働くママのウェブマガジン

Column 働くママの子育てブログ

バタ子ママの“コーチング子育て”子どもを親のペースにうまく巻き込む、声掛けのヒントとは?

2018.04.02

育休中にマザーズコーチングの資格を取り、ティーチャーとして活動している大澤美保さんによる連載。子育ての日々のなかで、マザーズコーチングの視点から気づいたことや実践していることを綴ります。

vol.43 子どものペースを見守りたいけど……そうもいかないときには

外遊びが楽しい季節になってきましたね。

冬でもお構いなしに外で遊ぶ娘ですが、
春に近づくにつれ、水を得た魚のような様子に私もウキウキ。

先日、神奈川県の三浦海岸近くにお友達ファミリーと遊びに行きました。

4歳児たちは無邪気そのもの。
菜の花畑の横や海辺でこんなに微笑ましいシーンを見たと思えば・・・

IMG_1759
IMG_1767

ひとりでいたいときもあるお年頃。

IMG_1764

こんなとき、
「●●くんと一緒に遊んだら~???」
と声を掛けているようなシーン、よく見かけませんか。

でも、よく考えてみてください!
“一緒に遊びに来ているんだから、ふたりのこどもは一緒に遊ばなきゃ”
と思うのは、完全に親の思い込みです。

無理強いすることは全く必要ないんですね。
そのときどきでこどもたちと向き合って、
なるべく本人たちの意向を尊重しながらたまにはサポートする。

とはいえ、どうしてもふたりで遊んでもらいたい環境なら
(目が届かない、大人の人数が足りないなど……)
声掛けの仕方も工夫します。

例えば……
「あ、ここにきれいなお花が咲いているよー。」(あくまでも、私が見ている、というスタンス)
「さっきやりたいって言っていた“だるまさんが転んだ”を一緒にやる人この指止まれー!?」
「海まで誰が一番早く着くか競争やりたいなぁ」(大声で呟いてみる)

興味が持てるような会話の糸口を作ることで、『自然と一緒に遊んでいる』状態を目指します。

親の都合によって振り回すのではなく、娘を“ひとりの人間”として対等に向き合い、
日々掛ける言葉にもさらに気を配ろうと思っている、2018年春です。

大澤 美保(おおさわ・みほ)

オーガニック、ビューティー分野のフリーランスPR。AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー。育休中にマザーズコーチングの資格を取り、ティーチャーとして活動。ブログ「バタ子、ママになる」、Instagramアカウント:mihoosawaでも情報更新中。 ブログ「バタ子、ママになる」 instagram.com/mihoosawa/


こちらの記事も読んで!
頑張っている子どもへの声掛けは「よく頑張ったね!」ではなく……?
「お友達と仲良くしてね」の声掛け、実はNG!?
エンドレスな「ママ、見て~!」「ママ、すごい~?」には、こんな声かけを
子どもの成長を実感! マザーズコーチングの成果
子どもが「自分とは違うもの、人、考え」を学ぶチャンスは身近なところに
忙しいときの「ママ、遊んで!」、どう応えたらいい?

バタ子ママの“コーチング子育て”これまでの連載一覧