働くママのウェブマガジン

Column 働くママの子育てブログ

ハナコママ読者イベントREPORT読者ママ&福田萌さんが、はるつゆの除菌について学んだこととは!?

2016.04.05

春こそ除菌スイッチをONにしよう!

日本各地で桜が満開になり、まさに春爛漫となった4月3日(日曜日)。カビキラーアルコール除菌食卓用×ハナコママによる読者イベントが開催されました。ゲストは、21人の読者ママとタレントの福田萌さん。まずは、微生微生物研究センター長・李憲俊先生による「はるつゆ除菌ゼミ」からスタートです。

李憲俊先生と福田萌さんが登壇。除菌についてのお話を伺います。
李憲俊先生と福田萌さんが登壇。除菌についてのお話を伺います。

風邪を予防したい冬、食べ物が腐りやすい夏。それにくらべて春から梅雨にかけての「はるつゆ」時期は、どうしても除菌意識が下がってしまいます。けれども「菌は、条件さえ合えば1年中繁殖しているんですよ」と李先生。特に小さな子どもがいる家庭は、エアコンなどを使って1年中室温を一定に保つ傾向にあり、春でも夏でも菌の繁殖が変わらないことをパネルを使って説明してくださいました。

「はるつゆは盲点でした」と福田さん。
「はるつゆは盲点でした」と福田さん。

さらに台ふきんについてもこわ~いお話が! 「ふきんは水分を長時間残しやすく、菌の温床になりがち。ちょっと臭いかな、と思う頃には、実はすでに菌が大繁殖しているんです。そんな菌だらけの台ふきんで食卓を拭いても、ただ菌を広げているだけなんですよ」。さらに、「食べこぼしを口にしてしまう子どもが経口摂取してしまうこともあります」との先生の言葉に、読者ママ&福田萌さんに衝撃が走ります! 

最後に李先生が「はるつゆ除菌」の秘訣を4つ教えてくれました。
1食卓まで忘れずに
2アルコール除菌
3こまめに除菌
4除菌意識を常に持つ。
特にこの季節、しっかりと肝に銘じておきたいですね。

本間朝子先生が、カンタン除菌テクを伝授!

続いて、知的家事プロデューサーの本間朝子先生が登場。キュートなエプロンがよくお似合いです。

知的家事プロデューサー・本間朝子先生。
知的家事プロデューサー・本間朝子先生。

福田萌さんが「真似したい~」と何度も口にするほど、今日から使いたい簡単除菌テクをたっぷり紹介してもらいました。特に、キッチンペーパーを9等分したものを常備、電子レンジや冷蔵庫を開けるたびに、1枚手にしてアルコールをワンプッシュ、取っ手を拭きながら開ける、という、日常の何気ない動きに除菌を取り入れたワザには、キッチンペーパーを9等分する実演もあり(手でタテに3等分に切り、3枚重ねて3等分してはさみで切るだけ、わずか5秒!)、ママたちからも感嘆の声が上がりました。

子どもたちは、ボトルデコレーションに夢中!

そのころ子どもたちは、別室でボトルデコレーションのワークショップに参加。イラストレーター・宮川いずみ先生のもと、大きな目玉のシールや、色とりどりのモール、カラフルなテープを駆使して、カビキラーアルコール除菌食卓用をキュートに飾り付けます。

先生は、本誌でもおなじみのイラストレーター、宮川いずみさん。
先生は、本誌でもおなじみのイラストレーター、宮川いずみさん。
真剣です!
真剣です!
個性豊かなカビキラーアルコール除菌食卓用がずらり♪
個性豊かなカビキラーアルコール除菌食卓用がずらり♪ ※大人と一緒に行っています。※ラベルを剥がしてデコする場合は、製品の使用期間中必ず保管しておいてください。

最後は、「はるつゆ除菌ゼミ」を終えたママと合流、みんなでお片付けをして、カビキラーアルコール除菌食卓用でテーブルをキレイに除菌。おやつのマカロンをおいしくいただきました。
ママはためになるお勉強、キッズは楽しいワークショップ。親子で楽しめるハナコママの読者イベント、ぜひ次回もお楽しみに♪

とっても楽しかったね!
とっても楽しかったね!