子育てママのお悩み解決メディア
ドイツの誕生日会おすすめのアクティビティ

連載:オーガニック子育て@ベルリン ドイツの誕生日会おすすめのアクティビティ

ドイツではお誕生日にたくさん友達を呼んで、お祝いをします。誕生日の数週間前から工夫を凝らした招待状をもらってお呼ばれします。お誕生日おめでとう! と誕生日前に言ったり、プレゼントを事前にあげるのは縁起が良くないと言うことで避けるそう。日本にはない習慣なので気をつけています。

工夫をこらした手作り招待状がかわいくて集めちゃう。

大体パーティーでは、いろいろなアクティビティを親が考えて用意しています。今すごく流行っているのはメキシコから来た「ピニャータ」。

友達の誕生日会にてピニャータ。
ブラジル在住時にもピニャータを。この家族はくす玉手作り!

好きな形のくす玉のようなものを固いダンボール用紙で作って、その中に飴などのお菓子をたくさん入れておきます。それを吊るして目隠しした子供が順番に棒で叩きます。くす玉が壊れたら中身のお菓子がざらざらと落ちてきて、子供たちはお菓子に群がると言うもの。

ちょっと棒とか気をつけないとだし、お菓子でエキサイトした子供たちが取り合いになってりもするので危ない、と言うところはあるのですけど、すごく人気です。

こんな感じで蝋燭デコレーションをしています。みんな真剣!
今年の誕生日にはパン食い競争の様なアクティビティもやってみました。ドイツは運動会ないので盛り上がった!

我が家では、8歳の息子の誕生日会でいつもやって今のところとても人気なのが、ミツロウ蝋燭作り。蜜蝋の蝋燭と、蜜蝋でできた色のついた粘土を用意します。子供たちは思い思いの模様をつけたり形を作ったりして蝋燭をデコレートして楽しみます。

子供が作った蜜蝋粘土でデコレーションした蝋燭。これを灯すのを楽しみにしています。
蜜蝋粘土はシュトックマーのもの。薄くて成形しやすく子供にも遊びやすいです。

元気いっぱいの子供たち。まさかそんなこと喜ぶわけないじゃん? とみなさん思われるのだけど、子供たちは興味津々、びっくりするほど集中して自分の蝋燭を仕上げていきます。もちろん自分で作ったものはお持ち帰りプレゼントに。それがまた嬉しいのですよね。

そのほかにも宝探しをしたり、とにかくみんなで遊び倒すのがドイツ式誕生日会。これからの季節この蜜蝋の蝋燭作りはご家庭での室内遊びにもおすすめですよ。

日登美

日登美モデル

10代よりファッションモデルとして活躍。自身の子育てを通し、シュタイナー教育やマクロビオティックなどを取り入れた、自然な暮らしと子育てを提案した書籍や、オーガニックな家庭料理を提案したレシピ本を多数出版。現在ドイツ、ベルリン在住。三男三女6児の母。モデルとしてworldwideに活躍する傍ら、食と暮らしと子育てのWSなどを行っている。Instagram、voicy「日登美のイロイロ子育てラジオ」等の発信に加え、「台所から子育て、暮らしを豊かに」をコンセプトにしたコミュニティMitte(ミッテ)を主宰。命を育む・食などをテーマとした オンライン講座を開講。mit-te.com

日登美さんの記事一覧 →