子育てママのお悩み解決メディア

Column 働くママの子育てブログ

関西子連れダイアリーvol.7「神戸のおいしいもの」がずらりと並ぶ。ファーマーズマーケット

2016.05.27

おいしくて楽しい! 神戸っ子の土曜の朝のお楽しみ

IMG_1469

いつもより少しだけ早起きをして、神戸・三宮で毎週土曜の朝に開催中のファーマーズマーケット「EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET2016」に家族で足を運びました。

昨年、神戸市が取り組む社会実験として春と秋に限定開催されたこちらのファーマーズマーケット。「地元神戸で採れた新鮮な野菜やフルーツが手に入る」と継続を望む声が殺到し、今年も開催が決定! 春から冬にかけて、全30回の開催を予定しているそうです。
マーケットでは、野菜をはじめ、卵にハーブ、はちみつ、豆腐、コーヒー、グラノーラ……など、様々なジャンルのお店が登場。生産者さんとの会話を楽しみながらお買い物ができるほか、地元の飲食店による朝ごはんも登場するのだそう。楽しみ!

IMG_1548
会場は各線三宮駅から徒歩10分ほどの所に東遊園地。街の中心地とは思えない、たっぷりの木々に囲まれた神戸っ子の憩いの公園です(冬の風物詩、ルミナリエのゴール地点としてもおなじみ)。

出店している農家やお店はその週によって異なるそう。この日は、野菜やハーブ、豆腐、蜂蜜、玉子、さらにフランス食材やインドのスパイスまで、バラエティに富んだ20数店のテントがずらりと並んでいました。

IMG_1471
IMG_1501
IMG_1473
会場には丁寧に育てられた野菜やハーブがずらり。生産者接客を行うため、栽培方法やおいしい食べ方など、様々なお話を聞くこともできるんです。この日は摘みたてのハーブやスナップエンドウを購入しました。(会場へはエコバッグの用意をお忘れなく)
IMG_1474
IMG_1541
子ども連れやワンちゃん連れのお客さんも多く見かけました。会場内にはテーブルや椅子も用意されているため、購入したコーヒーや朝ごはんをゆっくりと楽しむことが出来ます。
※会場にはゴミ箱がないので、食べたあとの食器類は「ごちそうさま!」の言葉と一緒にお店へお返しくださいね、とスタッフさん。
IMG_1516
淡路島で養鶏場を営む『北坂養鶏場』では、朝産んだばかりの玉子を購入。「ぜひ生で食べて下さいね」と言われたもみじたまごを早速卵かけごはんにしてみましたが、黄身の濃厚さにびっくり! ぜひリピート購入したい!

また、会場には「ELK文庫」なる、出店者がセレクトしたブックコーナーや、子供用のスペースもスタンバイ。おかげで長時間の滞在でしたが、息子も飽きずに楽しく過ごすことが出来たようです。

IMG_1525
バスケットの中には、出店中の農家さんが読んだ本や野菜やハーブの図鑑、レシピ本など様々な本が。
IMG_1529
子どもコーナーで遊ぶ息子。野菜のおもちゃと積み木がよほど楽しかったのか、30分ほどこの場から動きませんでした。「夏の開催時には小さなお子さんに涼んでもらえるような、小さな水遊びの場も作りたいと思っています」とスタッフさん。こちらも楽しみです。

野菜を買って、朝ごはんを食べて、子どもとたっぷり触れ合って。早起きしてよかったー!と思えるほど、見所満載だったファーマーズマーケット。購入した野菜をどう調理しようか、どのように食べてみようかと、あれあれこれ考えるのも楽しかったです。新鮮な食材を求めて、定期的に足を運びたいと思います。

【EAT LOCAL KOBE Farmers Market2016 春】
開催日:5/28、6/4、11、18。※夏は7/16~9/17、秋は10/8~12/24の毎週土曜を予定。
時間:9:00〜12:30(朝ごはんの提供は9:30〜)
場所:東遊園地(神戸市役所南側フラワーロード寄り公園スペース)
http://eatlocalkobe.org/
FB https://www.facebook.com/eatlocalkobe/
innstagram ID:eatlocalkobe
主催:ファーマーズマーケット運営委員会 (神戸市/一般社団法人 KOBE FARMERS MARKET)
※雨天時の開催日時や注意事項は公式サイトで確認を。

下川 あづ紗(しもかわ・あづさ)

フリーランスのライター・編集者。雑誌や書籍、ウェブを中心に、ファッション、インテリア、ライフスタイルなどに関する記事を執筆中。2015年4月に4キロ超の男児を出産、一児の母に。妊娠中に手芸にハマリ、最近は息子の子ども服&小物作りに没頭中。神戸生まれ・西宮暮らし。出没エリアは神戸&阪神間、京都など。

津田 未典

津田 未典 (つだ・みのり)

クラシエフーズ株式会社で知育菓子®「ねるねるねるね」などのマーケティングを担当。息子のキキは0歳からの保育園生活を経て小学生に。小さい頃から体験している数々のワークショップのおかげで、作ったり描いたり飛んだり跳ねたり・・・が大好き。しかしながら、もう終わるかもう終わるかと期待していたモジモジモジオは、小学生になっても継続中。nerune.jp

津田 未典さんの記事一覧 →
津田 未典さんの記事一覧 →