子育てママのお悩み解決メディア
毎日のなにげないワンシーンにも、見逃したくない成長が
2019.05.11 by 津田 未典 津田 未典

連載:働くママの子育てブログ バタ子ママの“コーチング子育て” 毎日のなにげないワンシーンにも、見逃したくない成長が

育休中にマザーズコーチングの資格を取り、ティーチャーとして活動している大澤美保さんによる連載。子育ての日々のなかで、マザーズコーチングの視点から気づいたことや実践していることを綴ります。

vol.52 年上のお姉さんに、積極に話しかけていた娘

令和の新時代を迎えた大型連休、いかがお過ごしでしたか?
私は、日々の忙しさから解放されて
自然の中でゆったりとした時間を過ごすことができました。

「逗子海岸映画祭」に行ったときのこと。
私のお友達の家族と一緒だったので、海でも思う存分遊んで楽しそう。

①
②

今回最も驚いたのは、娘が、
会場にいた初対面の6歳年上のお姉さんに、自ら話しかけていたこと。
気が付いたときには、こんな感じで仲良く遊んでいました。
(遊んでもらっていた、が正しいですね!)

③

普段年下のお友達といることが多くて、必然的に”お世話役”になりがちな娘だけれど、
お姉さんからたくさんの刺激を受けて、一生懸命ついていっていました。

どんな会話をしているんだろう?と思って
よーく耳を澄ましてみると、
娘「こういう風に描くと線路みたいに見えるかなぁ?」
お姉さん「そうだね、描いてみたら?」
娘「わかったー!」
お姉さん「(描いたのを見て)上手だねー!すごいよ!よく描けたね。」

と、次から次に褒めてくれているではないですか。

そんななにげないやりとりを見て、
『褒める割合を増やして叱った内容の効果を上げる』
というマザーズコーチングの内容を思い出しました。

日常の喧騒の中で見逃してしまいそうなシーンも、
かけがえのない1シーン。
日々の生活の中で “マザーズコーチングのアンテナ” をさらに張って
娘と接していこう、とあらためて思い直したGWでした。

④


こちらの記事も読んで!
うさぎの気持ちになってみたら……?娘がとった「マザーズコーチング的な行動」とは
マザーズコーチングで大切な「多くの視点」をキッザニアで体感!
体験を通じて「自分以外の何か」の気持ちを考えてみよう

バタ子ママの“コーチング子育て”これまでの連載一覧

津田 未典

津田 未典ライター

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →