもちゃの大半が外国製。北欧やドイツ、スイス製のものが中心で、日本で流通していないものもあるそう。

こちらのご主人は、大学で教育・研究関係の仕事に携わり、ご自身も一児のパパ。

子育て中に感じた「子どもも大人も、世代を超えて一緒に楽しめるような遊び場があればいいのに」との思いをカタチにするべく、「子どもと育ち総合研究所」でおもちゃコーディネーターの認定を受け、お店をオープンしたそう。

その思惑は大当たりで、連日珍しいおもちゃを求めて足を運ぶ親子が続出。なかには夢中になりすぎてパパのほうが帰りたがらない……なんてケースもあるようです(笑)

IMG_7164
お店の方に組んでもらったBRIOのレールセットで早速遊ぶ息子。夢中なのか、私の方など見向きもしません(笑)
IMG_7167
ピタゴラスイッチのようなおもちゃはドイツのクーゲルバーンというもの。積み木のように自由に組み立ててボー玉を転がして遊びます。息子はビー玉が木琴を鳴らすのが楽しかったようで、何度も何度も転がしていました。
IMG_7177
IMG_7213
木のパズルなど、知育系のおもちゃでも、楽しそうに遊んでいました。外国製のおもちゃは色やデザインも素敵です。
IMG_7176
IMG_7223
木のおもちゃのほか、ドイツやスイスのボードゲームも大充実。小さな子供が楽しめるシンプルなルールのものから大人向けの複雑なものまでバラエティ豊かです。夜に大人向けのボードゲーム大会なども開催しているそうですよ。

1時間だけぷらっと……のつもりが、あれもこれもと遊んでいるうちに、2時間経過。「まだまだ遊び足りないよ!」といった表情の息子に、さんざんぐずられ、お店を出るのに若干苦労しました(笑)。

不定期で音楽ライブやゲームのイベントを開催しているほか、グループでの貸し切りもOKだとか。友達グループで貸し切って、1日おもちゃ三昧なんていうのもいいかもしれませんね♪

【おもちゃひろば~Toys’ Campus~】
住所:兵庫県西宮市羽衣町6-4IB(アイビー)羽衣 201
TEL:0798-61-7723
営:10:00~18:00
定休日:月火木曜、祝日
料金:平日(金曜夜除く)1時間400円(3人目以降は300円)、2時間パック600円(3人目以降は500円)、延長料金30分150円〜、1日フリーパス1000円(3人目以降は800円) 土日祝(夏休み、冬休み、春休み、ゴールデンウィーク期間も含む)及び夜間(金曜)1時間500円(3人目以降は400円)、2時間パック800円(3人目以降は700円)延長料金30分200円〜、1にフリーパス1200円(3人目以降は1000円)

※0歳児は無料
※土日・祝日の16:00~17:30に来店すると平日料金で利用可能(フリーパスを除く)
※4歳以上の児童の一時お預かりも可能(以下の条件をみたす場合のみ)
★対象は4歳以上で、オムツ、トレーニングパンツを使用せず、自分でトイレに行くことができること。
★未就学の子どもの場合、一時お預かりでの利用は最大 2時間まで。
★小学低学年までの子どもが利用する際は、保護者の送り迎えが必要。
★一時お預かりの場合は、「2時間パック」と「フリーパス」は利用不可。

下川 あづ紗(しもかわ・あづさ)

フリーランスのライター・編集者。雑誌や書籍、ウェブを中心に、ファッション、インテリア、ライフスタイルなどに関する記事を執筆中。2015年4月に4キロ超の男児を出産、一児の母に。妊娠中に手芸にハマリ、最近は息子の子ども服&小物作りに没頭中。神戸生まれ・西宮暮らし。出没エリアは神戸&阪神間、京都など。


これまでのお出かけはこちらから
絵本専門士の社長が自らセレクト。大人も子どもも楽しめる絵本カフェ【絵本カフェMébaé】
親子一緒に楽しめる、博物館の木工ワークショップ【竹中大工道具館】
海が目の前!のリゾートレストランでセレブ気分な子連れランチ【CORAL KITCHEN at cove】
カピバラもカンガルーも目の前に。全天候型テーマパーク【神戸どうぶつ王国】
週末が特におすすめ。大学構内の芝生広場【関西学院大学・西宮上ケ原キャンパス】
海を間近に望む公園で、子どもも一緒に楽しめる青空マーケット【EIN OPEN DEPARTMENT Vol.12】
昔ながらの遊園地もあり。パンダとコアラに会える動物園【王子動物園】
牧場内のレストランでハイジ気分のランチタイム【弓削牧場】
「神戸のおいしいもの」がずらりと並ぶ。ファーマーズマーケット【EAT LOCAL KOBE Farmers Market2016 春】
子どもOKのイタリアンでナポリピッツァ三昧【大衆イタリア食堂 アレグロ芦屋店】
大人も子どもも楽しめる“植物の楽園”【the Farm UNIVERSAL】
北欧家具が並ぶカフェで、憧れの子連れランチデビュー【北の椅子と】
ベビーと一緒にマンガカフェ!?【ママとbabyのマンガCafe タマんち】


「関西子連れダイアリー」連載一覧

津田 未典

津田 未典 (つだ・みのり)

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →
津田 未典さんの記事一覧 →