子育てママのお悩み解決メディア
シュタイナー学校で毎朝やるパルクールとその理由

連載:オーガニック子育て@ベルリン シュタイナー学校で毎朝やるパルクールとその理由

学校に通わなくなって早二ヶ月になるところです。今週で冬休みも終わり再び自宅学習の毎日が始まります。さて、いつになったら登校できるのやら、子供たちは首を長くしてまっています。

とはいえ、既に二ヶ月近く自宅で授業をやってきたので、私たち親もリズムができてきたところ。朝のお祈りや歌から始まって、メルヒェン(物語)の時間、エポックノートと呼ばれる独自の授業を書き留めるノートも随分うまってきました。けれどただ一つ、いつも学校でやることで自宅ではやっていないことがあったのです。それが「パルクール」と呼ばれる運動。

積み木や椅子などあるものを使い、平均台バランスや上り下りもコースにいれて。作る大人も意外と楽しい!

忍者の様に動き回るいわゆるパルクールとは違って、平均台などをつかって作ったアスレチックのようなものを教室の中に作って行います。息子の通うシュタイナー学校では低学年は毎朝教室に入ると、まずそこに作ってあるパルクールに取り組んでから授業がはじまるのです。なぜそんなことをするのかというと、今や学校に来る子供たちも乗り物移動が多く歩いてくる子が少なく、学校についた時にはまだ学びを始めるのに適した体になっていないという理由からだそう。そのため子供の感覚を目覚めさせるパルクールを行うのです。

さすがに自宅ではそれは指示されていなかったのですが、なかなか外に出る機会もなく、 運動することも少なくなってきたので我が家でも毎朝自宅授業を始める前にパルクールを作ってやってみることにしました。これがまた楽しい!

一本の紐をまっすぐ歩く。それだけも結構集中します。五歳の娘も一緒にやってます。

ポイントは平均台などを使って注意深く子供が動かねばならない箇所を作ること。大人も一緒にやってみるとわかるのですが、ただ動き回るだけとは違う「動き」がそこにはあります。小さい子供には長い紐を用意して、その上を綱渡りの様に歩かせると危なくなくていいですよ。この紐歩きもやってみると意外と難しいんです。

子供はそういう難しい動きって大好き。しかも自宅に篭りきりでちょっと退屈しているから尚更喜んで取り組みます。

紐の周りに積み木を立て、倒さない様に歩く。心を落ち着けて慎重に。コース作り夫が担当。実は夫、シュタイナー教員免許を持ってるのです。

このパルクール子供の感覚を目覚めさるといいましたが、平均台や紐歩きのような平衡感覚を使うことで子供の心に落ち着きをもたらす効果もあるんです。動いたあとなので気持ちもすっきり満足して学びに向かえるというのも自宅でやってみて確かにそうだな、と思いました。

おうちでパルクール、ロックダウンが終わっても悪天候で自宅から出れない時など、おうち遊びに新たにくわえてみるのもいいなと思っています。

日登美

日登美モデル

10代よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後4人の子供を授かり自身の子育てから学んだ、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなどを取り入れた自然な暮らしと子育てを提案した書籍を多数出版。食についてもクシマクロビオティックアドバイザー修了後よりマクロビオティック料理を教え始め、オーガニックな家庭料理を提案したレシピ本を出版する。2013年ドイツ人数学者と再婚しブラジルを経てドイツ、ベルリンに移住。ベルリンではドイツ発祥の自然療法である国際ヒルデガルト協会認定ホリスティック医療コース修了しヒルデガルドヘルスケアドバイザーを取得。現在はモデルとしてベルリンを中心にテレビコマーシャル、ファッション雑誌等、worldwideに活躍する傍ら、オーガニック、ナチュラル、ヘルシーをモットーに台所からの食と暮らしと子育てのWSなど行っている。三男三女6児の母でもある。 YouTube始めました!「日登美の子育てチャンネル」youtube.com/channel/ucll5hq2dppqlmclwk0w3ula

日登美さんの記事一覧 →