子育てママのお悩み解決メディア
ドイツの夏、屋外での過ごし方。

連載:オーガニック子育て@ベルリン ドイツの夏、屋外での過ごし方。

今年の夏は、一年ぶりに「フライバード」と呼ばれる屋外プールが解放されました。コロナで昨年は閉鎖された屋外プール。今年はテストなし、人数制限で時間わけ、事前オンラインチケット購入というシステムをとってですが、開いたことにはかわりない! 久しぶりの屋外をたっぷり楽しみました。

一年ぶりのプールにはしゃぐ子ども達。
親子連れに大人気の屋外プール。着替えも草原の上で適当にすませちゃえるカジュアルさ。
普段ならごった返すプールも人数制限ですきすき! 意外と快適かも。

屋外プールのいいところは、敷物をしいて、一日中草原の上でのんびりできるところ。お菓子やピクニックを準備して食べてはプールに入り、ひなたで温まり、また暑くなれば遊び、なんならカードゲームをしたり、読書をしたりしてのんびりします。

おやつに漫画は必須(笑)。あとは読み聞かせできる本なども。
オンラインチケット制、人数制限、時間制限の条件つきで営業。でも有難い!

今年は時間制限をしていたので、朝から晩までいることはできなかったのだけど、プールだけで遊ばなくていいのも親としては嬉しい。泳いだり、読んだり、食べたり、砂場なんかもあって、水着でだらだら過ごせるのがいいのです。しかもコンクリートでなく草の上だから気持ちいい。

泳いだり、食べたり。プールの水は冷たいからバスローブが欠かせません。

また、ドイツといえば湖。暑くなると大きな子どもたちは集って湖に出かけます。ベルリンにも行けるところがあるし、今回旅行で行った南ドイツもすごくよかった。

大きな湖公園では、湖にかもや白鳥などたくさんの鳥が住んでいて、一緒に鴨たちと泳いだりしました。魚もいっぱいいるし、生きている水の中で遊ぶのもプールとは違う良さがあります。

湖では鴨と遊びながら泳ぐ。
たくさんの人が日なが一日過ごす湖の浜辺。大きな公園になっている所からワイルドな所まで様々。

こちらでも同じく、一日中だらだらと食べ物と本やゲームを持って水遊びだけでなく陸でものんびり過ごせるものを用意していくのがこつ。一日遊んでるのに子どもってすごく元気でこちらが参っちゃうくらい遊び倒したこの夏休み。

気がつけば早くも夏休みが終わり、新学期。あっという間です。

日登美

日登美モデル

10代よりファッションモデルとして活躍。自身の子育てを通し、シュタイナー教育やマクロビオティックなどを取り入れた、自然な暮らしと子育てを提案した書籍や、オーガニックな家庭料理を提案したレシピ本を多数出版。現在ドイツ、ベルリン在住。三男三女6児の母。モデルとしてworldwideに活躍する傍ら、食と暮らしと子育てのWSなどを行っている。Instagram、YouTube「日登美の子育てチャンネル」等SNSからの発信に加え、「台所から子育て、暮らしを豊かに」をコンセプトにしたコミュニティMitte(ミッテ)を発足。命を育む・食などをテーマとした オンライン講座を開講。mit-te.com

日登美さんの記事一覧 →