子育てママのお悩み解決メディア
アイテムを使って、室内のシーンをキラキラ写真に

連載:働くママの子育てブログ ママだから撮れる、子ども写真 アイテムを使って、室内のシーンをキラキラ写真に

こんな感じで、レンズの前にアイテムをいれて。

DSC_4244_r

ピントをのんこにあわせると・・・?

DSC_4241_r

こんな風にきれいに玉ぼけになってくれました♪

手品みたいですよね。

次の光のフレアがはいったような写真も・・・。

webDSC_4311

たねあかしをすると、実はこんな風にアイテムをかぶせて撮ったものなのです。

webDSC_4319

アイテムを変えれば、いろいろ遊べる前ぼけ写真。

特別なソフトがなくても、簡単に、ふんわりぼけをいれることができますよ♪

webDSC_4988
こちらも「ほんのりなぼけ」の写真。レンズの前にベージュのペーパーぽんぽんを左手で持って、少しかぶせて撮っています。その場に転がっていたので使ってみました。笑。

みなさんもぜひ。いつもと違うこども写真、試してみて下さいね!

1_DSC_4048_r

こちらの記事も読んで!
1年でいちばん可愛く撮れる! 春のふんわり子ども写真。
むちむちにグーッと寄るべし! 赤ちゃんを可愛く撮るアイディア3
子どもたちの手作りケーキ。写真に残すポイントは?
背景がキラキラと玉のように光る写真は、こう撮る!
当日の流れに沿って解説! 運動会の撮影シミュレーション

津田 未典

津田 未典ライター

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →