働くママのウェブマガジン

Column 働くママの子育てブログ

夕日を浴びた、シルエット写真に挑戦!【ママだから撮れる、子ども写真】

2017.11.16

この連載は……
3・7・11歳の男の子・女の子・男の子3きょうだいの日常を、ママならではの視点で撮り続けている誉士太(よしだ)玲子さんによる、写真コラム。自然な表情の撮り方のポイントや、残しておきたい瞬間についてご紹介します。


木々の葉は赤や黄色に色づき、落ち葉もひらひらざくざくと。
会社を出る頃にはまわりはもう暗くて、ちょっと切なく感じる今日この頃です。

でも、この秋から冬の時期って空気がとても澄んでいて、空がきれいですよね。
特に晴れた日の夕方の空は本当にきれいに色づいて、思わず足を止めてぼーっと見てしまいます。

そんな夕日を背景に、普段とは違うこども写真を撮ってみませんか?

夕日を背景に撮影したときの特徴としては、「背景が明るく被写体が暗く写る」ことがあげられます。

DSC_8241__r

表情がはっきりとうつらず、残念に思うかもしれません。

それならいっそ、存分にきれいな夕焼け空とこどものコラボを楽しんじゃおってことで♪

今回は、思い切って、シルエット写真にチャレンジしてみましょう!

難しいことは何もなく。むしろ、ふんわり逆光写真を撮るよりも簡単かもしれません♪

条件は———–
1. 太陽の方向に向かって撮影する
2. 手動で露出をマイナスに調整
3. 被写体をにかぶる背景はなるべくいれない
——————

先ほどの写真は、1の条件である夕日をバックに撮影したものです。

でも、影にしたいこどもが十分に暗くならず、空が明るくなってしまいました。

では 、こどもをシルエットにするために、2の条件、露出をマイナス(暗め)に調整して撮影してみましょう。

DSC_8241_r

ほら。少しシルエット写真になってきました☆

空の色も落ち着きのある夕焼け空が現れてきました。

DSC_8240_r

もう一段階マイナスで撮るともっとドラマチックに。完全に空もきれいに色が出て、こどももしっかり影になりました♪

撮影時にうまく調整できなくても、PCやiphoneであとから簡単に調整することも可能です。

その場合は、それぞれの編集機能を使って、明るさを少しずつ暗くしてみること。

DSC_6888_r

↓↓↓
上の写真が、こんな印象的な色味のシルエット写真に!

DSC_6887_r

次男坊、左手が「ナイス☆」になってる。笑。

最後に。

3の条件は注意してくださいね。いろいろな被写体が重なってしまうと、どれが被写体かわからなくなってしまいます。

太陽以外にはなるべく細かい背景がない場所だとすっきりとシルエットの映える写真を撮ることができると思います。

それにしても。こどものシルエットってかわいいですよね。

DSC_6824_r

夕方、きれいな太陽の光がさす背景を見つけたら。ぜひ、シルエット写真にチャレンジしてみてください。

夕日はあっという間に沈んでしまうので、ここはこどもたちの気持ちをのせながら、さくっと。

もし影が少し明るくても、あとから編集すれば大丈夫。笑。

気楽にチャレンジしてみてくださいね!

誉士太 玲子(よしだ・れいこ)

3・7・11歳の兄・妹・次男坊の母。平日はフルタイム勤務。休日は「かぞくじかん」+「かめらじかん」。愛機はNikonD7000とPanasonicGH-1。「撮りに行く」よりも「今撮りたい」という瞬間を大切に。3兄弟の日常写真を中心に。インテリア、手作りお菓子の写真など。受賞&カメラ誌掲載経験多数。

こちらの記事も読んで!
え、そこで寝る!? 子どもたちの「眠気の限界」写真をご紹介!
1年でいちばん可愛く撮れる! 春のふんわり子ども写真。
むちむちにグーッと寄るべし! 赤ちゃんを可愛く撮るアイディア3
子どもたちの手作りケーキ。写真に残すポイントは?
背景がキラキラと玉のように光る写真は、こう撮る!
当日の流れに沿って解説! 運動会の撮影シミュレーション

「ママだから撮れる、子ども写真」連載一覧