子育てママのお悩み解決メディア

Column 働くママの子育てブログ

関西子連れダイアリーvol.5遊んで、食べて、買って……。 大人も子どもも楽しめる“植物の楽園”へ。

2016.04.07

たっぷりの自然と触れあえる、大バコ植物店

昨年4月に誕生した「the Farm UNIVERSAL」は、“全ての人が楽しめる植物の楽園”をテーマに掲げる関西最大級のガーデンセンター。3500坪(!)もの広大なスペースに植物園、カフェ、グリーンやガーデニンググッズなどを扱うショップが集まり、ガーデニングに興味がある人はもちろん、雑貨やインテリア、DIY好きにとってもたまらない空間になっています。

早速、お店を覗いてみましょう。「the Farm UNIVERSAL」は、「おはなのもり」「おにわのみどり」「かんようしょくぶつのもり」など、植物のジャンル別にエリアが分けられています。
 

IMG_0210
季節の草花がずらりとそろう「おはなのもり」エリア。
IMG_0214
ガーデニング初心者でも育てやすい多肉植物も、種類豊富にスタンバイ。グリーンと組み合わせたくなるちょっぴり無骨なルックスの雑貨もそろいます。

インテリア&雑貨好きにおすすめしたいのが、ショップエリア「くらしのもり」。じょうろなどのツールからギフトにもぴったりの本や雑貨まで、ガーデニングにまつわるあらゆるアイテムがそろい、植物との暮らしを提案してくれます。例えば、ポットならカラフルなプラスチック製のものから、素焼きの陶器、ガラスまで素材も色も多彩なバリエーションでお目見え。インテリアに取り入れたくなるグッドデザインぞろいなのも魅力的!

IMG_0202
じょうろだけでもこのラインナップ! どれにしようか迷ってしまいます。
じょうろだけでもこのラインナップ! どれにしようか迷ってしまいます。

ちなみに、こちらの母体は、植物のレンタルをメインに、造園やブライダルまで幅広く手がける大手造園会社「ユニバーサル園芸社」。ディレクターは関東で多くのショップのグリーンのディレクションやスタイリングを手がける「SOLSO」の齊藤 太一さん、お店のロゴは「graf」が担当していているそう。なるほど、どこを切り取ってもおしゃれなワケです!

ランチは併設のカフェ「FARMAR’S KITCHEN」で。こちらも、たっぷりのグリーンに囲まれた心地の良い空間。窯焼きのピッツァや有機野菜をふんだんに使ったサラダ、パスタなどが楽しめます。(訪れた日は連休中と言うこともあり、ピッツァは60分待ち(泣)。次回こそはぜひ食べたい!)

この日は本日のパスタ(¥1、180+TAX。プラス¥300+TAXでミニサラダ、ドリンク付き)をオーダーしました。
この日は本日のパスタ(¥1、180+TAX。プラス¥300+TAXでミニサラダ、ドリンク付き)をオーダーしました。
カフェには子ども用の椅子も用意されていました。息子、スプーンを片手に食べる黄満々です。(※キッズ専用メニューなどは特にありません)
カフェには子ども用の椅子も用意されていました。息子、スプーンを片手に食べる黄満々です。(※キッズ専用メニューなどは特にありません)

カフェの外には子ども向けの遊具や砂場などを配した「あそびば」が。食事をしながら子どもたちが遊ぶ様子を眺められるように配置されているそう。

たくさんの親子連れで賑わっていた「あそびば」。水遊びが出来るプールもありました。
たくさんの親子連れで賑わっていた「あそびば」。水遊びが出来るプールもありました。

このほかにも、ツリーハウスクリエイターの小林崇氏が手がけたツリーハウスや植物園があったりと、見どころ満載。様々なイベントやワークショップも随時開催されるなど、子どもも大人も一日中楽しめる“植物のテーマパーク”のような「the Farm UNIVERSAL」。気軽に自然と触れあえる、親子にうれしいスポットです。

the Farm UNIVAERSAL(ザ・ファーム・ユニバーサル)
住所:大阪府茨木市佐保193-2
電話:072-649-5339
営業時間:10:00~18:00 休:不定休
http://the-farm.jp

FARMER’S KITCHEN(ファーマーズキッチン)
電話:072-649-1001
営業時間:10:00-18:00  休:水曜日
http://the-farm.jp/kitchen/

下川 あづ紗(しもかわ・あづさ)

フリーランスのライター・編集者。雑誌や書籍、ウェブを中心に、ファッション、インテリア、ライフスタイルなどに関する記事を執筆中。2015年4月に4キロ超の男児を出産、一児の母に。妊娠中に手芸にハマリ、最近は息子の子ども服&小物作りに没頭中。神戸生まれ・西宮暮らし。出没エリアは神戸&阪神間、京都など。

津田 未典

津田 未典 (つだ・みのり)

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →
津田 未典さんの記事一覧 →