働くママのウェブマガジン

Column 働くママの子育てブログ

バタ子ママの“コーチング子育て”エンドレスな「ママ、見て~!」「ママ、すごい~?」には、こんな声かけを

2017.12.22

育休中にマザーズコーチングの資格を取り、ティーチャーとして活動している大澤美保さんによる連載。子育ての日々のなかで、マザーズコーチングの視点から気づいたことや実践していることを綴ります。

vol.40 子どもはママに認めてほしい!「承認欲求」を満たすために

先日、親友の家で開かれた彼女の娘ちゃんのバースデーパーティーに行ってきました。

可愛くて仕方ない仲良しガールズ3人(娘3歳9ヶ月を筆頭に、3歳1ヶ月、2歳8ヶ月)で、家の中にプールを出して(水は入っていませんよ!)遊んだり……

IMG_8328

3人で一緒にろうそくを吹いてみたり……、微笑ましく和やかなシーンがたくさんありました!

最近「ねーママーママ―これ見て!」「これやったんだよ、すごいでしょ!?」など、承認欲求が止まることを知らない3歳9ヶ月の娘は、
「ママー、このプールにみんな入れてあげたんだよー」
「パパー、これ作ったの〇〇(自分の名前)なんだよ、見てー」
など、ことあるごとにアピールをしてきます。

家族3人でいれば、ひとりっ子だから注目されている時間が多いけれど、他の子どもたちもいるときだと自分を見てほしくて必死な場面も。

そんな、承認欲求MAXのときにもマザーズコーチングスイッチON!
「ママはちゃんとあなたのことを見ているよ」という姿勢を伝えてあげると、子どもの気持ちはぐんと満たされるんです。
そのために一番良いのが、マザーズコーチングで最も“承認”の証である、「相談」をしてみること。

私「ねーねー、ママ今喉乾いているんだけど、どうしたら良いかな?」
娘「うーん……、お茶くださいって、お願いしてみる?」

私「このおもちゃで遊びたいんだけど、どうやってやったら良いか一緒に考えない?」
娘「教えてあげるねー。こうやるんだよ。」

遊びの途中で挟むと、とっても効果的で、承認の気持ちが満たされるのか、「私を見て見て!」オーラがすっとなくなりますよ。
この日もいつものようにご機嫌になった娘。

案の定ご機嫌になった娘をはじめ、3人のガールズたちは最終的に、次々に「肩車してー」とパパにねだって騎馬戦開始!
……からの、肩車してもらいながら3人で「ぎゅーっ!」とハグ。

IMG_8297

3人とも機嫌が良い奇跡的な時間は、パワーが何倍にもなって何を始めるか分からなくていつも笑いの渦。

「同じことをやってキャッキャ言うのが楽しいのよね」と目を細めるママたちでした。

prof-osawa-miho1

大澤 美保(おおさわ・みほ)

オーガニック、ビューティー分野のフリーランスPR。AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー。育休中にマザーズコーチングの資格を取り、ティーチャーとして活動。ブログ「バタ子、ママになる」、Instagramアカウント:mihoosawaでも情報更新中。 ブログ「バタ子、ママになる」 instagram.com/mihoosawa/


こちらの記事も読んで!
子どもの成長を実感! マザーズコーチングの成果
子どもが「自分とは違うもの、人、考え」を学ぶチャンスは身近なところに
忙しいときの「ママ、遊んで!」、どう応えたらいい?
子どもとスキンシップを取る、簡単で大切な方法
子ども自身に考えて行動してもらう「相談」の子育て
子どもに「ちゃんと聞いてるよ」と伝わる返事のしかた

バタ子ママの“コーチング子育て”これまでの連載一覧